スターガオガイガー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
スターガオガイガー
外国語表記 Star Gaogaigar
登場作品 勇者王ガオガイガー
分類 重機動スーパーメカノイド
型式番号 GBR-1
全高 38.5 m
重量 716 t
動力 Gドライブ
ウルテクエンジン
出力 3,800,000,000kw
(5,095,000,000馬力以上)
推進機関 ウルテクエンジン制御プラズマジェット
推力 2.8×106t
装甲材質 レーザーコーティングスーパーG装甲
開発者 獅子王麗雄
所属 GGG
パイロット 獅子王凱
テンプレートを表示

概要[編集]

ステルスガオーではなく、ブースターポッドを追加したステルスガオーIIとファイナルフュージョンした宇宙用ガオガイガー

機体概要[編集]

ブースターポッドにより長時間の宙間戦闘が可能になり、ファントムリングとウォールリングを搭載したことで攻守も強化し、 ウルテクエンジンの出力も大幅に向上している。

ステルスガオーIIの追加パーツにはステルスガオー本来のものとは別のコクピットがあり、浄解能力を持つが搭乗するようになる。

ガオガイガーの強化版ではあるが、大気圏内では追加したブースターの推力よりも重量の方が上回るのか、ゾヌーダロボ戦以外の大気圏内戦では、通常のガオガイガーが用いられていた(スパロボでも一部の作品では地上適応が悪化する場合がある)。勇者シリーズ恒例のグレート合体ではなく、初代ロボットの強化に留まったのはスタッフの愛ゆえにである。

構成機体[編集]

ガイガー
胴体を構成。
ステルスガオーII
背部、頭部、前腕部を構成するガオーマシン。ステルスガオーに宇宙用のブースターポッドを装備した機体。右部ブースターポッドにはファントムリングが、左部ブースターポッドにはウォールリングが装備され、合体時の戦闘能力も大幅に強化される。ブースターポッドをパージして通常のガオガイガーになることもできる。
ドリルガオー
脚部を構成するガオーマシン。
ライナーガオー
肩部、上腕部を構成するガオーマシン。

劇中での活躍[編集]

頭脳原種との戦いにおいて、初陣を飾る。 この時は既に合体した状態で登場した為、合体シーンは七原種との戦いで初めて描かれた。

ゾヌーダロボ戦では、ライナーガオーに氷竜炎竜、ドリルガオーに風龍雷龍、ステルスガオーIIにボルフォッグの超AIが搭載された。これは、ゾヌーダが、オービットベースを機能停止に追い込んだことで、合体プログラムを起動できなくなった為、勇者ロボたち自身がガオーマシンとなることで合体を成功させるためである。

機界新種事件が解決した後、護と共にギャレオンが宇宙に去り、パーツであるガオーマシンは各方面の実験機や試験機として運用されていた。しかし、突如帰還した護少年と白いギャレオンによって、その威容を現すことになる…。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
隠し機体。極めて難解なフラグ(隠し要素/第2次α参照)を立てれば原作の時系列を無視して、換装扱いで使用可能になる。ヘルアンドへヴンが使えなくなる代わりに、念願の全体攻撃であるガトリングドライバーが追加されることが最大の特徴。それ以外では移動力や宇宙適応は向上するが、武装が軒並み陸Bになってしまう点に注意。合体攻撃の威力、強化された広範囲バリアは相変わらず頼りになる。
第3次スーパーロボット大戦α
本作では無条件に入手。ヘルアンドヘヴンも使用可能になっている。一方で隠しユニットだった前作と異なり更なる後継機が控えているため、性能は低下。前作感覚で突出させると簡単に落とされるので運用には注意が必要。
風龍雷龍が登場していないため、機界新種との戦いではドリルガオーゴルディーマーグマイク・サウンダース13世の超AIが搭載されるオリジナル展開に。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
中盤で強化。気力制限が緩くMAP兵器版もあるガトリングドライバーが追加されるため、武装が少ない上に偏っていたガオガイガーよりかなり使いやすい。イベントでペイ・ラ・カインが搭乗する場面がある。
スーパーロボット大戦BX
第16話より登場する。
同時に復活したゴルディーマーグと合流するためハンマーヘルアンドヘブンが解禁され、特殊武装として敵の移動を制限するガトリングドライバーが追加される。
ガオガイガー同様、弾数やEN消費の問題で過去作よりも使い勝手は少々落ちるが、必殺技の単体火力がこの時点では破格である為ボスキラーとしては非常に有用。反面ガオガイガー同様武器の射程が短い為突撃戦法には向かない。ただHPが高い事もあり敵に狙われやすく、バリアもある為敵の行動を操作しやすい。
2種類のドライバーは消費こそ重いものの強力な効果が備わっている。ただその為にEN回復をサポートできるパートナーと組んでツインユニットとして運用するか、自分も殴る事を重視してシングルユニットとして運用するかが悩ましいところ。またパワーアップ前と同様に「ドライバー役が忙しい」といった点も悩みどころ。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

