弓さやか (真マジンガー)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
弓さやか
読み ゆみ さやか
外国語表記 Sayaka Yumi
登場作品

マジンガーシリーズ

声優 本多陽子
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日本人)
性別
所属 光子力研究所
テンプレートを表示

弓さやかは『真マジンガー 衝撃! Z編』の登場人物。

概要[編集]

真マジンガー 衝撃! Z編』における弓さやか。甲児が中盤まで光子力研究所ではなくくろがね屋に居候しているため、序盤は甲児との絡みがやや薄い。

甲児に対しては漫画版同様素直に好意を示している。

真マジンガーZEROシリーズ[編集]

『真マジンガーZERO』及び『vs 暗黒大将軍』中盤まではミネルバXと事実上のダブルヒロイン。他作品に比べ、甲児との愛情を率直にぶつけあう場面にも恵まれている。また、マジンガーZ魔神化の引き金となる要素の1つが彼女の死亡(による甲児の絶望・力の希求)というキーパーソンとなっている[1]

お色気担当としても活躍は多く、最序盤から兜十蔵の毒牙に掛かったりしており、特にアルテミスAの操縦システムはたいへん露骨。だが性格のバイオレンス度が非常に高いため、他作品の比でない「漢らしい弓さやか」とでも言うべき戦士としての立ち回りも多く、鉄十字兵に改造されてしまったローリィロールを躊躇なく射殺する[2]ほどの覚悟を決めている。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
真マジンガー版で初参戦。本多陽子氏のスパロボ初出演作でもある。甲児と同時に加入し序盤から参戦。能力はやはり低いものの応援祝福再動と役立つサポート系精神コマンドを習得する優秀なサポート要員。不屈鉄壁も覚えるので、いざというとき防御面も優秀。マジンガーに乗り換えられればという所なのだが、今回は不可。エースボーナスにより回復量が倍になるため、スーパーロボットを主力にした場合の重要度が増している。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
機体をビューナスAに乗り換えたことにより戦闘もこなせるようになった。武器の威力も悪くないので援護攻撃も活用すれば1週目でエースボーナス取得も現実的。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
ガードがパーツ供給に変わったり、鉄壁の代わりに加速を習得するなどマジンガーZのサブ要員に相応しい能力になっている。また、陣代高校ではボランティア部の他にもソフトボール部に所属している。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
本作は祝福持ちが希少な上に習得が遅い傾向にあるため、比較的早期に祝福を覚えるさやかの存在はかなり重要。また最初から応援を覚えていることもあり、SPアップ集中力を優先的に回してもいい。第2話からの登場のため、その気になれば彼女を使いバトルレコード「追い打ちエース」「身代わりエース」の早期取得も可能。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
甲児やボスと共に第26話から加入。デフォで修理スキルを習得したが、最初の戦闘で暴走した初号機から狙われるという受難に会うことになる……。
スーパーロボット大戦X
地上ルート第21話より登場し、加入。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
2018年7月から『真マジンガーZERO』設定で追加参戦。ゲーム初期から登場していたTV版、2018年4月から登場したマジンガーエンジェル版とは同時編成が可能。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

第2次Z
根性応援不屈鉄壁祝福再動
第3次Z
根性応援不屈祝福加速
BX
応援集中ひらめき祝福再動
VX
信頼応援不屈祝福期待熱血
X-Ω
補給不屈激励
パイロットパーツ装備時
直感信頼+、

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第2次Z
底力L2、援護防御L1、ガード
第3次Z
底力L3、援護防御L1、パーツ供給
V
底力L4、援護防御L2、修理スキルパーツ供給
X
底力L4、援護防御L2、パーツ供給ガードL2

エースボーナス[編集]

修理による回復量が2倍 / 個別コマンド「修理」によるHP回復量が2倍になる
第2次Z』『第3次Z』では前者、『V』『X』では後者。表記は異なるが効果は同じ。

人間関係[編集]

兜甲児 (真マジンガー) / 兜甲児 (真マジンガーZERO)
ボーイフレンド。
弓弦之助
父親。
ボス
友人。好意を寄せられているが、さやかからの恋愛感情は無い。
グレース・マリア・フリード
甲児をめぐるこのライバル。『真マジンガーZERO vs 暗黒大将軍』では彼女との初対面時には甲児と結婚されてしまっていた。
もりもり博士せわし博士のっそり博士
父親の助手なので顔馴染みだが、漫画版真マジンガーZEROでは、彼らによって自身の新たな機体に関わる露骨なセクハラの被害に遭う。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

「ちょ、ちょっとあなた達!変な所に触らないでよ!」
「ああん、もう!一瞬でもこんな人達に感謝した私がバカだったぁ!」
第2次Z破界篇』終盤でコクピットの狭さを利用して、合法的(?)にセクハラを行なってくるボス達に悲鳴を上げる。
「だって、私の甲児君だもの」
第2次Z再世篇』序盤の日本ルートにおける対機械獣バードンB7戦で、バードンの動きを見切った甲児を賞賛するエスターに追従して発したもの。どさくさ紛れの告白に、さすがのエスターも唖然としていた模様。
「待ちなさい! そうやって勝手に決めて、勝手に突っ走るから周囲に迷惑をかけるのよ! 少しはかなめの苦労も考えなさいよ! あなたのフォローで、どれだけ神経をすり減らしているか、わかってるの? だいたいZ-BLUEでも、学校でも、ボランティア部でも、あなたは…」
第3次Z時獄篇』DLC「フィーリング・カップル」において、戦闘前会話における宗介への説教。息をつかせぬ勢いに宗介は黙って聞くしかなかったが、この後アルから「敵が迫っていますので手短に」と注意されることに。
「来たわね、機械獣! 私が相手よ!」
BX』における機械獣キバ軍の機体に対する特殊戦闘台詞。

搭乗機体[編集]

アフロダイA
初期機体。エンジェル版でも搭乗。
ビューナスA (さやか)
OVA版真マジンガー版での後継機。
アルテミスA
真マジンガーZERO版での最終搭乗機体。

余談[編集]

  • 自身の映像化作品には、基本的に寛容で意見を挟む事が少ない永井豪氏だが、『真マジンガー』におけるさやかの影の薄さには思う所が有ったようで、同作を評価しながらも「さやかをもっと活躍させて欲しいとは思いますね」との要望を、ゲーム雑誌『CONTINUE Vol.47 』(太田出版・刊)誌上のインタビューにて述べている。

脚注[編集]

  1. もっとも、話が進むごとに彼女の生存中にZEROが覚醒するパターンが増えていっているのだが。
  2. これは彼女たちの人間としての尊厳を守るためでもあった。