2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ガウルン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ガウルン
漢字表記 九龍
外国語表記 Gaurun
登場作品

フルメタル・パニックシリーズ

声優 田中正彦
種族 地球人(日本人)
性別
所属 アマルガム
役職 幹部クラス、コードネーム「ミスタ・Fe(アイアン)[1]
テンプレートを表示

ガウルンは「フルメタル・パニックシリーズ」の登場人物。

概要[編集]

9つの国籍を持つとされるテロリスト。中国語で九龍と書くが、祖国は日本

これまでに30人以上の要人を暗殺し、航空機の爆破も最低2回は行っているが、西側の対テロ組織には殆ど知られていない。アーム・スレイブの操縦技能にも優れ、複数存在するプラン1056 コダールの搭乗兵の中で、最もその性能を引き出しており、アンドレイ・セルゲイビッチ・カリーニンからも「知能の高い野獣」と評される程の人物であった。

そんな彼であるが、膵臓癌を患っている身であり、その事もあってか生に対する執着が希薄であり、死ぬことも恐れていない。病を患う前は逆に「自分の命は地球より重い」と嘯いている事も(その際は闇雲に死ぬような行動はしなかった)。また、ヒューマニズムというものを非常に嫌悪している。

原作においてはアフガニスタン時代に相良宗介に撃たれるも傷が浅く生還(宗介の台詞によると撃たれる前は性格がまるで違っていたらしい)、本編において「戦うボーイ・ミーツガール」「揺れるイントゥ・ザ・ブルー」の2回(アニメ版では第1作オリジナルエピソード「故郷に舞う風」も入れると3回)に渡って宗介とAS戦を繰り広げ、全て撃破されているにも関わらずいずれも生還。

その後の「終わるデイ・バイ・デイ」ではもはやまともに生きられない状態(ラムダ・ドライバの効果で生き延びはしたが体は魚の餌になったらしい)で登場し、宗介にアマルガムに関する情報を多少ながら与えたが人間らしい感情が芽生えてきた宗介を最後の最期まで否定し罵倒し「今のお前は殺す価値もない」と嘲笑い、宗介の殺意を煽るために千鳥かなめをネタにした悪質な嘘で挑発、怒りを爆発させた彼の手にかかって撃たれ今度こそ完全に死亡したが、直後に事前にベッドに仕掛けてあった爆弾で宗介を道連れにしようとした(もっとも、宗介が脱出することも見越していたらしい)。

本編における出番そのものは物語中盤で終了するものの色々とアクが強く、その強烈なキャラクター故に、一部ファンの間でも人気が高いキャラクターである。作者自身もお気に入りのキャラと称し、退場させた事を後々後悔したそうである。

登場作品と役柄[編集]

