ライン・ヴァイスリッター

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ライン・ヴァイスリッター
外国語表記 Rein Weißritter
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 斉藤和衛
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 パーソナルトルーパー
生産形態 変異機
型式番号 PTX-007-03UN
全高 21.9 m
重量 65.5 t
原型機 ヴァイスリッター
所属 アインスト地球連邦軍ATXチーム
パイロット エクセレン・ブロウニング
テンプレートを表示

ライン・ヴァイスリッターは『バンプレストオリジナル』の登場メカ

概要 [編集]

ヴァイスリッターがパイロットのエクセレン・ブロウニングごとアインストに連れ去られ、アインストを構成する物質で変異・強化された機体。

外見と共に中身も大きく変わっており、分析も行われたがその殆どが分析不明。フレームはアインストグリートに似た蔓(つる)で構成され、 テスラ・ドライブ・スラスターが変化した背中の蝙蝠翼のようなウイングにより悪魔の如き機動力での超高速戦闘が可能。オクスタンランチャーが変異したハウリング・ランチャーを持つ。

初搭乗時はアインストによって洗脳されたエクセレンが乗り込んでいた。アルトアイゼン・リーゼを駆るキョウスケ・ナンブが放ったリボルビング・バンカーがアインストの洗脳装置である機体中央部の赤い宝玉を破壊したことでエクセレンの洗脳が解かれ、ヴァイスリッターも変異したままエクセレンの機体となった(OGシリーズではアインストの思念から開放され、そのまま運用している)。

「ライン・ヴァイスリッター」はドイツ語で「純粋な白騎士(意訳すると『純白の騎士』)」を意味するが、その名前とは裏腹に禍々しい姿に変貌している。第三者である古の者達の手により強化された事で『純粋』となるのはなんとも皮肉めいている。

ジ・インスペクターではこの変貌の過程がエクセレン共々詳細に描かれている。ペルゼインと触手で接続された状態で捕獲されており、エクセレンの変貌に伴い、まるで意思を持ったかのように駆動。目つきが変わるとともに額部分にクリスタルが出現。コクピット部分はエクセレンを取り込むようにして赤い球体へと変じていた。

登場作品と操縦者[編集]

