森雪

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
森雪
読み もり ゆき
外国語表記 Yuki Mori
登場作品 宇宙戦艦ヤマト2199
声優 桑島法子
デザイン 結城信輝
初登場SRW スーパーロボット大戦V
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日本人)
性別
年齢 19歳
所属 地球連邦
役職 宇宙戦艦ヤマト船務長
軍階級 一等宙尉
テンプレートを表示

森雪は『宇宙戦艦ヤマト2199』の登場人物。

概要[編集]

宇宙戦艦ヤマト2199』のヒロイン

宇宙戦艦ヤマトの船務長で主な任務はCICからの電探(レーダー)による電測、通信、電子機器の整備。攻撃面においては砲雷長とほぼ同じくらい副長並みの責任を持つ。

1年前に遭遇した事件で両親とそれ以前の記憶を失っており、土方竜に引き取られた。ヤマトへの乗艦も記憶を取り戻す手がかりを求めてのところがあり、土方もそれを意識して森雪を選抜したようである。

普段は強気で明るく振舞っているが、記憶が無いが故の不安も抱えている。事件の時から所持しているメッセージカプセルを大切にしている。

古代進とは当初、彼の身勝手なところもあって良く思っていなかったが、とある一件を経て意識するようになり、やがて相思相愛になっていった。

物語後半、ヤマトに侵入してきたガミラスの特務隊員によってユリーシャと間違えられて拉致されてしまう。そのままイスカンダル人として振る舞いつつ脱出の機会を窺うが、帝星での決戦においてヤマトの窮地を救うため第二バレラスの波動コアを暴走させようとするが、ノランによって逃がされ、無事古代と再会した。

しかし、地球への復路でデスラーが襲撃してきた際に凶弾を受けて瀕死の重傷を負い、ヤマトでは手の施しようがなかったためユリーシャの入れられていた自動航法室のカプセルに入れられた。だが、地球まで持たずに死亡してしまい、一部を除く乗員たちにはその死を伏せられたが、彼女の前で泣き崩れる弟を見た古代守の魂によりコスモリバースシステムを起動され、蘇生。古代と共に地球へ帰還した。

登場作品と役柄[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
初登場作品。第1話から登場し、ほぼ原作通りの役割。NPCではあるがヤマトの掛け合い要員として戦闘ボイスが収録されており、中断メッセージにも登場する。

人間関係[編集]

家族[編集]

森直之、母
両親。1年前の事件で死別。父は外務次官を務めていたらしい。

ヤマトのクルー[編集]

古代進
当初は彼の横暴な振る舞いを嫌っていたが、エンケラドスの一件から意識し始める。
沖田十三
土方から彼女のことを頼まれている。
岬百合亜、西条未来
船務科の交代要員。
南部康雄
司令部時代からの同僚。彼から片想いされているが、雪は気付いていない。

地球連邦[編集]

土方竜
父親の友人で記憶を失くした彼女の保護者であり後見人。

ガミラス人[編集]

アベルト・デスラー
ノラン・オシェット
エリーサ・ドメル
ミーゼラ・セレステラ
ひょんな事で交流を持ち、淡い友情が芽生えるが......

イスカンダル[編集]

ユリーシャ・イスカンダル
サーシャ・イスカンダル
イスカンダルから波動コアを運んできた使者。彼女を見た古代や島に見間違えられるほど似ているが…。

他作品との人間関係[編集]

エンブリヲ
V』の通常ルートでは、彼に花嫁候補として連れ去られる。
ネバンリンナ
『V』では、森と古代の関係を見たことが「愛」を理解できないネバンリンナの脆さをついた。

スパロボシリーズの迷台詞[編集]

(この二人の会話…多分かみあってないわね…)
『V』第19話「宇宙を切り裂くもの」or「嘘と想い」に於けるファクトリーイベントで古代とナインの会話を聞いて。

搭乗機体[編集]

ヤマト
船務長を務める。

余談[編集]

  • 旧作『宇宙戦艦ヤマト』における森雪は生活班や医療班を兼任していた為、彼女の仕事が物凄い量になっていたが、リメイクによる見直しによってそれぞれの仕事を別のキャラクターに振り分けるという変更が行われた。
    • リメイク作『宇宙戦艦ヤマト2199』で追加された大量の女性キャラクターは、「主に森雪の仕事を振り分ける為」という意味合いもあったようである。
  • 旧作からリメイクするにあたり、設定が大きく変更されたキャラクターの1人。旧作では両親は健在で、通信越しにお見合いを勧めていた。
    • 同様に死亡する経緯も変更されており、旧作ではコスモクリーナーDの起動時の初期不良で死亡していた。

商品情報[編集]