ガイガー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ガイガー
外国語表記 Gaigar
登場作品 勇者王ガオガイガー
デザイン 大河原邦男
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 メカノイド
全高 23.5 m
重量 112.6 t
動力 Gストーン(Gドライブ)
出力 185000 kW
推進機関 Gインパルスドライブ×2
最高速度 350km/h(地上)
M1.0(空中)
装甲材質 レーザーコーティングG装甲
合体形態 ガオガイガー
スターガオガイガー
変形形態 ギャレオン
開発者 カイン
所属 GGG
パイロット 獅子王凱
テンプレートを表示

ガイガーは『勇者王ガオガイガー』および『勇者王ガオガイガーFINAL』の登場メカ。

概要[編集]

獅子王凱ギャレオンとフュージョンした姿。ここから3機のガオーマシン(ステルスガオー、ライナーガオー、ドリルガオー)と合体してガオガイガーとなる。最初は、大河幸太郎からのフュージョン承認が必要だった。

武装はガイガークローのみだが、ガオーマシンを武装として転用することが可能。

ガオガイガーの素体的位置づけの機体で、戦闘力そのものはあまり高くなく、初戦のEI-02戦で早くもパワー不足が露呈し、ゾンダーとの戦闘時は基本的にガオガイガーへの合体を優先していた。ただし、長期間での活動や小回りに関しては、ガオガイガーより上であり、偵察や捜索活動においては、本機がよく使われていた。

強化装備形態[編集]

ドリルガオー装着モード
両腕にドリルガオーを装着した姿。EMトルネード内に突入してきたEI-03をはじき出す際に使用。
ステルスガオー装着モード
ステルスガオーを背中に装着した姿。三段甲板飛行空母からフュージョン状態で発進する場合の基本形態でもあり、偵察活動にも使われる。
ドリルガオー・ステルスガオー同時装着モード
第12話・22話で登場した形態。機動力が22.1%低下、防御力が46.3%向上。

登場作品と操縦者[編集]

合体後はガオガイガーを参照。

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
4人の主人公の内どのルートでも1話限りのスポット参戦。そのステージの内にガオガイガーにファイナルフュージョンする。
第3次スーパーロボット大戦α
トウマルートの序盤のみ使用可能。武装が2つしかない上、有射程の方は弾数2。凱の能力でも活躍は難しいため、「不屈」で身の安全を図りつつ前に出よう。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
アイコンのみ登場。
スーパーロボット大戦BX
アイコンのみ登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ガイガークロー
両腕になっているギャレオンの爪で引き裂く。
ドリルガオー発射
両腕にドリルガオーを装着し、撃ちだす。

移動タイプ[編集]

原作だと短時間飛行が出来たが、ゲームでは空は飛べない。

サイズ[編集]

S
『第2次α』
M
『第3次α』

対決・名場面[編集]

EI-02
EI-02に捕らわれている護たちを救出すべく、凱はガイガーへのフュージョンを要請。合体成功率99%だったこともあり、承認され、初合体を果たしたガイガーはステルスガオーを用いてのフェイントで護たちの救出に成功した。

関連機体[編集]

ジェネシックガイガー
本来の姿。

余談[編集]

  • 人間が乗り物と合体し、人型のメカノイドになるプロセスは前作『勇者指令ダグオン』(SRW未参戦)の「融合合体」を踏襲している。
  • 初期案では銃で武装して、ガオガイガーにならず戦う案もあったとか。