キッカ・コバヤシ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
キッカ・コバヤシ
外国語表記 Kikka Kobayashi
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 井上瑤(1st)
荘真由美(TV版Ζ
小松由佳(劇場版Ζ)
デザイン 安彦良和
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
SRWでの分類 サポートユニット
テンプレートを表示
プロフィール
旧姓 キタモト
種族 地球人
性別
所属 民間人
テンプレートを表示

キッカ・コバヤシは『機動戦士ガンダム』および『機動戦士Ζガンダム』の登場人物。

概要[編集]

機動戦士ガンダム[編集]

ジオン軍サイド7攻撃によって親とはぐれ、ホワイトベースで避難した戦災孤児三人組の一人。当時の姓は「キタモト」(キッカ・キタモト)。

元気で明るい生活の子供。口癖は「ニャンニャン」。孤児三人組の中では中心的な存在であった。ア・バオア・クーを脱出するアムロ・レイを感じ取るなど、ニュータイプの素養を見せていた。

一年戦争終戦後、カツやキッカと共にハヤト・コバヤシフラウ・ボゥに引き取られ、養子となる。

機動戦士Ζガンダム[編集]

ゲスト出演的な立ち位置。劇場版ではTV版よりも出番が少し増えている。

登場作品と役柄[編集]

『1stガンダム』における「キッカ・キタモト」(いわゆる、カツ・レツ・キッカの一人)としての登場は一切無く、序盤が一年戦争に沿ったストーリーの『スーパーロボット大戦GC』および移植版の『XO』でも『未来ロボ ダルタニアス』の戦災孤児グループが彼らの代わりを務めている。

『X-Ω』にてついに初登場となったが、あくまでもサポートユニットとしての登場であり、シナリオ中への登場は未だにない。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
『Ζ』設定でサポートユニットとして登場。シナリオなどには登場しない。

ステータス[編集]

サポートアビリティ[編集]

家族想い
R。「地形:宇宙」ステージでバトルするとき、クリティカル率、命中率、回避率アップ。

人間関係[編集]

機動戦士ガンダム[編集]

ハヤト・コバヤシ
養父。
フラウ・ボゥフラウ・コバヤシ
養母。一年戦争時から面倒を見て貰っていた。
カツ・ハウィン(カツ・コバヤシ)、レツ・コ・ファン(レツ・コバヤシ
ホワイトベースの孤児3人組。

余談[編集]

  • 当時、安彦良和氏は『Z』のキッカに関して、「メインストーリーにも絡まないサービス出演のキャラをそこまで美化する必要もないし、まあ(ビジュアル的に)こんなものじゃないですかね」という風に語っている。
  • 漫画『機動戦士ΖガンダムDefine』では、カラバの地下アジトに身を隠していた所を、アムロをカラバに引き入れるべく訪れたクワトロを迎え入れるものの、彼の正体がジオン公国シャア・アズナブルだと知ると不信感と憎悪を全開にする母・フラウを兄のカツやレツと共に説得するなど、ニュータイプとしての力が今もなお健在である描写がある。
    • また、自分達の取った宿に帰宅途中のアムロを案内した際に、そこにクワトロ=シャアの姿を目にして銃を抜いたアムロに飛び掛かって静止するなど、昔と変わらぬアグレッシブさを見せ、シャイアン基地から脱走する際に、かつての友達であったオリジナルのハロとも7年ぶり再会を果たした。