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
初登場作品。中盤に敵ユニットとして登場。条件を満たすと手に入るが圧倒的破壊力を持つ真・ゲッターとの2択である上に、当時はハウリングランチャーXが無くデフォルトでは攻撃力が並(ただし、強化パーツスロットが3なのでV-UPユニットとの相性は良い為、装備することにより高威力の援護攻撃が可能)。よってヴァイスリッターに戻る事が多い。この扱いは4コマでも度々ネタにされており、OGの4コマで触れられた事もある程。ただし、終盤エクセレンの強制出撃が多くヴァイスリッターのままでは確実にパワー不足になるのでエクセレンも戦力として数えたい場合は本機を選ぶのも良い。
スーパーロボット大戦IMPACT
アルトアイゼン・リーゼとの合体攻撃が無いので余計不利に。しかしハウリング・ランチャーXが追加され、能力値が見直されたので十分強い。ただし、ヴァイスリッターのクセを更に尖らせた性能となり、中距離~遠距離戦は滅法強いが、射程1~3の懐に潜り込まれるのは非常に苦手。この長い射程を活かすのならばνガンダムF91といった長射程を得意としている機体と組んで援護攻撃させるのが良い。エクセレンの覚醒をフル活用すれば、終盤戦での集中力取得が随分楽になる。
また、ムービー閲覧率100%を達成する為には一度は入手しなければならない。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
2017年10月のイベント「遙かなる戦い、開幕」にて実装。SRおよびSSRシューター。SSRは大器型。
敵に攻撃を当てるごとに攻撃力が上がっていく攻撃型シューター。必殺スキル「ハウリング・ランチャーE」が7ヒットするうえ消費コア2つで撃てるため、攻撃力がグングン上がっていく。
アリーナでは、「HPが満タンの時、100%分身が発動」という驚異のアビリティ「高機動戦闘」を引っ提げて参戦。これで、本家スパロボに先んじて待望の分身が実装されることに。体力が1でも減少すれば効果は失われるが、EXアビリティ「自己修復Lv.4」を習得すれば多少のダメージは無視できる。「ハウリング・ランチャーE」は命中補正が高く分身無効を持ち、エクセレンも直感を持つのでよほど回避に特化した編成でなければまず外さない。さらにクリティカルヒットするたびにアビリティの効果でレインボーコアが一定確率で獲得できるので、コア獲得役としての活躍も見込める。回転も速く、射撃耐性を持つアルトすら手数で擦り潰せるほど。ただし防御無効やバリア貫通が無く、1発あたりのダメージもさほど高くないので、バリア・特殊装甲持ちや防御回復持ち相手には無駄撃ち・コア献上となってしまうのが欠点。
また、かなり条件が限定される強烈な強化アビリティ「射撃センス」は、相方のアルトアイゼン・リーゼにピッタリはまる性能。この二機をセットで運用すると、互いをアビリティで強化しあう形となり、本家スパロボさながらの強さを発揮できる。反面、純粋な回避率はさほど高くなくほぼ分身頼みになるので、本家のような回避を見ることは稀。HPも低く直撃付きの必殺一発で落とされることも多々あり、総じて開幕速攻型の編成に弱い。
2018年8月のイベント「激闘のバーニングPT!」にて水着バージョンのSRおよび大器型SSRシューターが登場。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2
一度敵として登場し、後に無条件で手に入る。IMPACTでは叶わなかったアルトアイゼン・リーゼとの合体攻撃「ランページ・ゴースト」が可能に。EDではアインストが消滅した事でヴァイスリッターに戻る。アインストの消滅によりヴァイスリッターに戻るという描写がなされたのは実は本作だけであり、(COMPACT2及びIMPACTでも一度ライン・ヴァイスリッターを入手すれば、アインスト消滅後の隠しシナリオでも元に戻らない)OVAでは本作の設定を引き継いでいるため本機ではなくヴァイスリッターが登場している。本作ではランチャー使用時、やたらと振り回す。
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONS
上と同じだがED後でも元に戻らない。続編でこれがアクセル・アルフィミィ、そしてイェッツトへの小さな伏線だったことが判明(=機械や人間と融合したアインストはアインストではなくなる)。ハウリング・ランチャーの威力は抜群だが、ビーム兵器なので相手によってはバリア類によって軽減される事も多い。エクセレンの直撃を使うのも手である。参入と同時にランページ・ゴーストを主に使うと思われる。Eモードを使う際、残像が大量に残るほどの超機動で発射しているが、何故か機体性能として分身は存在しない。
スーパーロボット大戦OG外伝
OGSから続投する。本作では対抗馬が多く、特に援護攻撃を得意とするユニットが多いのが難。合体攻撃に加え、エクセレンのエースボーナスのおかげで攻撃力の高い援護攻撃が可能なので、燃費に優れる対抗馬との住み分けが為されている。換装武器による汎用性の高さも利用して、上手く立ち回ると良い。
第2次スーパーロボット大戦OG
パッケージイラストに登場。序盤から使いたい場合はマサキルートを選択する(第一話終了後、ヒリュウ改に寄っていかない)こと。なおそのマサキルートでは最もヴォルクルスに泣かされる機体である(最強武器がビーム吸収に阻まれる。ただこちらはハウリング・ランチャーのBモードでなんとか対応可能なため、リューネルートの量産型ゲシュペンストMk-II改・タイプCほど悲惨ではない)。
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
宇宙ルート7話より使用可能。基本的な性能は第2次OGと変わらず。
スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター
原作同様にアインストの波動を受けて変異、パワーアップ。頭部のバイザーにある思念器(ミルトカイル石?)を破壊され、そのまま意思を取り戻したエクセレンの機体となった。
この奪還エピソードは原作では「白騎士の心」というシナリオタイトルだったのだが、アニメでは「堕天使の心」と改題された。

その他[編集]

アイドルマスター シンデレラガールズ
OGシリーズとのコラボイベント「スーパーロボット大戦CG-奏鳴の銀河へ-」にて登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

固定武器[編集]