登場回数こそまだ多くないものの、スパロボでもかなりの強敵として扱われ、その強さは多くの版権キャラの中でも屈指のもの。いずれの登場作品においてもその残虐非道な数々の犯歴から、シャッセールICPO等の別の版権作品の警察組織から強くマークされている。更にテロリストの狡猾さを表現する為か、分岐やイベントで自軍戦力が万全ではない状態の時に登場することが多く、一層厄介さを際立たせている。また、彼が登場するステージは宗介(アーバレスト)の撃墜が敗北条件になっている場合が殆どな上、基本的に宗介ばかりを執拗に攻撃するためアーバレストを早期改造しておかないと初見のプレイヤーは苦労する事は間違いない。逆に言えば分岐シナリオでの登場がほとんどなのでその場合は別のルートを選べば彼との戦いは回避できるが、一番恐ろしいのは共通シナリオでなおかつ機体の改造やパイロットの強化が万全ではない序盤で出てくるということである。これが原因でガウルンは初見殺しの代名詞としてスパロボ界に名を連ねている。そしてどの作品でも最期は必ず満足げに死亡しているため印象に残りやすい。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
声優の田中正彦氏は『IMPACT』でのショット・ウェポン以来約12年ぶりのスパロボ参加(新規音声収録は『F』以来で約17年)となる。
本編においては登場自体は第2話でアイコンの上半分を隠しての登場をした後(第3話のインターミッションでキャラクター事典を見ると堂々と追加されており、ある意味『第2次Z破界篇』での藤原忍を超えたとも言える)、共通ルート第8話「戦うボーイ・ミーツ・ガール」で初戦闘。出演作に漏れず初見殺しの一つであり、一桁の話数にも関わらず見切り・ガード・底力にカウンターにサイズ差補正無視まで揃えた本物の化け物キャラである。おまけに技量の高さにものを言わせ、クリティカルを嘘みたいにガンガン連発して来る。しかも搭乗機のコダールはラムダ・ドライバのバリアでとにかく硬く(本作では軽減型で減少量が非常に大きい)、大抵弾かれるか三桁~二桁程度しか与えられない。天敵といえるバリア貫通武器が数えるほどしかないため、かなめのハッパ通りマキシマムブレイクでガードをブチ抜くべし。ただし、反撃で落とされないように注意。ジリ貧になる前に少しばかり計算すれば、何とかなる。これに精神コマンドまで使わなくて本当に良かったと安堵したプレイヤーもいるはずである。
「終らないデイ・バイ・デイ」で原作どおり自爆退場……かと思いきや、通信機を使ったトリックであり、ゲイツ共々終盤で再登場。見切りを更に厄介にしたをひっさげてやってくる。ここまでくれば多少手ごわいネームド程度の扱いだが、油断は禁物。決着を付けた後は爆死して最期を迎えた。なお、このシリーズにおいてはもともと人革連にいたらしい。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
初登場作品。全体的にステータスが高く、特に防御値は全パイロット中でもトップクラス。搭乗機ヴェノムの性能も高く、ラムダ・ドライバECSなど特殊能力に恵まれており、かなりの強敵。本作ではプラン1056 コダールに乗った彼とは、イベントやツメスパロボでのみ戦闘する。
彼との決着シナリオ「奪われた女神(後編)」においては、一度撃墜するとHP10で復活し原作の自爆イベントの再現が始まる。ターン制限の上での離脱ミッションになるが、敗北条件として自身の撃墜と味方機の撃墜が追加される。撃墜した時に傍に居たユニットは底力補正によって落とされかねないので、十分に注意を。
スーパーロボット大戦W
1部序盤から登場。今回は分岐次第でプラン1056 コダールと通常戦闘可能。ヴェノムはプラン1058 コダールiに名称変更された。今回もパイロット・乗機とも優れたパラメータを誇り、更に多くのシナリオで「集中」や「覚醒」などの精神コマンドを無制限に毎ターン使うためJに続いて強敵である。2部では高確率である版権キャラをボコボコにする。原作とは異なり、最期はボロボロの身体を引き摺って宗介との一騎打ちに臨み、彼の手にかかって最期を遂げる。比較的難易度が易しい本作においてはぶっちぎりに危険な存在。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦V
本作での時系列が『TSR』以降になっているが、夏姉妹と共に生存している設定で登場。今作では自軍の戦力が十分に整った状態で戦う事になるため、過去作程の脅威ではない。それでもゲイツや夏姉妹と同時に出てくるので、油断は禁物。
最後は原作や過去作スパロボでは実現しなかった、レーバテインに乗り換えた宗介と対決。流石の彼もレーバテインの性能には舌を巻いており、珍しく動揺する姿が見られる。最後は敗れ、満足気に死んでいった。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

レナードが本格参戦する『第3次Z時獄篇』以前の作品では事実上『フルメタ』最強の敵だけあり、全ての能力が嫌になるほど高い。特に防御射撃に優れ、ヴェノムの性能を無駄なく発揮して来る。なお、『W』では後半に出てくるゲイツより強い。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

J
斬り払い撃ち落しカウンターヒット&アウェイ底力L9、援護攻撃L4、指揮L4 コンボL4
W
斬り払いカウンターヒット&アウェイ気力限界突破、 底力L9、援護攻撃L4、指揮L4 マルチコンボL2
第3次Z時獄篇
底力L3、見切り)、ガード闘争心気力+ (ダメージ)カウンターL8、サイズ差補正無視L3、マルチターゲット
物語後半になる度にスキルLvが上がり、上位スキルがある場合は既存スキルに上書きする形で習得していく。

