GSライド

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

GSライド(GS-raid)とは、『勇者王ガオガイガー』に登場する動力機関。

概要[編集]

緑の星で生まれた神秘の宝石であるGストーンからGパワーを抽出する機関で、ガオガイガーがヘルアンドヘヴンやゴルディオンハンマーといった必殺技を使用する際に、GSライド内部でGストーンが強い輝きを放つカットインが入る。

この機関を組み込んだ「Gドライブ」は勇者ロボの心臓部にあたり、Gリキッドという液体を通じて機体の各部にエネルギーを供給すると同時に、ゾンダーの吸収能力に対する障壁ともなる。

登場作品[編集]

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
強化パーツとして「補助GSライド」が登場。EN増加パーツの一つで、EN+100、毎ターンEN20%回復(EN回復(中)と同じ)の効果を持つ。必殺技の連発にはなくてはならない存在。EN増強効果と回復効果が優秀で、EN切れは殆ど起こらない。
第3次スーパーロボット大戦α
第2次αから引き続き登場したが、EN回復量が10%と弱体化してしまい微妙な性能に。デフォルトでEN回復能力を持っているディス・アストラナガンに装備すると高い効果を発揮する。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
EN+150、毎ターンEN10%回復の効果を持つ。

関連用語[編集]

Gストーン
核となる無限情報サーキット。
ウルテクエンジン
GSライド用の補助動力機関。この機関の開発でGGG機界31原種とも互角に戦えるようになった。