2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

アルバトロ・ミル・ジュリア・アスカ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
アルバトロ・ミル・ジュリア・アスカ
外国語表記 Arubatro Mill Julia Asuka
登場作品 蒼き流星SPTレイズナー
声優 横尾まり
種族 地球人とグラドス人のハーフ
性別
年齢 19歳(第1部) → 22歳(第2部)
所属 グラドス軍 → クスコの聖女
テンプレートを表示

概要[編集]

アルバトロ・ナル・エイジ・アスカの姉で、通称ジュリア。エイジと同様に地球とグラドスの混血児。

グラドスの軍人であるアーマス・ゲイルとは恋仲で婚約し、グラドスの地球侵攻が決まった際にはエイジとは対照的に両親の意向に反してゲイルとの愛を貫く決意をして家出し、後にエイジの説得の為にグラドス軍に参加したが、ゲイルの戦死とそれを招いたのがエイジである事を知り、ゲイルの仇を討つためにゲイルのグライムカイザルの同型機ブラッディカイザルでエイジを執拗に狙うことになる。

エイジに戦いを挑むが返り討ちにあい、乗っていたSPTと共に海に落ち、海底で地球の美しさに触れ、それが弟が必至に守ろうとした物、恋人のゲイルが死の間際に感動した物であったことを知る。そして、第2部ではクスコの聖女として反グラドス運動に身を投じる事になり、終盤の重要なキーパーソンとなる。

第一部のエンディングでは最初から登場しているのだが、本編での登場は中盤から(序盤でもゲイルの回想として台詞だけはある)。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
中盤から敵として登場。ゲイルとの二択になるが、条件次第で味方に参入する。ゲイルを仲間にすると参入はせず、オーブの復興の手助けをすることに。敵・味方共に能力値は低いが、乗機のブラッティカイザルが修理機能持ちで補助系の精神コマンドに秀でているので活路は見いだせる。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
第1部の姿。ラストの隠し面でエイジを特定エリア内に移動させると味方増援として登場。ゲイルと戦闘になると会話デモがあるが、彼はDG細胞に侵されていて…。復活激励など有用な精神コマンドを覚えるが、レベル50の奇跡を覚えさせる余裕はないだろう。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。
スーパーロボット大戦64
最初は第1部の姿でゲイルの仇討ちに来るが、その後第2部のクスコの聖女の姿で再登場する。ル・カインらグラドスとの決着がついた後だが、原作通りグラドスの刻印を発動させる。
スーパーロボット大戦GCXO
第2部のクスコの聖女姿。原作通りグラドスの刻印を発動させるが、今回はル・カインも立ち会って原作再現が展開される。刻印発動後に主人公部隊が外宇宙に出るため、エイジにグラドスの行く末を託す台詞も。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

信頼幸運復活激励奇跡
J
集中信頼祝福覚醒再動

特殊技能(特殊スキル)[編集]

J
援護攻撃L3、援護防御L3、コンボL3

パイロットBGM[編集]

「メロスのように」

人間関係[編集]

アーマス・ゲイル
婚約者。彼を強く愛しており、親の意向に反してまでそれを貫いたが、それ故にゲイルの死後は実弟であるエイジを仇として付け狙う事になる。しかし、レイズナーに記録していた彼の最期の言葉を聞いて自らの考えを改める。
アルバトロ・ナル・エイジ・アスカ
実の弟。ゲイルを殺された事により、憎むべき存在となるが、後に和解した。
ゴステロ
物語開始以前に執拗に言い寄られていた。本編で会うのは第二部から。
ル・カイン
クスコの聖女としての彼女に興味を抱く。
グレスコ
第一部では上官。第二部ではクスコの聖女としてジュリアは彼との会見を望んだが、刻印の秘密を知るジュリアを危惧し、殺害しようとまでした。
ギウラ
第一部での直属の上官。第二部ではクスコの聖女となったジュリアを撃とうとしたが撃てなかった。
カルラ・エジール
好意を寄せていた上官ゲイルの婚約者と言う事でジュリアを激しく憎み嫉妬した。

他作品との人間関係[編集]

リリーナ・ドーリアン
64』では完全平和主義を唱える彼女と合流する。
カガリ・ユラ・アスハ
J』では、彼女に促されエイジと再会する。

名台詞[編集]

「私はグラドス人です」
グレスコに君は地球人とグラドス人のどちらかと聞かれた際の返答。ゲイルとの愛を貫く為に家族を捨てた過去があったからこその台詞であるが、この直後にゲイルの死とゲイルを討ったのがエイジである事を知らされる。
「あの人は私の胸で生きている。私はあの人との愛を貫く為に家族と決別し、弟のエイジとの戦いを全うしようとしているのです。私の中のあの人はその事を全て理解している。貴方の言っている嘘は彼への侮辱でしかありません」
憎い存在であるジュリアを動揺させる為にゲイルと一夜を共にしたと嘘をついたカルラに対し、全く動じる事無く嘘を見破った際の台詞。

搭乗機体[編集]

ブラッディカイザル

余談[編集]

  • 初期名称は「ラナ」であり、グライムカイザルのプラモデル説明書にもそう表記されている。