人間関係[編集]

レナード・テスタロッサ
幹部。ガウルン曰く「いけ好かないガキだが、面白い」との事。彼もレナードから歪んだ世界と運命の話を聞かされていた。ガウルン自身はそれを疑うことはしなかったが、興味を示すこともなかったという。
第3次Z時獄篇』では彼に香港の件をとりなして貰った。
ゲイツ
幹部。ガウルン曰く「凄腕のイカレ野郎」との事。ただし「凄腕」なのはイカレ方であり操縦の腕ではないらしい。
V』では玉芳達に対する仕打ちもあってか、彼のことを快く思っていない。
ザイード
部下。アニメ版オリジナルエピソード「故郷に舞う風」に登場。
夏玉芳夏玉蘭
養女。先生と呼ばれておりガウルン自身もそれなりに可愛がっている様子。
相良宗介
昔からの因縁の相手。彼を「カシム」と呼び、執着し、彼とは幾度となく激しい死闘を繰り広げる。なんだかんだ言って彼のことを気に入っている様子。最終的には彼の手にかかって死亡する。
宗介はガウルンを「人間の屑」と断じているが、同時に「命の儚さを知り、戦士の不文律だけは守る男だった」とも語っている。レナードに同調しなかったのもこの、ガウルンにとって唯一絶対のルールである戦士の不文律ゆえであり、宗介との唯一にして決定的な違いは「命の儚さ」を楽しむか否かという一点だけであった。
千鳥かなめ
因縁の相手の最も大事な存在。ウィスパードゆえに幾度も彼女を付け狙う。死ぬ直前に彼女のことを「宗介を堕落させた最大の癌」と評している。
アマルガム幹部
前線で働く実行役として各地を転々としていたため、他の幹部とも連絡を取り合うことが多かった。しかし、その思想や人間性を危険視されてか反りは合わず、関係は余り良好ではなかったとされる。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

ジェラード・ガルシア
W』では序盤に彼に雇われる。
リリーナ・ドーリアン
『W』ではかなめ共々彼女も拉致しようとする。だが、それを例の男が許す訳も無く…。
張五飛
『W』ではハイジャック戦で共闘。
トロワ・バートン
『W』ではハイジャック戦で共闘。後にダナンで彼を銃撃し重症を負わせる。ガウルン自身は仕留めたと思っており、一緒に撃たれたゲイルは死亡したというのに、彼は命に別状はなかった。ストーリーの都合とはいえトロワ恐るべしである。
第3次Z』ではシャッコと共にダナンの拘束室で見張られているために口数の少なさに辟易する場面がある。
ヒイロ・ユイ
『W』ではハイジャック戦で対決。お互いの素性を知っていた。彼を「プリベンターの告死天使」と称する。
『第3次Z』においてもハイジャックで顔を合わせた。
カガリ・ユラ・アスハ
『W』にてスカイグラスパーで自身に挑む彼女を「自殺願望の塊」と称して嘲笑した。確かにスカイグラスパーラムダ・ドライバを発動させたプラン1058 コダールiに挑むなど、無謀極まりない。
アリー・アル・サーシェス
共通点が多く似ている人物であるが少なくとも両者の最も違う点は「生に対する執着の有無」であろう。『第3次Z』では戦闘台詞において名前を出す他、『X-Ω』では彼とともにヴァンアインを追い詰める。
カトル・ラバーバ・ウィナー
『第3次Z時獄篇』においては、彼からも「野獣」と評される。

リアル系[編集]

タカスギ・サブロウタ
W』ではガウルンの移送の際「知能を持った野獣」として扱うように言われていたが、その凄まじい暴れっぷりに、「野獣と言うより悪魔」と評した。
早乙女アルト
第3次Z』にて、ハイジャックを起こしクラスメイトを危険な目に合わせたガウルンに対して激しい怒りを見せた。
キリコ・キュービィー
マーティアルから彼が「触れ得ざる者」であるという話を聞いていたが、それでも躊躇なく牙を向ける。

