ユミ・フランソワ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ユミ・フランソワ
外国語表記 Yumi Francois
登場作品 宇宙の騎士テッカマンブレードII
声優 國府田マリ子
SRWでの分類 パイロットテッカマンイーベル表記)
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人テッカマン
性別
年齢 16歳
所属 スペースナイツ
テッカマン テッカマンイーベル
テンプレートを表示

ユミ・フランソワは『宇宙の騎士テッカマンブレードII』の主人公

概要[編集]

新生スペースナイツの一員で、テッカマンイーベルにテックセットする。天真爛漫でドジな部分から「大ボケユーミ」と呼ばれることも。

幼い頃、両親をラダム獣に殺され、その際に自分を助けてくれたテッカマンブレードに憧れ、スペースナイツのテッカマン候補に志願。適正検査は散々で本田の元で整備班として日常を過ごしていたが、如月アキの独断(実はDボゥイの御指名)で3人目の地球製テッカマンとなった。

Dボゥイが彼女をテッカマンに指名した理由は、小説版において明かされている。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
第1部では東京でのラダム樹の早咲きに巻き込まれている描写がある。第2部で参戦する。変身するテッカマンイーベルの持つリアクターボルテッカの性能の良さのお陰で、後半部からの登場かつ能力的にはテッカマン組でも最下層であるにも関わらず、トップエースを狙える。
人間的には原作でのアキへの嫉妬などの描写がほぼ無くなり、ブレードに対しても好意を寄せていたが、自ら身を引いた。スパロボ補正が働き、原作に比べてかなり印象がよくなっている。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

W
脱力 努力 集中 熱血 感応 

特殊技能(特殊スキル)[編集]

W
斬り払い底力L6援護防御L3マルチコンボL3

人間関係[編集]

Dボゥイ
憧れの人。
如月アキ
上司だが、それ以上に恋のライバルでもある。
ナターシャ・パブロチワ
チームメイト。当初はかなり険悪であったが、テッカマンとして責任感を持つと共に打ち解けていく。が、その後もユミの性格に振り回される事も。
ダービット・クリューゲル
チームメイト。たびたびユミにアドバイスを送る。なお、彼も片思いの相手が恋人を持つ事に悩むという共通点を持つ。
ハヤト・カワカミ
イーベルの支援機ブルーアース号γのパイロット。ハヤトはユミに好意を寄せているが、ユミは気づいていない。
本田
整備班としての上司であり、彼女を「ユーミ」と呼ぶ。「大ボケユーミ」も彼の言だが、この呼び名を嫌っている様子もなく受け入れている模様。
デッド・エンド
当初は敵対していたが、『ブレードII』の最終話以降は頼もしい仲間に。
ジュエル
II本編の後日談である小説『水晶宮の少女』(川崎ヒロユキ・著、メディアワークス・刊)に登場する異星人。ファルス人という結晶の身体で構成されており、ラダムの襲来に対し戦う術を持たないため地球に来訪、スペースナイツに救いを求める。ユミとは星々を越えた友人同士となる。
ミユキ
ドラマCD、『若草色の少女ミユキ』に登場するユミが幼い頃からの友人。前作で亡くなっている相羽ミユキと容姿から性格まで酷似しているだけでなく様々な共通点があるが、素性は謎に包まれている。判明しているのは、人間ではないということのみである。

他作品との人間関係[編集]

相羽ミユキ
W本編では彼女と会話するシーンこそないが、彼女を援護攻撃した時の特殊援護台詞はしっかりと用意されていたりする。
光竜闇竜
Wでは落ち込んでいた時に彼女達と出会い、親しくなった。
真道トモル
Wではトモルがノイ・ヴェルターに加わる前から知り合いだった。
ホシノ・ルリ
WではEDで彼女が上司に。
ゲイツ (フルメタル・パニック!)
W本編戦闘前会話にて、何故か気に入られてしまう。ナンパ(?)を受けるが、全力でお断りしている。

名(迷)台詞[編集]

