ランバ・ラル隊

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ランバ・ラル隊(Ramba Ral Squad)とは、『機動戦士ガンダム』に登場した部隊。

一年戦争時、ジオン公国軍における宇宙機動軍所属の部隊としてジオン軍大尉の「青い巨星」ランバ・ラルが率いた部隊。

作中においてはザンジバル母艦として、ガルマ・ザビの仇討ちの為にホワイトベース隊追撃の任務を担ったが、ホワイトベース隊の前にグフを初めとしたモビルスーツを失い、ドムの補給が滞った事もあって得意のゲリラ戦でホワイトベース隊に白兵戦を仕掛けるが失敗してランバ・ラルは死亡。

その後は彼の内縁の妻であるクラウレ・ハモンが、残軍を率いて再びホワイトベース隊に挑むが全滅した。

登場作品[編集]

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
第4次スーパーロボット大戦
DC残党に所属。有名パイロットでは、ラルとハモンの他にクランプが登場。
スーパーロボット大戦F
スーパーロボット大戦F完結編

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
一年戦争後も存在。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
一年戦争に沿った序盤半ばから登場し、原作通りラルが戦死した後追撃してくるが、宇宙に上がった後のソロモン戦や終盤のア・バオア・クー戦にまでやってくる。
スーパーロボット大戦OperationExtend
1章から登場。ラル・ハモン・コズン・アコースの4人全員最後まで生存する。

人物[編集]

ランバ・ラル
ランバ・ラル隊隊長。
クラウレ・ハモン
ラルの内縁の妻。
クランプ
副官。
コズン・グラハム
アコース
タチ