格闘
稼動範囲が狭いという構造上、動きが制限される為、基本的にパンチとかかと落としとドリルニーしかしない。ただし、稼動範囲の制限の中で、器用に腕ひしぎ十字固めをかけた事もある。

武装[編集]

ドリルニー
膝に装備されたドリル。膝を曲げて突き出した状態で敵に突っ込んで叩き込む。一部作品では「格闘」のモーションに統合。
ブロウクンマグナム
右腕を回転させて射出するロケットパンチ。
ブロウクンファントム
ステルスガオーIIから射出されるファントムリングをブロウクンマグナムに重ねて放つ。機界最強7原種に対しても有効な武装えある。ザ・パワーで強化された際には、ブロウクンファントムだけで翼原種を倒す姿を見せた。
第2次α』ではブロウクンマグナムのアニメーション流用であったが、『第3次α』では新規にアニメーションが描き起こされている。前者はレプリジン版に流用された。『W』ではバリア貫通能力が追加されている。
プロテクト・シェード
左腕から展開する空間湾曲バリア
プラズマホールド
プロテクトシェードの反発エネルギーを敵に照射する捕獲用の武装。
プロテクト・ウォール
ステルスガオーIIから射出されるウォールリングをプロテクト・シェードに重ねることで発生させる強化バリア。その代わり、プロテクト・シェードの反射機能は使えなくなるデメリットもある。
ヘルアンドヘブン
ガオガイガーの代名詞とも呼べる必殺技。両掌のエネルギーを融合させ、EMトルネード(ファイナルフュージョンの際に敵の妨害を防ぐ為、ガイガーの腰部より噴出される竜巻)で拘束した敵に突撃。目標の核(コックピット)を摘出すると同時に掌に集中させた融合エネルギーを目標機体内で解放、目標を内部から完全に破壊する。
原作ではスターガオガイガーにパワーアップした時点でゴルディオンハンマーが搭載済みな為、ヘルアンドヘブンを使用することはなかった(ゾヌーダ戦で使用した際はステルスガオーIIの追加パーツを排除した、通常のガオガイガーだった)。これを再現したためか、『第2次α』では使用不可。
SRWでは長らく「ヘルアンドヘン」表記だったが公式での名称は「ヘルアンドヘン」。『BX』にて初めて後者の名称が採用された(正確にはヘル・アンド・ヘブンと、中点が入るが)。

ハイパーツール[編集]

ディバイディングドライバー
左腕に装着するハイパーツール。スターガオガイガーが宇宙戦メインだったことから、ディバイディングドライバーを単体で使用したことはなく、ダブルヘッドドライバーで使用した。
『BX』ではガオガイガーに引き続き特殊武装として使用可能。範囲内の味方の地形適応をSまで上げ、敵機の地形適応を1段下げるという効果(武器適応は除く)。あまりに恩恵が高いため、ガオガイガーを攻撃役よりもサポート役に使わせた人も多いだろう。消費は50と重いが効果範囲はかなり広く移動後使用も可能。よしんば敵方がスペック低下無効能力持ちでも味方の地形適応は上がる。ダメージの増加はないが、機体の地形適応がSになる事による命中、回避への影響は大きく、凱の指揮技能と合わせて磐石のサポート体制を取ることができる。
ガトリングドライバー
ディバイディングドライバーを発展させ、空間湾曲によって対象物を空間に「縫い止める」ツール。具体的には隕石や国連軍を空間ごと捻じ曲げて動きを止めるなどに使用された。重力レンズを作り複数のソリタリーウェーブを1つに収束させる事もあった。
原作では足留めに使っていたツールなのだが、スパロボでは武器扱いとなることが多い。αシリーズでは、ガオガイガーには無かった待望の全体攻撃。燃費も割といい。『W』は特殊効果武器が豊富なのだが移動力減少効果などはついていない。また、通常版以外にMAP兵器版が存在する。
『BX』では特殊武装として採用され、本来の用途である足止めに使用できる(『UX』のアトラック=ナチャと同様の効果)。反面、攻撃武器では無くなったので武器一覧がかなり寂しいことになっている。
ゴルディオンハンマー
圧縮された重力波を高速で叩きつけて対象を光子レベルまで分解する武器。詳細はゴルディーマーグを参照。
ハンマーヘルアンドヘブン
ゴルディオンハンマーとゴルディーマーグの体が変形したマーグハンドを使った必殺技。ハンマーヘル・アンド・ハンマーヘブンとも呼ばれる。
マーグハンドから取り出した釘をゾンダーに打ち付け(「ハンマーヘル」)、釘抜きの要領でコアを摘出(「ハンマーヘヴン」)してから「光になれ!」の掛け声と共にゴルディオンハンマーを叩きつけて標的を光に分解、消滅させる。
αシリーズではゴルディーマーグとの合体攻撃(ガオガイガー側からのみ発動可能な特殊合体攻撃)だが、任天堂携帯機シリーズではゴルディマーグが演出用ユニットとなっている(イベントでマップ上にアイコンが出現するのみ)為、通常武装として使用可能。

