2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

グランゼボーマ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
グランゼボーマ
外国語表記 Granzeboma
登場作品
デザイン 吉成曜
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 概念存在(実体化した認識)
全高 約53億光年(本体)
約22億光年(両腕)
約70億光年(背面の腕)
動力螺旋力
次形態 超グランゼボーマ
所属 アンチスパイラル
パイロット アンチスパイラル
テンプレートを表示

グランゼボーマは『天元突破グレンラガン』『劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇』の登場メカ

概要[編集]

隔絶宇宙でアンチスパイラルが顕現させた絶対的な魔神。「同等の姿で戦い、絶対的絶望を与える」というアンチスパイラルの意志に従い、この時点での敵であった天元突破グレンラガンに対抗する姿をしている。額の部分にはアンチスパイラルの母星がある。

銀河をも凌駕する体躯に、紫色のエネルギーの炎を纏う生物的な黒い体、人型ムガンの特徴である髑髏の顔、更には四本腕という禍々しい姿をしている。また、ドリルに覆われたグレンラガンとは逆に全身に穴が開いている。搭乗機というよりは、アンチスパイラルの戦闘形態とでも言うべき存在。

ちなみにグランゼボーマとは「グレンラガンを絶対的絶望で滅亡させようとする究極的宇宙魔人(レンッタイテキゼツボウデメツボウサセヨウトスルキュウキョクテキウチュウジン)」の略称(命名者はロシウ)である。

劇中では天元突破グレンラガンを圧倒、超螺旋宇宙を舞台に最終決戦を繰り広げた。その二つの力の衝突は時空を繋ぐバイパスを発生させ、地球に住む全ての生命が時空を超越した戦いを目撃する事となった。

「螺巌篇」では超天元突破グレンラガンに対抗すべく超グランゼボーマに進化した。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
初登場作品。最終話でアンチスパイラル機として登場。この後の尸空尸逝天はイベント戦に近いため、事実上本作のラスボス機であり、『IMPACT』のシャア以来となる版権作品のラスボスである。
HP25万、ハードで31万。後述どおり、HP10万を切ると全回復するので実質ノーマル40万、ハードで52万となる。HP回復およびEN回復持ちとタフだが、運動性が最低レベルのため当てるのは簡単。また、地形適応がA止まりのためアンチスパイラル本人のS適応とあわせても総合適応がAで止まるのも救い。だが、マップ兵器「銀河手裏剣」の範囲が恐ろしく広いため、手番を渡したら間違いなく撃たれると思っていい。しかも、敵味方関係なく撃ってくるため余計始末が悪い。
欠点としては、開幕からいきなり2回行動を駆使して突っ込んでくるという思考パターンとP属性武器がないこと。立ち位置を調整すれば単機で懐まで突っ込んでくるので、バサラ気力を上げておいてやれば、袋叩きにできる。ただし、HP10万を切るとイベントで真ん中付近に移動し、天元突破グレンラガンが右上に置き去りになるので注意。この際SPが全快するので、事前にありったけ精神コマンドを使っておくといい。イベント発生後はHPの低い敵を落としたりバサラの歌などで手っ取り早く気力を上げ、精神コマンドをフル活用して短期決戦に持ち込むべし(アシュタンガ級等は、よほど資金が欲しくない限り放っておいた方が無難)。
SRポイントを獲得するには4ターン以内にHPを10万未満まで削ればいいのだが、ハードの場合20万以上のダメージが必要となる。こちらから突っ込んでいくとイベント時の移動で逃げられるため、射程外の11マス目で待ち構えて向こうから突撃してくるのを待って削る戦法に持ちこむしかない。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X
通常ルート・困難ルート共に51話で登場。HPは第3次Zに比べ下がっているが、困難ルートではマジンガーZEROも同時に相手取らなければならないため、注意したい。
スーパーロボット大戦X-Ω
2018年7月のイベント「銀河を創る想像力!」にてボスユニットとして登場。
また、征覇(VS)のステージEX-3Aに単独で登場。ステージ30ボスをも上回るスペック面もさることながら編成コスト上限20という条件がクリアの最大の障壁となる。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

銀河手裏剣
周囲の銀河を掴んで投げつける。小説版では「超銀河八つ裂き光輪」という名前だった。
インフィニティ・ビッグバン・ストーム
二つの銀河を融合させ、宇宙開闢の力・ビッグバンにも匹敵するエネルギーを放つ。アンチスパイラル曰く「永劫に続く宇宙創世の業火」。
スパロボでは「∞ビッグバン・ストーム」表記。射程が10ある上に始動射程1、さらにバリア貫通持ちとスキがない。何気にサイズ差補正無視つきだが意味はない。『第3次Z時獄篇』ではダナン及びアクエリオンEVOLなら射程外から叩けるが、『X』では射程外をつくのは困難。
反螺旋ギガドリルブレイク
超グランゼボーマに姿を変え、反螺旋ギガドリルブレイクで攻撃する。

特殊能力[編集]

HP回復(小)
EN回復(大)
オールキャンセラー

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

何Lという範囲では済まない大きさの為か、専用のサイズが与えられた(なお、グランゼボーマとの決戦シナリオでは他のユニットのサイズも∞になる)。実はこれが最大のネック。サイズが統一されてしまうとサイズ差補正無視の効果が死ぬのは勿論、機体とパイロットの実力が試されるからだ。中途半端な能力値では一方的に駆逐されるだけなので、必然的に純粋な力と力のぶつかり合いを強いられる事になる。

関連機体[編集]

天元突破グレンラガン
対極の存在。
アンチ・グレンラガン
第2次Z再世篇』における代理。下位形態ともいえる。