ノラン・オシェット

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノラン・オシェット
外国語表記 Nolan Oshiet
登場作品 宇宙戦艦ヤマト2199
声優 柿原徹也
デザイン 結城信輝
初登場SRW スーパーロボット大戦V
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ザルツ人
性別
年齢 21歳相当
所属組織 大ガミラス帝星
所属部隊 B特殊戦群第442特務小隊
役職 特務小隊隊員
軍階級 伍長
テンプレートを表示

ノラン・オシェットは『宇宙戦艦ヤマト2199』の登場人物。

概要[編集]

大ガミラス帝星の軍人で、二等臣民(ザルツ人)。B特殊戦群第442特務小隊に所属する青年。純粋で女性への免疫が無い性格

ユリーシャ拉致の任務を与えられており、七色星団海戦において次元潜航艦UX-01でヤマトまで接近して潜入に成功する。艦内で森雪と遭遇するが、ノランは彼女をユリーシャと勘違いして拉致し脱出、ヤマトに潜入した小隊の中で唯一生き残る。

その後はユリーシャ(雪)をガミラス本国に移送する任務に就き、ガミラス到着後は身辺警護を担当する。薄々彼女がユリーシャでないことに気付き始めるが、次第に彼女に対して恋愛感情を持ち始め、彼女の正体を知りながらも雪を守ることに奮闘する。

終盤では雪と共に第二バレラスに連れて行かれる。更にデスラーが第二バレラスの633工区を帝都バレラスに落下させようとすると、雪と共にデスラーの企みを阻止すべく第二バレラスを破壊しようとする。633工区がヤマトの波動砲で破壊された後、デスラーがデスラー砲で帝都を狙う前に第二バレラスの波動コアを暴走させる。だが、雪を第二バレラスの爆破から逃がす為、自分の命と引き換えに彼女を脱出させてその場に残る。

死の直前、最後まで雪の本名を聞けなかった事を残念そうに呟きながら、デスラー砲の発射失敗による第二バレラスの爆発で死亡した。

登場作品と役柄[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
初登場作品。NPC。ほぼ原作通りの役回りだが、本作では第二バレラスを襲撃してきたガーディムエージェントから雪を守って死亡する。

人間関係[編集]

大ガミラス帝星[編集]

ゲルト・ベルガー
特務小隊指揮官を務める上官。
ベリス・ライチェ
同僚。
バルシュ・メック
同僚。SRW未登場。
デバルゾ・ボーゼン
惑星レプタポーダの第十七収容所所長。二等臣民に対して強い差別意識を持つ彼から暴行を受ける。
アベルト・デスラー
総統。終盤では、雪と共に彼の企みを阻止する。

ヤマトのクルー[編集]

森雪
彼女がユリーシャと瓜二つだった為、間違って攫ってしまう。
ボーゼンの暴行から庇ってくれた彼女に恋愛感情を抱くようになり、命を懸けて最後まで彼女を守り通した。

他作品との人間関係[編集]

バンプレストオリジナル[編集]

エージェント
V』では、彼女等の攻撃で死亡してしまう。

名台詞[編集]

「そういえば、あの人の名前、まだ聞いてなかったな……」
波動コア暴走による自爆の寸前に。この言葉を最後に、彼は第二バレラスと運命を共にした。