ソゴル・キョウ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソゴル・キョウ
漢字表記 京 十凍
外国語表記 Kyou sogoru
登場作品
声優 浅沼晋太郎
デザイン 幡池裕行(原案)
山下明彦
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 人間(幻体
性別
年齢 16歳
身長 176 cm
体重 65 kg
所属 セレブラム
千葉県立舞浜南高校
同校水泳部
テンプレートを表示

ソゴル・キョウは『ゼーガペイン』の主人公

概要[編集]

千葉県立舞浜南高校に通う一年生。水泳部所属だが部員は彼しかおらず、部の存続のために奔走している。直情型の性格で水泳の為の肉体作りを心掛けた食生活を送っている体育会系だが、頭は悪いわけではなくむしろテストの成績は優秀であり、学者の名前や花の伝説を知っている博学な一面を持っている。

あるとき謎の少女ミサキ・シズノから「この世界を救ってほしい」と懇願され、荒廃した世界で巨大ロボット・ゼーガペインに乗りこみ、未知の敵ガルズオルムと戦うことになる。戦いをリアルなゲーム程度にしか思っていなかったが、少しずつ世界の違和感に気づき、ついには「ガルズオルムに滅ぼされた世界こそが現実であり、自分たちは量子コンピュータ内の仮想空間に生きるデータ化された人間(幻体)である」という衝撃の事実を知る。一時は自身の存在意義に悩むものの、幻体であろうと生きていることに変わりはないと悟り、ガルズオルムと戦う決意を固める。

実は第1話以前に既にセレブラントとして覚醒しており、ミサキ・シズノらと共に戦っていた。しかしガルズオルムとの戦いの中でデータ上での死亡と復元を繰り返す事で精神的に消耗し続け、最終的には半ば自殺のような形で決定的なデータ破損を受け[1]、残された幻体データからどうにか復元されたのが現在のソゴル・キョウである。このために記憶の多くが欠落しており、世界の現状や以前の仲間のことを忘れてしまっていた。ちなみに本編前のセレブラント時代は現在とは逆の冷静な人物[2]であり、更にそれ以前の生前は終盤で記憶を完全に取り戻したキョウが最も近い人物像だったという。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初登場作品。2016年9月のイベント「それぞれの痛み」では『ゼーガペインADP』の公開を記念して、ボイス付きパイロットパーツが実装された。
スーパーロボット大戦DD
序章ワールド4第10話にて加入。出典は『ADP』となっている。ゼーガ本編前の決定的なデータ破損のシーンから始まるという衝撃的な登場だが、ユニットとしては問題なく使用できる。
新章Part1からはTV版の原作再現が始まり、メインの役どころに着く。シナリオ上でも自軍に同行する。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

X-Ω
集中ド根性
パイロットパーツ装備時
不屈
キョウ/リョーコ名義
鉄壁ド根性
キョウ/シズノ名義
直感
DD
奮起不屈根性直感集中

特殊スキル[編集]

DD
セレブラント(キョウ)
キョウの固有スキル。攻撃力、運動性に補正がかかる。

サポートアビリティ[編集]

負けず嫌いの正義漢
SSR。ボスWAVE時に攻撃力、回避率大アップ。

人間関係[編集]

カミナギ・リョーコ
幼馴染であり、同じマンションの向かいの部屋に住んでいる。
ミサキ・シズノ
キョウを戦いに導いた張本人。様々な秘密を隠しているが……。
ソゴル・ミサキ
妹。シズノの名前の由来の一つ。キョウとは異なり幻体になっておらず、現実世界でオルム・ウィルスに感染して死亡。

他作品との人間関係[編集]

フカイ・アオ
X-Ω』イベント「遠く広がる空の下で」にて共演。
京乃まどか
X-Ω』イベント「遠く広がる空の下で」にて、彼女から鴨川を紹介される。ちなみに同じ千葉県民。
時縞ハルト
DD』ではデフテラ領域でピンチに陥ったところを彼に助けられ親しくなる。

名台詞[編集]

「ありえねぇ!」
口癖。衝撃を受けた時のみならず静かな怒りを込めながら言う場合もある。
「なめんなよ!千葉県民を!」
廃墟と化した現実世界の舞浜でガルズオルムの復元者・アビスと対峙した際の台詞。
「エンタングル!」
オケアノスから戦場へと転送する際に発する出撃時の台詞で、他のメンバーも出撃する際に言っている。帰還の際は「エンタングル、タイムアウト」となる。
『X-Ω』のイベント「それぞれの痛み」ではDVEとなっている。ちなみに、『X-Ω』でのDVEはこれが初めてとなる。
「俺の拳が、俺の上腕二頭筋が、俺の魂が怒り狂ってる!」
他者の痛みを解さないナーガが自身の望みを語り、その狂気にキョウ達を誘った際に強い拒否と共に言い放った台詞。拳も筋肉も魂でさえもデータでしかない幻体が、それでも生の痛みを選び肯定する事で自己の存在を証明してみせる。
「舞浜シャイニングオーシャンパーンチ!!」
アビスとの決戦に終止符を打つための”裏ワザ”。一話冒頭でアルティールの左腕が吹き飛び戦いが決するシーンとの対比になっている。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

そこのチビッコがあんたらのボスだって方が、よっぽどファンタジーに思えるけどな」
『X-Ω』イベント「遠く広がる空の下で」にて、転移した後ファロスへ案内された際の一言。これには田所も「痛いとこ突くじゃねぇかよ…」と漏らした。
「うおおおーッ!なめんなよー!」
まどか「千葉県民をー!」
同上。転移したアビスシンに向け、まどかと共に名台詞のアレンジを言い放った。ちなみに、この台詞が出るシナリオクエストのサブタイトルは「鴨川の空は青いか」とゼーガペイン25話のサブタイトルのアレンジとなっている。

搭乗機体・関連機体[編集]

ゼーガペイン・アルティール

余談[編集]

  • 担当声優の浅沼晋太郎氏はキョウでTVアニメ初主演となる。浅沼氏は元々演劇、および脚本家・構成作家として活動していたが、『ゼーガペイン』以降は本格的に声優としても活動していくことになる。

脚注[編集]

  1. 第1話の冒頭で、かつてのキョウの最後の死亡シーンが描かれている。
  2. 前日譚を描いた「ADP」では性格は本編と変わらないが、戦いの中で疲弊していく様子が描かれている。