スーパー系[編集]

Dr.ヘル
J』では彼に招聘され、手を組む。
あしゅら男爵
『J』では何度も共闘。異形の姿で尚且つ詰めの甘い彼のことを「見た目だけじゃ無く頭も悪い化け物」と陰口を叩いている場面も。
塞臥
『J』で共闘する。
兜甲児 (OVA)弓さやか
『J』にてかなめ共々彼らを拉致する。その縁もあり、ちょっとした因縁ができる。
兜甲児 (真マジンガー)
第3次Z』にて、アルト同様ガウルンに対して怒りを見せる。
獅子王凱
W』では彼の事を皮肉交じりに「キング」と呼ぶ。彼からはラムダ・ドライバの力を「Gストーン」と同等とされ、危険視される。
天海護
『W』では彼を「緑色の子供」と呼ぶ。同ステージで登場するの中の人とは特に関係ない。
ユミ・フランソワナターシャ・パブロチワダービット・クリューゲル
『W』では戦いにまだ馴染みきっていない彼らにその圧倒的な強さを見せつけ、彼らに対して絶望を植え付けた。
モロトフ
『W』の第2部で大抵ガウルンに突っ込んではボコボコにされてしまう哀れな人。ガウルンにとって彼は「カシムとのデートを邪魔する無粋な奴」である。
金田正太郎
『第3次Z』ではガウルンはICPOから目をつけられるほどの犯罪者として指名手配されている事が正太郎の口から明かされる。ガウルンのやってきたことを考えれば当然の話である。

バンプレストオリジナル[編集]

紫雲統夜
甲児やさやかと共に拉致されてしまう。因縁が出来るのも一緒で、戦闘前会話も多い。
カズマ・アーディガン
彼に「まさに外道!」と言われるも、そう言われて嬉しそうだった。
ヒビキ・カミシロ
初対峙の際にやはり、憤りを隠しきれなかった。

名台詞[編集]

「愛してるぜぇ~、カぁシムぅ~」
ガウルンを象徴する台詞といえばやっぱりこれである。
「やれやれ。あんた五月蝿いな……」
かなめを拉致するのを神楽坂恵里先生が咎めた際に彼女を軽く射殺しようとした寸前の台詞。この後に宗介が彼の気を引いて阻止する。
ガウルンが気に入らない人物を殺害する際は同様の台詞を吐くことが多い。
「後二十秒…ウソ!ホントは十五秒切ってます!ヒッ、ハァーッ、ハッハッハァ!」
ダナンの甲板にて、ヴェノムを自爆させんと宗介のアーバレストに組み付きながら。悪趣味ここに極まれリ。
「死体をASから引っ張り出して、カマを掘ってやろうかとも思った。いや、これは冗談。クク……ヒィ――つ、ヒッヒッヒ!ほ、ホントだって!」
アレすぎてアニメ版ではカットされてしまった台詞。宗介はアフガンゲリラ時代に何度も強姦未遂に合ってるので、冗談とは言い切れない。
「いいか?弱者は強者に寄生するんだ。優しい仲間だの信頼だのをチラつかせて強者の力を骨の髄まで吸い取るのさ」
彼の弱者観。
「そうか……達者でな」
TSR』第12話にて、別れの挨拶に現れた玉芳に対して。普段の彼からは想像もできないような、慈愛に満ちた口調で彼は養い子を死地へと送り出す。
彼女を含む部下を「手足」と考えて使い潰す事にも躊躇の無い彼だが、敵対していた宗介の事を何だかんだで気に入っていた様に、養女として育てた彼女に対しての思い入れは確かにあったのだろう。
だよ、カシム。まだ知らせが来てないかな?」
「俺は一部始終を聞いたぜ。あの可愛い制服姿がグッチャグチャだとさ。気丈なことに命乞いはしなかったそうだ。最期の言葉は「ゴメン…」だと。これは誰に言ったのかな?泣けるね~。」
「ほぉんとうさ。その写真をここで見せて絶望するお前の顔を見たかったが――まあ、それは我慢するとしよう。だってなぁカシムってば結構、ダメージ見え見ぇ?」
「東京の女~もう間に合わない♪ あ~かわいそカナメちゃん。イイ娘だったのに~♪」
早晩死ぬ自分の道連れに宗介を堕落させた最大の癌…千鳥かなめの殺害を命じたと語り始める。だが嘘だと信じない宗介に立て続けに言い、果てには節をつけて歌い上げ宗介の殺意を煽る。
「そうだ、俺が殺した!! さぁ憎め!!」
最期の台詞。かなめの死を示唆して宗介を挑発、直後に銃殺された。もっともガウルンはこの時点で既に自分だけ死ぬことを見越しており、自爆装置を仕掛けてはいたが宗介が脱出することも想定していた。宗介の読みでは「俺は死ぬが、お前は生きて苦しめ」らしい。
(ああ、そうそう)
(ゲリラのASな。操縦兵はなるべく生かして捕えてみるといいぜ。きっと面白いものが見られる)
「極北からの声」にて、アフガン時にカリーニンに対して。この当時は敵対関係ではなく、そんなガウルンの指し示すモノはというと

