リベンジ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

特殊技能」の一つで、反撃時のダメージ率が1.2倍増加する。「アタッカー」との重複も可能で、その場合は1.44倍となる。『COMPACT3』では「復讐」という名称で採用されている。

なお、効果発動の厳密な条件は「戦闘において後攻である場合」である。その為、自軍フェイズで攻撃を仕掛け、相手がカウンターを発動した場合にも発動する。逆に、一部作品以外では敵軍フェイズでこちらがカウンターを発動させると効果が発生しない。

OGシリーズでは敵対キャラクターの多くが持ち合わせており、攻撃力が水増しされている状態である。ゲームバランス的に敵の攻撃力が旧シリーズ並みにインフレ状態にある事もあり、この技能を持つ敵に対しては、特に注意が必要。養成で付与する場合、反撃時限定で攻撃力が上昇するエースボーナス持ちとの相性も抜群である。逆に上記の理由から、カウンター発生率上昇のエースボーナス持ちには向かない技能ともいえる。

所持キャラクター[編集]

全体的に、気性の荒いキャラが習得している。また作品の性質上、文字通り復讐者の性質を持つキャラも習得している。

技能の無い作品では、小隊長能力戦術指揮効果として再現されている場合もある。

スーパーロボット大戦MX[編集]

カミーユ・ビダン
ジェリドとの関係性を見ると妥当なところ。後のシリーズでは、小隊長能力において、これと同じ仕様である「反撃時の攻撃力+20%」が設定された。
惣流・アスカ・ラングレー
EVA量産機への怒涛の反撃を再現したのだろう。小隊長能力に関してはカミーユと同じ。
テンカワ・アキト劇場版
北辰達への復讐心を再現したのだろう。ちなみに、搭乗機のブラックサレナ(黒百合)の花言葉のひとつに『呪い』があり、復讐者としての色合いを強めている。
アルテア
洗脳された事に対する雪辱を晴らす意味合いなのかもしれない。

スーパーロボット大戦COMPACT3(復讐)[編集]

ジミー・オリオン

ORIGINAL GENERATIONシリーズ[編集]

リューネ・ゾルダーク
OG2』以降に習得。なお、の仇であるマサキに対する復讐心を持っていても不思議ではない『OG1』では習得しない。
カチーナ・タラスク
こちらも『OG2』以降に習得。
ビアン・ゾルダーク
テンザン・ナカジマ
テンペスト・ホーカー
復讐鬼の彼らしい技能である。
イングラム・プリスケン
ガルイン・メハベル
レビ・トーラー
アーチボルド・グリムズ
どちらかといえば『復讐される側』の人間なのだが、粘着質な性格である事を考えると自然だろう。
リー・リンジュン
家族を失った事に対する復讐心であろう。
ウォーダン・ユミル
アクセル・アルマー
敵対時のみ。味方時は「アタッカー」に差し替えられている。
ヴィンデル・マウザー
アギーハ
ウェンドロ
イーグレット・アンサズ
アインストレジセイア
ノイ・レジセイア
シュテルン・ノイレジセイアシュテルン・レジセイア
カイル・ビーン
ODEシステムを認められなかった事による復讐心なのかもしれない。
フェルナンド・アルドゥク
フォルカに『生かされた』事で受けた屈辱に対する復讐心だろう。
マグナス・アルド
鋳人

関連人物[編集]

コウタ・アズマ
エースボーナスが「反撃時の与えるダメージ+15%」となっており、「リベンジ」の組み合わせは相性が良い。「アタッカー」とクリティカルを合わせると、エネミーフェイズのダメージが、「アタッカー」を持たない状態での熱血をかけた時に近いものになる。特殊技能枠にも余裕がある為、攻撃力重視ならば習得させる意義が大きい。
キョウスケ・ナンブ
OGMDよりエースボーナスが「カウンター発生時に与えるダメージ+20%」に変更されている。OGMDではカウンターにリベンジの効果が乗るため、習得させればカウンター発生で1.44倍のダメージに。
カロ=ラン・ヴイ
エースボーナスが「反撃時に与える最終ダメージ+20%」となっている

関連する用語[編集]

小隊長能力エースボーナス戦術指揮(携帯機シリーズのみ)
いずれも一部のものに「リベンジ」と同様、反撃時にのみダメージ増の効果がある。

資料リンク[編集]