魔界獣

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

魔界獣(Hell Beast)とは、『元気爆発ガンバルガー』に登場する大魔界の戦力。

概要[編集]

魔導士ヤミノリウスIII世が魔界獣辞典から召喚し、魔法陣によって巨大化する。辞典には昆虫・水生・動物の三種があり、後のものほど強力な力を持つ。

ヤミノリウスIII世が魔王ゴクアークの力を取り込んでパワーアップした後は、魔法のランプから出る悪の力を無機物に注ぎ込んで魔界獣化した「超魔界獣」を用いるようになった。

人間界を混乱に陥れ大魔界へと変えてしまう事を目的として召喚・創造される為、直接的な戦闘能力よりも超常的な能力に優れた個体が多い。また、性格もどこかコミカルである。

「魔界獣が与えた被害は、その魔界獣を倒せば元に戻る」という設定があり、そのために魔界獣の攻撃方法は本当に「なんでもあり」になっている。街の人間の精神がカエルに置き換わる、街に手足が生えて移動する、地球が割れる、など、普通のロボットアニメでは解決方法が全く思いつかないようなシチュエーションも何の躊躇もなく盛り込まれた。

それぞれの辞典ごとに召喚の台詞が一部異なっている。ヤミノリウスの「ゾイワコゾイワコマカイハゾイワコ『辞典ごとの台詞』より今こそ出でよ我が前に。アズラムサライヤー!」によって呼び出される。『』の部分は、昆虫が『暗く湿った魔界の森』、水生が『暗く冷たい魔界の海』、動物が『暗く果てない魔界の地』、となっている。

スパロボに登場した魔界獣[編集]

ヨロイデル
動物魔界獣第一号。サイ型魔界獣。
ドカーン
超魔界獣第一号。打ち上げ花火型超魔界獣。

関連項目[編集]

大魔界
ヤミノリウスIII世