迷台詞[編集]

「う~ん、どっちかって言うと、コイツの嫌がる顔が見たいだけだった。何だかんだで付き合い長いしねぇ」
TSR』のおまけドラマCDでの迷言。突如として陣代高校に現国教師として襲来し、無茶苦茶な問題を宗介に出題しまくった挙げ句、宗介の体(しかも宗介とガウルンの言動から察するに色々な意味で相当危ない部分)を触るという行動をかなめに「ガウルンさんってホモなんですか?」と問われて、ぶっちゃけた台詞。果たして本音なのかどうなのか…。このドラマCDでの宗介とのやり取りはとにかく爆笑もので、色々と必聴である。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

携帯機シリーズ[編集]

J[編集]

「はぁ? バカかお前。俺がやりたいからに決まってんだろうが。ハハハッ! あいにくと俺もあんまり時間が残っちゃいないんでねぇ。さぁ楽しもうぜぇ、カシムのお友達くんよぉっ!」
第29話「地獄城の激闘!」に於ける統夜との戦闘前会話より。「なんでこんな状況で、あんたはこんなことをやってる!」と言われた際に返した台詞。後先短いガウルンにとって未来は必要なものではなく、大事な事は目の前の戦い、そして宗介との戦いだけだった。
「クククッ、やれるのか? やってみろよ、カブト・コウジくーん。ハハハハッ!」
同上。戦闘前会話。最強の魔神・カイザーを前にしても、ガウルンの自信にはいささかの揺らぎもない。

W[編集]

「結構な褒め言葉をありがとうよ」
第2部第35話「熱砂に吹く風」より。ザイードが宗介の昔の知り合いであることを知りながら彼をけしかけ、その事をカズマに「まさに外道!」と言われて。
「これはお笑いだ! このお嬢ちゃんはまるで自殺願望の塊だぜ!」
同上。カガリとの戦闘前会話より。無謀にもスカイグラスパーで意気揚々と自身に挑む彼女への発言。
「へ……やっぱ、最後はコイツでケリをつけさせてもらうぜ」
「最初で最後の意気投合がまさかこんな事だとはな……来な、カシム!」
第2部第44話火星ルート「帰るべきデイ・バイ・デイ」より。月面ゲイツを倒した後、宗介がノイ・ヴェルターの面々を先に帰還させた後、サベージで彼の前に現れ、ボロボロの自身の身体を引き摺ってまで宗介にAS同士の一騎打ちを所望するガウルン。やはり最期は因縁の宿敵である彼の手にかかって死ぬ事を望んだのだろう…。
「楽しかったぜ、カシム…」
同上。最期の台詞。人間味が出てきた宗介の姿を嘆き、嫌悪し、嘲笑しながら自爆して果てた原作とはかなり異なり、正統派の好敵手らしい、「敵ながら天晴れ」とも言うべき見事な散り様である。どこか彼らしかぬ安らかさを感じられる台詞である。この展開には、多くのファンも驚き、普段の意地悪さとは異なり、潔くどこか安らかさすらある彼のその最期の姿を、「綺麗なガウルン」と称するファンもいる。