「きゃあああっ!!わかんなぁぁぁいっ!!」
第1話、初めてリアクターボルテッカを放つ際に。スペースナイツの危機を救おうとユミはテッカマンイーベルにテックセット、無我夢中でラダムの異星テッカマンに向けて放つが、偶然ながらも施されたリアクターボルテッカは戦いに慣れていない彼女にとって制御できるような代物ではなかった。
「そ…そんな…!私はただ、みんなを助けようと…!」
第1話ラストより。リアクターボルテッカは拡散、復興したオービタルリングの一部を破壊してしまう。事の重大さが呑み込めないユミはこの台詞で反論するが、憤慨したナターシャに頬を打たれてしまうのだった。
「チーフは…どうしてあんなに冷たく戦えるの…?」
第2話、テックセットしかつて『白い魔人』とまで呼ばれたテッカマンブレードのごとく、異星テッカマンを葬り去るアキの姿を見て。この時、ユミを含めた地球製テッカマン達は同胞の亡骸に慟哭する異星テッカマンの姿を見て敵にも感情がある事を知ってしまい、彼らと戦う事を躊躇ってしまっていた。
「もしかして、DさんのDって…ドリームのDですか?」
第3話より。諸般の事情で基地の地下に隠れていたDボゥイと出会い、彼のニックネームの由来を述べる。もちろん、第1次ラダム戦役の記憶も知らないユミの勝手な思い込みに過ぎない。だが、当のDボゥイはあまり悪い気はしないらしい。
「ラダムを倒せば良いんですか……チーフみたいに強くなってラダムを倒せば……あの人は私を認めてくれるんですか?」
第3話、アキが憧れのDボゥイの恋人である事を知って、嫉妬の炎を燃やす。さらには衝動的に命令を無視し、ハヤトを巻き添えにしてラダムを倒そうと勝手に飛び出す。余談になるがこの台詞の際の表情はかなり恐ろしく、今で言うヤンデレの様相を為していた。
(や…やられちゃうのかな…私も…地球も…)
(みんな…私のせい…そんなの…やだ…)
(嫌だよぉーーーーッ!!)
第3話にて、異星人テッカマンの反撃に遭い死を覚悟した際の台詞。だが、この後新生スペースナイツの危機の前に、ユミの憧れである白い魔人が現れる。
「そうだチーフ!やっぱり私、あの人の事を諦めません!いずれチーフから奪っちゃいますから……よろしく!」
ラダム艦隊を撃退した後、アキに対して勝手に宣戦布告をする。当のアキは大人の余裕であっさりと受けて立った。
「なんでちゃんとしないんですか!?そんな人、私嫌いですっっ!!」
第6話。デッドの救援に行こうとする素体テッカマンたちが自分たちの制止を受けないのに対し、こう激怒してリアクターボルテッカをぶちかます。そうとう激怒して、さらに緊張していたのか、事が済んで、ナスターシャから「もういいわ」と告げられたとき、思わずへたれこんでしまっていた。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「すごいですね、Dさん!ブラスターテッカマンって向かう所、敵なしですね! あたしもフリーマン司令に頼んでブラスター化させてもらおうかな!」
第2部第43話「記憶の底から」より。ブレードがブラスター化を果たして。その直後にDボゥイに自分のことを忘れられてしまい…。
「Dさん…今、あたしわかりました。DさんのDはデンジャラスじゃなくドリームのDだって…」
「あたし…頑張ります…!Dさんがあたし達に託した夢のために…!」
第2部第50話「静止した時の二人」より。原作の迷台詞が元ネタだが、これはTV版における「時の止まった家」でのイベント時のもの。シチュエーションも相まって、『W』におけるユミを象徴する名台詞となっている。
「Dさんにはチーフがいる!だから、あたし…もうちゃんと吹っ切ったもん!」
「だけど、Dさんの夢は忘れない!だから、あたしは絶対に負けないんだから!」
同上。ソードとの戦闘前会話より。原作とは打って変わった前向きな発言である。
「みんな!顔を上げようよ!まだ何も終わってないんだから!」
「Dさんが言ってたじゃない!Dさんは思い出の中で生きるって!」
「でも、人類が滅んじゃったらDさんの思い出も消えちゃうんだよ!」
第2部第51話「燃え尽きる命」より。ラダムとの決着直後の会話シーン。Dボゥイの結末に一同が衝撃を受け、また悲しむ中で、「前に進まないと何の意味もない」と、落ち込むメンバーを鼓舞する。
「もうあたしも子供じゃないんですからこれからは憧れじゃなくて本当の恋を探します!」
エンディングより。