オーブ解放作戦

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

オーブ解放作戦とは、『機動戦士ガンダムSEED』で行われた作戦。

概要[編集]

ヤキン・ドゥーエ戦役の最中に行われた地球連合軍オーブ連合首長国への侵攻作戦。

地球連合軍がオーブに対しアスハ代表の解任、議会の即時解散、武力放棄し、自軍への協力する事を要求し要求を拒否すればザフト支援国と見なすと言う、半ば脅迫に近い形で余りにも一方的で無茶苦茶な要求をして来た事に始まり、オーブが自国の理念である中立の方針に基づいてマスドライバー施設の貸与を拒否したことがきっかけとなり、連合軍の侵攻を招く事になる。

最も連合軍はオーブが最初から要求を飲むとは考えておらず、オーブのマスドライバーやモルゲンレーテの技術を取り込む以外に、連合軍を裏から操っていたブルーコスモスの盟主であるムルタ・アズラエルが、傘下の企業で開発させた新型の後期GATシリーズの実戦テストを行いたいが為にわざと無茶苦茶な要求を行い、拒否させて侵攻の名目を作るという思惑があった。

連合軍の侵攻に対しオーブも極秘裏に開発を進めていた量産MS「M1アストレイ」を投入するなどして抵抗。またオペレーション・スピットブレイクの後連合を脱走してオーブに身を寄せていたアークエンジェルも防衛に加わり、さらに捕虜にされた際に起こしたミリアリア・ハウとの騒ぎの一件の後、心境に変化が生じたディアッカ・エルスマンが鹵獲されていたバスターガンダムを持ち出しアークエンジェルを援護した。そしてキラ・ヤマトを追ってきていたアスラン・ザラジャスティスガンダムも独自の判断でアークエンジェルに加勢し、長引く戦闘で後期GATシリーズのエネルギー切れ、パイロット達の薬切れもあり、何とか一度は連合軍を退ける事に成功した。

一度目の戦闘後、オーブは再三、会談を要請するも連合側はこれに回答をする事は無く(これもアズラエルの思惑により最初からオーブの要請を拒否している)、パイロットらへの再度の薬物投与を含めた補給後、戦闘が再開する事になる。

最終的には連合軍の圧倒的な物量を前にオーブは勝ち目がないと判断し、国民を避難させ、アークエンジェルやクサナギをマスドライバーで宇宙に上げた後、前代表であるウズミ・ナラ・アスハを初めとしたオーブの首脳陣はマスドライバーやモルゲンレーテ社ともろともに自爆。地球連合軍のオーブ占領に終わった。

この時の政府およびオーブ軍の対応の拙さはシン・アスカの家族が戦闘に巻き込まれて死亡したことを始め、フリーダムとジャスティスの性能から、アズラエルが核エンジンの使用を疑い始める等、色々な面でその後のストーリーに禍根を残すこととなった。

登場作品[編集]

スパロボでは、原作イベント以外に他作品の重要なイベントも併発する。

第3次スーパーロボット大戦α
連合軍以外にムゲ・ゾルバドス帝国も攻撃、ウズミに加えてイゴールも死亡し、ファイナルダンクーガ合体、カミーユの復活などが発生。
スーパーロボット大戦J
連合軍以外にフューリーも攻撃してくる。連合軍にはバーサーカーとなったアレンビーが加わっている。ブラスターテッカマンブレードの初陣、ファイナルダンクーガの合体、条件を満たすとゲイル(ジュリア)の参戦がある。アル=ヴァン・ランクスとの一騎打ちや後継機の登場など主人公関連のイベントも多い。
スーパーロボット大戦W
連合軍以外に、ジャスティスガンダムが第三軍として登場。また、連合軍には一部ASTRAYキャラも編入されている。条件を満たすとSEED勢が一斉に加入、ASTRAYMSの強化とイベント盛り沢山。途中ラダムイバリューダーの乱入により連合軍は撤退、以後オーガンブラスターテッカマンブレードを巡る戦いが始まる。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
連合軍に機動戦士ガンダム00の三大国家軍やコードギアスシリーズのブリタニア軍が編入されているほか、チームトリニティイザーク率いるZAFT軍が第三勢力として登場する。