Zシリーズ[編集]

「あのサーシェスを潰した連中だ!楽しめそうだな!」
第3次Z時獄篇』にて対ソレスタルビーイング。やはり知っているらしい。
「いいねぇ、その目。背負った硝煙の匂いにむせるぜ」
『第3次Z時獄篇』にてキリコと対面して曰く。何のネタか語る必要はあるまい。
「知ってるぜ、マジンガーZ!映画で見たより随分と小さいんだな!」
『第3次Z時獄篇』第8話での甲児との戦闘前会話。ガウルンもあの映画を見たんだろうか?
「やれやれ…こんな海の底じゃ逃げ出す気にもならねえってのによ…」
「どんな拷問でも我慢するからとりあえず、監視役を変えて欲しいもんだぜ…」
『第3次Z時獄篇』第30話「揺れるイントゥ・ザ・ブルー」にて。監視役のトロワとシャッコの無口っぷりにはさすがのガウルンも辟易していた。
「ハハハハハ! ありがとよ、最高の人生だったぜ!」
『第3次Z時獄篇』での最期の台詞。その瞬間まで高笑いを上げつつ、稀代の凶獣はヴェノムの爆発と共に消えていった。ちなみに直前の宗介の台詞ともどもDVEである。

単独作品[編集]

「相変わらず、素直な奴だ。どうして、あそこにいた俺が本物だと思う?」
「楽しもうぜ、カシム。そのために俺は地獄から舞い戻ったんだからよ」
V』独自ルート第25話より。自身の手で殺した筈のガウルンが生きていた事に驚愕する宗介に対して。
どうやら香港で死んだのは替え玉だった様である。
「楽しかったぜ、カシム~!」
「このクソみたいな世界でお前と出会えた事は最高の幸せだったぜ、カシム~!」
「順番が逆になっちまったな、カシム!先に地獄で待ってるぜ!!」
『V』宇宙世紀世界ルート第31話より、最期の台詞。ダカールにてレーバテインを駆る宗介に死闘の末に敗北するも、どこか満足気に散っていった。

搭乗機体[編集]

プラン1056 コダール
プラン1058 コダールi

余談[編集]

  • スーパーロボット大戦64』に登場するリッシュ・グリスウェルや『機動戦士ガンダム00』に登場するアリー・アル・サーシェスはガウルンと色々と類似点が多いキャラクターである。
    • 特にリッシュとはそれぞれの初出演媒体作品の発売時期がほぼ同じであるなど、偶然の一致がすごいが、一方でリッシュはガウルンといくつもの共通点を持ちながらもガウルンと違って善人ということもあり、一部のファンから「綺麗なガウルン」と称されている。
  • フルメタル・パニックシリーズ』も手掛けたアニメ制作会社の京都アニメーションによるアニメ版『らき☆すた』第12話では、世界最大級の同人誌即売会であるコミックマーケットの会場にて販売されているガウルンと宗介のカップリングの(架空の)女性向け同人誌が登場し、それを読んだ登場人物の一人・柊かがみが赤面する場面がある(しかもこのシーンではっきりとかがみが「ガウルンが宗介を…」と発言している。ちなみに彼女は『フルメタル・パニックシリーズ』のファンという設定である)。尚、その回の脚本を担当したのは他ならぬフルメタの原作者である賀東氏本人である(更に余談だが、賀東氏はコミックマーケットの運営スタッフ経験者でもある)。
  • フルメタの原作者である賀東氏はスパロボファンとしても知られるが、実際に『J』や『W』をプレイした際はガウルンのあまりの極悪な強さに「俺には接待してくれ」と嘆いたらしい。

脚注[編集]

  1. もともと水銀は各種金属と合成することで合金(水銀合金=アマルガム)が作れるが、鉄とは合金を形成しない。アマルガムに所属しながらも水銀と混じることがない鉄がコードネームとなっているあたり、アマルガム側も彼が黙って組織に従う人間ではないことに気付いていたようである。