キャス・ロナリー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
キャス・ロナリー
外国語表記 Cath Ronary
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 荒木香恵(現・荒木香衣)
デザイン 逢坂浩司
初登場SRW スーパーロボット大戦64
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(ネオ・アメリカ)
性別
年齢 17歳
所属 ネオ・アメリカ
役職 GFサポートクルー
テンプレートを表示

キャス・ロナリーは『機動武闘伝Gガンダム』の登場人物。

概要[編集]

チボデー・クロケットのクルー「チボデーギャルズ」の医療担当でサブリーダー格。

浅黒い肌に短い髪が特徴。元はニューヨークのダウンタウンに住む不良グループであり、生きるために盗みや詐欺などを行っていた、憧れのコロニー行きの宇宙船に密航して乗員に捕まったところを通りかかったチボデーにスカウトされクルーとなった。

シャイニングガンダムの戦闘データを盗んだ際、レイン・ミカムラに飛びかかられ足を負傷したり、ピエロに動揺するチボデーにハンカチを渡そうとして叩かれたりと少し悲惨な目に遭うことが多い。また本来の役割を行う場面が殆どないギャルズの中では一応カッシュ博士のコールドスリープから目覚めるのを手伝っていたりしていた。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
初登場作品。マスター・アジアに捕らえられていたが、レインシュバルツに助けられ、そのまま自軍に合流。ハサンやレイン、サリィと共に医療班として活躍。甲児から「美人の医療担当者」の1人として見られていた。OZルートではアレンビーのことばかり気にするドモンにレインのことをアドバイスするといった面も見せている。

人間関係[編集]

チボデー・クロケット
雇い主であり恩人。
シャリー・レーンジャネット・スミスバニー・ヒギンズ
仲間。

他作品との人間関係[編集]

ハサンサリィ・ポォ
64』では同じ医者として部隊のメンバーの健康に気を使う。

名台詞[編集]

「ふふ……ま・ぬ・け」
第18話より。ギアナ高地に退屈して寝てしまったレインに対し。
「チボデーを呼んで…お願い」
同じく18話より。自分が負傷してしまい、その場にいた全員が濁流に飲み込まれる危機を避けるためにシャリーに懇願。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

(もっとも変わってるうちの1人が、何言ってるんだか)
アレンビーを説得したドモンが部隊に変わったやつがいるが安心するように発言した際の心の中でのツッコミ、「もっとも変わってる」というのは多分シャッフル同盟なのだろうか?