イドム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
イドム
外国語表記 Idom
登場作品

バンプレストオリジナル

所属 サイデリアル鬼宿
御使い
テンプレートを表示

概要[編集]

サイデリアルが運用する謎の存在。サイデリアルの無人機部隊を制御している。

自らを「無限の力の一部」と称し、命を消し去る意志に凝り固まっている。このあたりは『第3次α』で登場した、負の無限力の一部たる怨霊・ネシャーマ(まつろわぬ霊)を思わせる。

その正体は「消滅しようとする力」の発現による怨念か霊魂のような存在。故に、死を司る尸空や、生と死を超越した御使いのしもべとしてZ-BLUEの前に立ちはだかった。

顔グラフィックは「方眼状の壁を捻じ曲げてその向こうから覗く何か」といったもので、戦闘台詞には大幅なエフェクトがかけられている。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
エピローグの雑魚として登場。機体が弱いため、大して強くはない。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
サイデリアル鬼宿が使用するステージが存在するほか、終盤では御使いの勢力として多く登場する。
アンゲロイ・アルカエル・ミレニウムに乗り込み本領発揮。序盤の銀河中心部では70ものレベルでZ-BLUEを苦しめてくるが、そのぶん経験値は美味しい。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

他のAIや人工知能よりも一回り以上強いが、機体が弱い。本領発揮は天獄篇から。

精神コマンド[編集]

必中ひらめき直撃

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第3次Z時獄篇
底力L4、援護攻撃L1、闘争心
底力と闘争心がある辺りに人の意思を思わせる。
第3次Z連獄篇
底力L2、援護攻撃L1、闘争心
第3次Z天獄篇
底力L4、援護攻撃L1、闘争心、気力+ (ダメージ)、マルチターゲット2回行動(強化バージョンのみ)
終盤ではテンプティが意識を移したイドムが登場。2回行動を持っているので油断はしないように。

人間関係[編集]

御使い
「消滅しようとする力」を操る主。
鬼宿
「消滅しようとする力」を操る事が可能な為、サイデリアルでは主に彼等が運用している。
ガイオウ
御使いと敵対する次元将の一人。
御使いに敗北し、戦いから逃走した彼を聖インサラウム王国で待ち構え、アンゲロイ・アルカの大群で襲いかかり、「次元将ヴァイシュラバ」としての記憶を奪った。

戦闘台詞[編集]

「大いなる意思…大いなる力…」
「ひれ伏せ、至高の力に…」
「解き放て、その業を…」
「永遠は我らと共に…」
「我らは無限の一部…」
「我らこそが無限の力…」
「我らは混沌…我らは秩序…」
「肉を捨てよ、我らとともに…」
「滅べ、生ある者よ…」
「進むは暗黒…それが運命…」
「因果地平の果てへ…」
「全てを…無に帰す…」
「一切の希望を捨てよ…」
「破壊する…すべてを…」
「生命の力よ、消えろ…」
攻撃時の台詞の数々。「消滅しようとする力」による存在の為か、生命を憎むような台詞が多い。
「因果と輪廻に飲まれよ…」
攻撃台詞パターンの一つ。「宇宙の死と新生」という点でネシャーマを思わせる。
「うああああっ…!」
「うううううっ…」
「何故、肉を捨てない…」
「何故、足掻く…」
「これが肉の力…」
被弾時。
「無と…一つになる…」
「終わる…輪廻が…」
「闇に…飲まれる…」
「消える…全てが…」
撃破台詞の数々。いずれも「1万2000年の輪の終焉」に関連した不吉極まる内容である。

余談[編集]

  • 「イドム」という名前の由来は不明。普通に「イドム」で検索すると株式会社が引っかかる。
  • 有力なのは「Wisdom」を変形させたという説。
    • また、聖書に出てくる国の名であり、その国がある地域の名であり、その国に住む民族の名ともされている。
    • 特撮作品『鉄甲機ミカヅキ』にもイドムと呼ばれる怪物が登場する。こちらはIdea-Monster(イデア・モンスター)の略称である。