次元獣ディノダモン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
次元獣ディノダモン
外国語表記 Dimension Monster Dino DAMON
登場作品

バンプレストオリジナル

分類 次元獣
全高 75.3 m
重量 833.1 t
構成物質 リヴァイブ・セル
所属 ガイオウ
テンプレートを表示

概要[編集]

破界の王ガイオウ多元世界に召喚された事件「カラミティ・バース」の発生とともに出現するようになった次元獣

肉食恐竜を思わせる直立二足歩行の怪獣の様な姿をしており、前脚に長大な三本の爪を有している。バリアとして次元断層を作り出す他にも断層をトンネルのように利用して移動することが出来る。

ライノダモン級よりさらに高い戦闘能力を有しているが、それだけに数も少ないとされており、重要な戦場にしか出現しない。

次元獣ディノダモンの正体は、聖インサラウム王国の王室警護騎士「アークセイバー」の「『ハイナイト』クラス」とその搭乗機がヴァイオレイションされた姿である。個人が変化した次元獣としては最も強力である。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
初登場作品。第23話「新世界の幕開け」から登場し、下手な中ボスより高いHPMAP兵器でプレイヤーの前に立ち塞がる。上位の次元獣としては珍しく特殊効果武器を装備していないのが救い。第49話「虹」ではある人物もこれに次元獣化する。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
イベントのみ登場。他は「制御次元獣」扱い。人造次元獣ギガ・アダモンの試験運用で瞬殺されてしまう。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

八つ裂きスライサー
方向指定型のMAP兵器。虹色に輝く六角形の物体を乱射し、前方広範囲にわたって攻撃を行う。
重力メテオ
口から吐き出された大量の岩が合体して隕石[1]のようになり、相手を押し潰す。最大射程8。
語源が恐竜(dinosaur)である本個体が、「恐竜絶滅の最有力説である隕石で攻撃する」という、洒落の効いた技。喰らう方はたまったものではないが。
ちなみに、隕石が落着後に次元獣ディノダモンは両手を振り回しながら雄叫びを上げるのだが、見方によっては調子に乗ってはしゃいでいるようにも見えなくもない。
旋刃クラッシャー
空間の裂け目を通って相手の目の前に突然出現し、爪で切り裂く。命中するとさらに爪をドリル状にさせて発射し、相手を貫いた後は爪がローター状に開いて回転し、貫いた敵を巻き込みながら本体の元に戻ってくる。
パイロット(次元獣ディノダモン本人)が持つ戦意高揚と相まって、リアル系ユニットが食えば最悪即死も有り得る威力なので要注意。
ちなみに、空間から現れる演出がウルトラマンシリーズの超獣を髣髴とさせる。

特殊能力[編集]

D・フォルト
ダメージ1500以下の攻撃を全て無効化するバリア。常時発動。
HP回復(小)
フェイズ開始時にHPが最大値の10%回復する。
EN回復(小)
フェイズ開始時にENが最大値の10%回復する。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

L

関連機体[編集]

真次元獣ディノダモン
真の姿。
エメラルダン
ガイオウによってパイロットシュバルごとこの次元獣に変えられてしまう。

余談[編集]

  • 次元獣ディノダモンは、ファンの間ではゴジラと評されている。これは、二足歩行の怪獣では一番連想しやすいからだと思われる(ただし、次元獣ディノダモンの外見および鳴き声は、ゴジラのそれと全く異なっている)。

脚注[編集]

  1. この時の巨大隕石の形状は、『宇宙戦艦ヤマト』シリーズに登場した白色彗星帝国の宇宙都市要塞に似たシルエットをしている。