レツ・コバヤシ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
レツ・コバヤシ
外国語表記 Letz Kobayashi
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 鵜飼るみ子(1st)
頓宮恭子(TV版Ζ
柳井久代(劇場版Ζ)
デザイン 安彦良和
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
SRWでの分類 サポートユニット
テンプレートを表示
プロフィール
旧姓 コ・ファン
種族 地球人
性別
年齢 5歳(1st)
所属 民間人
テンプレートを表示

レツ・コバヤシは『機動戦士ガンダム』および『機動戦士Ζガンダム』の登場人物。

概要[編集]

機動戦士ガンダム[編集]

ジオン軍サイド7攻撃によって親とはぐれ、ホワイトベースで避難した戦災孤児三人組の一人。当時の姓は「コ・ファン」(レツ・コ・ファン)。

3人組の中では一番のいたずらっ子。ア・バオア・クーを脱出するアムロ・レイを感じ取るなど、ニュータイプの素養を見せていた。

一年戦争終戦後、カツやキッカと共にハヤト・コバヤシフラウ・ボゥに引き取られ、養子となる。

機動戦士Ζガンダム[編集]

ゲスト出演的な立ち位置。

登場作品と役柄[編集]

『1stガンダム』における「レツ・コ・ファン」(いわゆる、カツ・レツ・キッカの一人)としての登場は一切無く、序盤が一年戦争に沿ったストーリーの『スーパーロボット大戦GC』および移植版の『XO』でも『未来ロボ ダルタニアス』の戦災孤児グループが彼らの代わりを務めている。

『X-Ω』にてついに初登場となったが、あくまでもサポートユニットとしての登場であり、シナリオ中への登場は未だにない。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
『Z』設定でサポートユニットとして登場。シナリオなどには登場しない。

ステータス[編集]

サポートアビリティ[編集]

行動力
C。バトルで獲得するバトルユニット経験値アップ。

人間関係[編集]

機動戦士ガンダム[編集]

ハヤト・コバヤシ
養父。
フラウ・ボゥフラウ・コバヤシ
養母。一年戦争時から面倒を見て貰っていた。
カツ・ハウィン(カツ・コバヤシ)、キッカ・キタモト(キッカ・コバヤシ
ホワイトベースの孤児3人組。