初音ミク

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
初音ミク
読み はつね ミク
登場作品

「電脳戦機バーチャロン」シリーズ フェイ・イェンHD

  • キャラクター・ボーカル・シリーズ(原作)
声優 藤田咲
デザイン KEI
テンプレートを表示
プロフィール
年齢 16歳
身長 158cm
体重 42kg
テンプレートを表示

初音ミクは音声合成ソフトウェアの名称、および同ソフトのイメージキャラクター。

概要[編集]

クリプトン・フューチャー・メディアから発売されたDTMソフトウェア「VOCALOID2・初音ミク」、および同ソフトのイメージキャラクターの名称。 2007年8月31日発売。

「VOCALOID2」は入力したメロディ・歌詞に合わせて合成音声が歌うボーカル音源ソフトであり、初音ミクはそのソフトのパッケージに描かれているキャラクターである。入力した通りにミクが歌ってくれるイメージで、ソフトごとの設定に合わせて、それぞれ得意な楽曲のジャンルやテンポが設定されている。ソフトとしての初音ミクは後継機やアペンド版などが発売されており、現在まで変わらぬ人気を誇っている。

登場作品[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
初登場作品。本作のPV第1弾にて彼女のカットインが公開され、まさかの「初音ミクのスパロボ出演」は多くのユーザーを騒然とさせた。
フェイ・イェンHDのカットインのみの登場と思いきや、第1部第17話ヨーロッパルート「ハート・オブ・ディーヴァ」にて、フェイの心の中に「???」名義でキャラクターとしても登場。本編の展開を見る限り、極論すると「もし、初音ミクがいなければ、UXの勝利および帰還は無かった」と言っても良いほど。本作における究極の特異点
当時、「初音ミクが戦争に参加している」と受け取る人が見受けられたが、カットインなどの演出で顔を出す程度であって、戦っているのはフェイ・イェンHDである。

人間関係[編集]

フェイ・イェンHD
音楽作成ソフトVOCALOIDのキャラクター「初音ミク」とバーチャロイドフェイ・イェン」とのコラボレーションで誕生した機体。なお、フェイ・イェンHDの声優は、初音ミク役の藤田咲氏が担当している。
UX』ではミクによって、フェイが『UX』の世界に召喚される。

他作品との人間関係[編集]

ナイア
『UX』では彼女をして「決定的な不確定要素」と言わしめた。ミクの存在もまた、彼女の陰謀を打ち砕く大きな力となった。
ネロ
『UX』ではフェイとの戦闘前会話から、ミクの存在に気づいていた模様。

余談[編集]

  • 様々な作品とコラボしている初音ミクだが、2018年のロボットアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』でもゲストキャラとして登場、劇中のロボット「シンカリオン H5はやぶさ」のパイロットを務めている。名前が「音ミク」に変更されているが、キャストはコラボ元と同じく藤田咲氏(藤田氏がアフレコした音声をクリプトンがボカロ風に加工している)。
  • 初音ミクの二次創作作品を商品として扱う場合の公式ルールの一つに「ミクに戦闘及び暴力行為をさせてはならない」というものがある。『UX』の場合は戦闘を行うのは飽くまでフェイ・イェンHD(=ミクのコスプレをしてるだけのロボット)でありミク本人が戦っているわけではない。
    • また上記の『シンカリオン』では「発音ミク」がロボットに乗って戦闘しているが、名前と顔が似てるだけの別人なのでセーフなのだと思われる。
    • 模型メーカー「コトブキヤ」が展開するプラモデルシリーズにして、後にアニメ化もされた『FRAME ARMS GIRL』(SRW未参戦)とのコラボ商品としてミクのプラモデルも発売されたが、こちらも兵器を意味する「ARWS」ではなく『FRAME MUSIC GIRL』とミクのみレーベル名が変更されている。

商品情報[編集]

※プライズやくじ引きの景品、「○○Ver.」など膨大な種類が商品化されているため、それらは省略する。

リンク[編集]