竜魔帝王

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
竜魔帝王
読み りゅうま ていおう
外国語表記 Emperor Ryuma
登場作品 鋼鉄ジーグ
声優 加藤治
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 邪魔大王国人
性別
所属 邪魔大王国
称号 帝王
テンプレートを表示

竜魔帝王は『鋼鉄ジーグ』の登場人物。

概要[編集]

ヒミカが復活させた地獄の帝王。炎のような頭髪とのような形相が特徴で、身体に青い竜が巻き付いている。ヒミカを殺害して邪魔大王国を掌握する。

大きな剣を武器としており、生身のまま戦闘を行う場合もある。性格は凶悪で、機嫌が悪いと部下達に当たり散らしたり、酷い時にはハニワ幻人を破壊することもあった。

第45話における最終決戦で生身でジーグと対決。ロボット獣バドー(SRW未登場)の背に乗って、マッハドリルを装備したジーグとぶつかり合った結果、バドーもろとも粉々に砕け散って死亡した。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
初登場作品。今作ではヒミカが前作で死亡した為、イキマアマソミマシが蘇らせた。その後、地下勢力の頂点に立ち地上侵攻を開始したが、最期は科学要塞研究所襲撃時の決戦でαナンバーズに敗れ、死亡する。後に地獄大元帥闇の帝王ら共々、ムゲ・ゾルバドスによって復活を果たす。
古代から生きていることもあり、アポカリュプシスの存在も知っていた模様。闇の帝王とは盟友だったと地獄大元帥に語っている。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

第3次α
必中加速鉄壁根性熱血気迫

特殊技能[編集]

第3次α
底力L9、指揮官L3、気力+(ダメージ)援護攻撃L4、戦意高揚

小隊長能力[編集]

反撃時の攻撃力+20%
第3次α』で採用。

人間関係[編集]

ヒミカ
彼女によって復活されたが、邪魔大王国を支配する為に殺害した。
漫画版『鋼鉄ジーグ』では、安田達矢版ではヒミカをハニワ幻人にして死地に追いやったものの、松本めぐむ版では鋼鉄ジーグに敗れたヒミカが自らの命を賭して竜魔帝王を蘇らせ、帝王自身もまたその意を汲んで活動開始するという描写となっている。
イキマ
ヒミカの死後に部下としたが、ヒミカのように忠誠を誓われていない。
アマソ
ヒミカの死後に部下とした。
ミマシ
自身を殺そうとしたため粛清した。
フローラ
彼女を蘇生させた一方、家族と故郷を虐殺した張本人。
司馬宙
宿敵。

他作品との人間関係[編集]

地獄大元帥
第3次α』ではミケーネ帝国壊滅後、竜魔帝王の部下となる。
闇の帝王
『第3次α』では直接の対面は無いが、盟友だったと言及している。後に共にムゲ帝王の手で復活。
ムゲ・ゾルバドス
『第3次α』にて、彼の手により闇の帝王共々復活させられる。

名台詞[編集]

「来いバドー!それ!体当たりだ!」
「ぐわあああああああ!!」
最期の台詞。バドーに飛び乗り、マッハドリルで突撃してくる鋼鉄ジーグに挑むがあえなく敗北。バドー共々、爆発四散した。野暮ではあるが、マッハドリル相手に正面から突撃する判断は無謀とも言える。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「俺を倒しても貴様らに未来はない!」
「貴様らもいずれは銀河の終焉に飲み込まれる運命にあるのだ!」
第3次α』での最期の言葉。
「ぐわあああおおああ!!」
『第3次α』での2度目の最期。

搭乗機体[編集]

竜魔船