マグネイト・テン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

マグネイト・テン(Magnate X)は『スーパーロボット大戦MX』に登場するプレイヤー部隊。命名者はホシノ・ルリ

概要[編集 | ソースを編集]

旗艦はネェル・アーガマナデシコBナデシコCでナデシコ・ネェル・アーガマ隊では言いにくいとのルリの提案で、司令であるミスマル・コウイチロウが命名権をルリに委ね決定した。

司令官はミスマル・コウイチロウ、現場指揮官はブライト・ノアホシノ・ルリが勤めている。

最終的に電童エヴァンゲリオンラーゼフォンゼオライマー、そして主人公機と各所属組織のトップシークレットの機体が勢揃いしているが、これは、あらゆる組織が争っている地球圏の状況では各組織単体では機体を守りきれない可能性があり、機体を出向させることで敵の目をマグネイト・テンへ向け、更に戦力を集中させることでその機体も守ることができるためである。無論、他の組織へ機体の情報を与えることにもなるが上記の理由からメリットが大きいため許可がでている(あるいは組織同士で腹の探りあいをしている)。

マグネイト・テンとは、Magnate Xの頭文字をとって「MX」。つまり『スーパーロボット大戦MX』のタイトル名に繋がる。版元の数が10だからテンという意味も含む[1]。命名は寺田貴信Pによるものだがスタッフからは不評で、「自分でワースト1だと思っている」と述べている[2]

登場作品[編集 | ソースを編集]

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦MX
上記の通り。

構成母体[編集 | ソースを編集]

地球連邦軍
シャッフル同盟
光子力研究所 / 科学要塞研究所 / 宇宙科学研究所
早乙女研究所
コープランダー隊
ガードダイモビック
ナデシコB
ネルガル重工
マシンロボ軍団
GEAR
NERV
ラスト・ガーディアン
TERRA
ツェントル・プロジェクト

人物[編集 | ソースを編集]

ミスマル・コウイチロウ
司令官で部隊の直接の上司。
ブライト・ノア
ネェル・アーガマ艦長で部隊指揮官の一人。
ホシノ・ルリ
ナデシコBナデシコC艦長。部隊指揮官の一人。

脚注 [編集 | ソースを編集]

  1. 『スーパーロボット大戦MX パーフェクトバイブル』335頁。
  2. ネーミングセンス 2020年1月26日閲覧。