特殊能力[編集]

特殊能力としての分離は持っていない。

プロテクト・ウォール
バリア
EN回復(中)
携帯機シリーズでは非所持。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

機体ボーナス[編集]

BX
  • 初期段階:格闘武器+100 CRT補正+10
  • 第二段階:格闘武器+150 CRT補正+15 運動性+5
  • 第三段階:格闘武器+200 CRT補正+20 運動性+10
  • 最終段階:格闘武器+300 CRT補正+30 運動性+20 照準値+5
強化前のガオガイガーと同じもの。

機体BGM[編集]

「勇者王誕生!」
デフォルトBGM
「ヘル&ヘブン」
ヘルアンドヘヴン使用時のBGM。
「ゴルディオンハンマー」
ハンマーヘルアンドヘヴン使用時のBGM。

名場面[編集]

いつか星の海で
原種を倒し、ゾンダーの脅威が今度こそ去ったと思われたが、パスダーの残した種子で命が変貌したゾヌーダが地球へ降下。凱は勇者ロボたちのAIを搭載したガオガイガーでゾヌーダロボに挑み、護たちの犠牲を払いながらも、ヘル・アンド・ヘブンでゾヌーダロボを撃破する。そして、凱の浄解が、命と護、凱自身を救う。
勇者王対勇者王
各地で発見されたQパーツが、突如姿を現した護によって強奪された。パピヨン・ノワールが犠牲になった事件を引き金に、ガオファイガーが出撃。凱の目の前で、護は白きギャレオン、ガオーマシンと一つとなり、スターガオガイガー (レプリジン)がその姿を現す。雨の降り続く京都でガオファイガーと激突を繰り広げた末、偽りの勇者は真の勇者が放ったヘルアンドヘヴンの前に砕け散る……。

関連機体[編集]

スターガオガイガー (レプリジン)
複製体。厳密にはギャレオン (レプリジン)のみが複製されており、他のガオーマシンは本機のものを強奪した物。
ガオガイガー
ステルスガオーと合体した形態。
ガオファイガー
後継機。ステルスガオーIIでの問題点を解消した設計となっている。
ガオガイゴー(ガオ凱号)
ニューロノイドの技術を取り入れた2体目の純地球製ガオガイガーで搭乗者は護と戒道。ステルスガオーⅡ(恐らく新造)が構成パーツとして使われている。
ゴルディーマーグ
ハンマーヘルアンドヘブンで必要な相棒。

余談[編集]

  • 企画初期はガオガイガーと新メカ「スターガオー」とのグレート合体で誕生するはずだったという……しかし「1号ロボを大切にしたい」というスタッフの愛がバージョンアップに留められ、このような形になった。ただ、そのためにスターガオガイガーはDX玩具では発売されなかった(食玩でのみ発売)という、後期主役ロボにあるまじき扱いとなっていた。
  • スターガオガイガーにもファイナルフュージョン用の合体バンクは存在するのだがフルバージョンで流れたことはなく基本的に短縮バージョンが使用されており、最終話にて勇者ロボ軍団の超AIを搭載した状態でようやくフルバージョンに近い形での合体バンクが使用された(しかし通常のガオガイガーの合体バンクと比べるとブロウクンマグナム装着シーンなどがカットされていたりする)。
  • タカラの勇者シリーズによるSRW的お祭りゲー『ブレイブサーガ2』において主人公機の解説文に「主人公は自分は勇者ではないと言っている。確かに主人公機は2号ロボもいなければ下駄(足裏に接続される合体パーツをこう呼ぶ)もはかないなど勇者のお約束から外れているため、勇者じゃないと言うのはあながち間違ってはいない(意訳)」的な一文があるが、ガオガイガーもこの条件を完璧に満たしてしまっている。

商品情報[編集]