2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

クラウレ・ハモン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
クラウレ・ハモン
外国語表記 Kraule Hamon
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 中谷ゆみ
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
所属 ジオン公国
テンプレートを表示

クラウレ・ハモンは『機動戦士ガンダム』の登場人物。

概要[編集]

ランバ・ラルの内縁の妻。

正式な軍人ではないが、補給の滞り具合から自分達が政治的に孤立している事を察するなど洞察力は高く、ラルの部下達からも強く慕われている。

ホワイトベースを脱走中のアムロ・レイと偶然出会い、気に入って食事を奢ろうとした。ラルの死後、残軍を率いてホワイトベースを攻撃するが、リュウ・ホセイ特攻マゼラトップを撃墜されて死亡した。

『THE ORIGIN』では彼女とラルの過去に関する物語も描かれている。後にジオン・ダイクンと結ばれるアストライアとは旧知の仲であり、当時レジスタンスの闘士だったラルとは長い付き合いであった(当時からの彼の部下たちともこの当時から面識があり、率先して彼女の店を手伝うなどラル一党のアイドル的な存在でもあった)事が語られている。

冒険王の漫画版ではギャロップ(SRW未登場)でリュウのコアファイターを撃墜するも、それに逆上したアムロの駆るガンダムによってギャロップごと投げ飛ばされて戦死した。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
NPCランバ・ラルと一緒に出てくる。
第4次スーパーロボット大戦S
リアル系限定シナリオ「老兵の挽歌」のみに登場。ダブデに乗る。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ザンジバルに乗ってくる。
本作で音声初収録だが、音声収録は『F完結編』の段階で行われており、没データが存在する。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
原作での脱走中のアムロとのエピソードが再現されている。ザンジバルに乗り、ラルが戦死した後も仇を討たんとばかりにクランプタチアコースを連れて何度か出てくる。
スーパーロボット大戦Operation Extend
今回もザンジバルで登場。出番は多いがラルが戦死しないため影は薄い。

関連作品[編集]

リアルロボット戦線
当初はアズロニア軍によって、ラルを従わせるための人質に取られていた。
ラズロルート・シャアルートではラルに救出され仲間になるが、後者のルートでは後に永久離脱する。なお敵としては登場しない。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

第4次S
根性必中激励(実際には使用せず)
α
集中信頼激励補給復活
リアルロボット戦線
誘惑補給幸運かく乱捨て身

特殊技能(特殊スキル)[編集]

GCXO
援護L3、指揮L2

人間関係[編集]

ランバ・ラル
内縁の夫。互いに深く愛し合っており、その絆は強い。
アムロ・レイ
敵の兵士だが、会って直ぐ個人的に気に入る。ラル曰く、ハモンが初対面から相手を気に入ることなど滅多に無いらしい。
リュウ・ホセイ
彼に討たれる。
アストライア・トア・ダイクン
ハモンが歌姫として務めていたナイトクラブの先輩。
『THE ORIGIN』では政争に巻き込まれた彼女の子供たちサイド3から脱出させる為に大立ち回りを演じている。

名台詞[編集]

「あのボウヤが、邪魔するようなことがありましたら…あなた…守って下さいましね」
残存兵力で出撃した際の台詞。
「ほんと、好きだったよ、坊や…」
ガンダムがホワイトベースへ特攻するカーゴを押し留めている隙を突き、マゼラトップの主砲で至近射撃を仕掛けようとした際の台詞。しかし、その目論見は横合いからコア・ファイターで特攻自爆したリュウの犠牲によって食い止められてしまう。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「フフ…また坊やに会えるとは思っていなかった」
α』第26話「海からのマレビト」or「紅いエヴァンゲリオン」に於けるアムロとの戦闘前会話
「あの時の坊や…?ふふふ、覚えていてくれたようね」
DC版『α』の同上シチュエーションでは、こちらの戦闘前会話に変更されている。

搭乗機体[編集]

マゼラトップ
ザンジバル

SRWでの登場機体[編集]

ダブデ

余談[編集]

  • 「クラウレ」は小説版で設定された名前であり、80年代のカードダスなどでは「ハモン・ラル」と表記されていた。近年はこちらが正式なキャラ名とされるケースが多い。『THE ORIGIN』では「クラウレ」を採用している。
  • 小説版ではギレン・ザビの元秘書兼愛人という設定となっており、ラル共々アニメとはかなり役柄が異なる。
    • ラルと恋人というのは変わらないが、その正体はなんとデギン公王の内命を受けたダルシア首相の手駒で、ギレンが連邦軍とキシリアをまとめて消すためにア・バオア・クーにソーラ・レイを撃ち込もうとしていることを伝えるという重要な役どころ。それが巡り巡ってギレンの死や、曳いてはジオン共和国の復興へとつながっていく。
    • 今の愛人であるランバを愛する一方、かつて自分を捨てたギレンに対してはランバとともに屈辱感や弱者意識を持っていた模様。

資料リンク[編集]