ヒュドュエル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ヒュドュエル
登場作品 超重神グラヴィオン
初登場SRW スーパーロボット大戦Z
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
正式名称 決斗の軍神 ヒュドュエル
分類 学習型ゼラバイア
所属 ゼラバイア
テンプレートを表示

ヒュドュエルは『超重神グラヴィオン』の登場メカ

概要[編集]

第13話「しろがねの牙」に登場。

人類抹殺を目的としたこれまでのゼラバイアと異なり、グランナイツとの戦闘データを元に対ゴッドグラヴィオンに特化した進化を遂げた最強の学習型ゼラバイアである。

武器は自らの首を柄とした太刀。下半身を変形させた巡航形態をとることもできる。

EFAビルで行われた新兵器の公開式典を襲撃し、ゴッドグラヴィオンとの決闘に臨む。トリア達整備班と武装班メイドの切り札「グラヴィトン・ブレイカー」とグランフォートレスの合体技すら通用せず、ゴッドグラヴィオンを大破寸前にまで追い詰めるが、サンドマンによってもたらされた「しろがねの牙」こと超重剣によって周囲の空間ごと真っ二つにされた。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
初登場作品。原作同様、しろがねの牙の召喚イベントがある。これが相克界に穴をあけ、多元世界に新たな侵略者を呼び寄せることになる。後に量産され、雑魚敵としても登場する。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

短剣型レーザー
下半身を巡航形態に変形させ、そこから短剣型のレーザー弾を乱射する。
大剣
頭部が柄になっている剣を引き抜いて切り裂く。切断時の刀身はチェンソーのように稼働する。

特殊能力[編集]

剣装備
頭部から剣を抜刀し、切り払いを行う。但し、パイロットに切り払い能力はない。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

L