コジロー・マードック

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
コジロー・マードック
外国語表記 Kojiro Mardoc
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 中嶋聡彦
デザイン 平井久司
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人ナチュラル
性別
生年月日 C.E.40年9月26日
年齢 31歳(SEED)
33歳(DESTINY)
所属組織 地球連合軍三隻同盟オーブ連合首長国
所属部隊 アークエンジェル隊
役職 整備士
軍階級 曹長
テンプレートを表示

コジロー・マードックは『機動戦士ガンダムSEED』および『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の登場人物。

概要[編集]

アークエンジェルクルーの一人。機体の整備を担当する。

クルーの中では気さくな人物で、キラ・ヤマトムウ・ラ・フラガとも親しい関係であった。

『SEED』の後はオーブ連合首長国に住んでいたようだが、『DESTINY』で再びアークエンジェルに乗る。

余談だが、根っからの整備士で、普段から整備兵の服しか来ていないが、アラスカ基地本部での査問会では珍しく連合の一般軍服を着ている彼の姿が確認できる。

登場作品と役柄[編集]

メカニック枠としての出番は多めな方である。

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
初登場作品。原作同様にアークエンジェルのメカニックで、アストナージを伝説のメカニックとして尊敬していた。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
ウリバタケとともに自軍のメカニックを務める。
スーパーロボット大戦W
スーパーロボット大戦K
スーパーロボット大戦L

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦DD
序章ワールド3から登場。

人間関係[編集]

キラ・ヤマト
作中では彼を「坊主」と呼んでいる。
ナタル・バジルール
キラが少尉に任命されて以降に、彼女から「自分より上の階級の者を『坊主』と呼ぶのはどうか」と窘められる。どことなく『ドラグナー』のベン軍曹を髣髴とさせる。
ロウ・ギュール
『ASTRAY R』にてメンデル戦後補給に来た彼に頭部を失ったフリーダムをフリーダムジンされそうになるが、「換えの頭部はあるから」と説得して事なきを得た。

他作品との人間関係[編集]

アストナージ・メドッソ
第3次α』では彼を「伝説のメカニック」と呼び尊敬していた。
ウリバタケ・セイヤ
J』『W』ではメカニックマン同士仲がよい。

名(迷)台詞[編集]

「無重力じゃねえんだぞぉ!?」
第23話、戦闘中にアークエンジェルがバレルロールした事での戸惑いの声。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

「ゾイド?ああ、あの4本足か。バクゥみてぇなもんだろ?問題ないさ」
K』にてルージゾイドの整備が出来るか問われた時の返答。ゾイドを知ってる誰もがバクゥを見て思ったことを口にした瞬間…かもしれないが、外装はともかく内部構造は明らかに異なるであろうに問題ないのだろうか…。

資料リンク[編集]