エル・ミレニウム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
エル・ミレニウム
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 杉浦俊朗
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 文明破壊・生命体殲滅型重機動兵器
生産形態 量産型
全高 138.7 m
動力 次元力
構成物質 DEC
所属 御使い
主なパイロット イドム
テンプレートを表示

エル・ミレニウムは『第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇』の登場メカ

概要[編集]

御使い直轄の機動兵器。獣脚類の恐竜か怪獣のような姿をしているが、生物ではなく兵器である。全身がディメンション・エナジー・クリスタル(DEC)で構成されており、歩行も攻撃も全てオリジン・ローによって賄われる。

主に御使いの使役する霊魂イドムが制御し、肉体や生命への渇望を力として生きとし生ける者全てを破壊し、蹂躙し、殲滅する。その戦闘力はアンゲロイ・アルカを遥かに凌駕し、ハイアデスの前の頭領を倒したのもこの機体。

御使いが監視する星に1体から3体が送り込まれ、で休眠。御使いの意に反する進化を感知すると覚醒、その文明を完全に消滅させるまでひたすら暴れ続ける。そのあまりの強さと無慈悲な殲滅力から、銀河の伝承においては「審判の巨獣」として恐れられている。

次元将の使役する次元獣は、このエル・ミレニウムをモデルとしたデッドコピーであるが、その力には雲泥の差がある。その力と御使いの威圧により、当初はZ-BLUEを絶望に叩き込んだが、幾多の戦いを経て成長した後の彼らには及ばず、真化融合後に至っては全く相手にならなかった。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
最速での登場は救出ルートだと第21話、離脱ルートだと第20話で、アンゲロイ・アルカと共に1機だけ登場。Zチップボーナスのためには全滅させる必要があるが、無理はしないこと。
第51話以降は御使いの中ボス格として登場するが、第48話のリアクター3人とヴィルダークを倒せたならば十分に撃墜可能。資金はわずか8000と実入りは少なく、イドムのレベルもこの時点での平均レベルだろう62なので、経験値も期待できない。育っていないパイロットに落とさせよう。
ちなみに、テンプティが意識を飛ばしていることがあるが、その時は2回行動が付いてくるので注意。

装備・機能[編集]

武装・必殺技[編集]

破界の業火
MAP兵器。口から次元力の炎を吐いて敵を焼滅させる。
愚者の墓標
全体攻撃。口からクリスタルの息を吐いて敵チームを結晶の奔流に巻き込み、粉砕する。
審判の鉄槌
P兵器。瞬間移動を繰り返しながら敵を連続攻撃し、最後にその軌跡に沿って結晶を作り出し、滅殺する。

特殊能力[編集]

HP回復(小)
EN回復(小)
オールキャンセラー

移動タイプ[編集]

空は飛べない。

サイズ[編集]

2L
かなり巨大。大抵のユニットにはサイズ差補正が発生する。

関連機体[編集]

ゼル・ビレニウム
近縁種だが、こちらは人型の有人機。エル・ミレニウムよりもさらに強い。
次元獣
次元将を生み出した文明によるコピー品。