スプリットミサイル
ヴァイスリッターから受け継がれた、背中に装備された多弾頭ミサイルコンテナ。
3連ビームキャノン
ヴァイスリッターから受け継がれた、左腕に装備されたビームキャノン。
ハウリング・ランチャー
ヴァイスリッターのオクスタン・ランチャーが変異した銃。ハウリングとは『咆哮』という意味。
ハウリング・ランチャーB
Bモードでは高威力の実弾を発射する。
ハウリング・ランチャーE
Eモードでは長射程のビームを発射する。OGS以降は残像を残しながら連続発射するため、MEPE攻撃と言われる事も。
尻尾
銃尻にある尾のようなパーツ。電撃スパロボSPでのコミカライズではR-2パワードのラウンドチャクラムをこれで絡め取る事で阻止している。
プラズマカッター
ヴァイスリッターから受け継がれた兵装の一つ。COMPACT2にのみ装備されており、以降のシリーズでは装備されていない。

必殺技[編集]

ハウリング・ランチャーX
IMPACTから追加された。アインストの影響により、Xモードでは銃身が3門に分かれて、高出力ビームを放つ。OGS以降は残像が残る程の超加速で四方八方からビームを撃ち込み、トドメに直上からXモードを叩き込む、というパターン。どう考えてもミロンガ以上の加速がかかっているはずだが、Gキャンセラーが余程強力なのだろうか。エクセレンは「おたけびランチャー」「ちょっと嘘くさい武器」と評している。ちなみに、この武器がどういう仕組みなのかはエクセレンにも分からないらしい。OG2ndでは、まず相手の周囲からEモードで撃ってからXモードに移行する。残像が消えないほど高速で360°から相手をビームで磔にするのだが、いまだに分身は未搭載。何故だ。

合体攻撃[編集]

ランページ・ゴースト
キョウスケ・ナンブアルトアイゼン・リーゼとの合体攻撃。OGSではヴァイスリッターが高速移動からビームを斉射し、アルトアイゼンが突撃。真下からアルトアイゼンがリボルビング・バンカーで持ち上げ、ヴァイスリッターが真上からハウリング・ランチャーXで射撃して敵機を挟撃・粉砕するという、無茶を通り越した荒業。GBA版では、2機で弾幕を張った後リーゼが突撃、ラインが先読みで放ったビームの中にプラズマホーンで投げ込み、落ちて来た敵機をバンカー6連発で打ち上げ、突っ込んで来たラインがゼロ距離でBモードのランチャーを撃ち込み、最後は背後からのクレイモアとXモードでとどめという、ある意味曲芸とも言える動きを見せている。
OG2ndからはパターンを大きく変更。アルトがマシンキャノンを発射しつつ接近し、ヴァイスは上空からビームを降り注がせる。その後、ヴァイスが囮となって相手を引きつけ背後からアルトがステークを撃ち込み、それをヴァイスがBモードを撃ちこみつつ回り込んで砲身に突き刺す。ゼロ距離からヴァイスがEモードを撃ちアルトがバンカーで返すというのを3往復ほどし、ヴァイスが砲身で打った敵をクレイモアで止め、とどめにバンカー+Xモードという、曲芸度が大幅にアップした流れになっている。

特殊能力[編集]

分身は攻撃演出のみでの披露で、回避の際には発動されない。

剣装備
切り払いを発動。COMPACT2のみ可能。
HP回復(小)
アインスト化した影響か、自己再生能力を身につけている。ただし、元の装甲自体が薄いヴァイスリッターでこれに頼るのは考えもの。
エクセレンのエースボーナスを活かすことを考えれば、援護防御時のダメージを時間をかけ無力化は可能(また、エクセレンは性格面から援護防御で気力を稼げる部類である)。
ビームコート

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

固定武器の弾数+2
GBA版OG2で採用。ヴァイスと同じだが、最強武器がEN制なのであまり使えない。
EN、運動性+10%
OGSで採用。武器特性に合うよう修正された。
ビーム属性武器の攻撃力+200、運動性+10
OGMDで採用。固定では三連ビームキャノン、ハウリング・ランチャーE及びXが該当する。また合体攻撃の計算にはXを用いるので、間接的にランページ・ゴーストの火力も上昇。

機体BGM[編集]

「白銀の堕天使(ルシファー)」
ヴァイスリッターに引き続き、ライン・ヴァイスリッターのメインテーマ。
「揺れる心の錬金術師(アルケミスト)」
敵として登場する場合のBGM

商品情報[編集]