2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

テッカマンブレード

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
テッカマンブレード
外国語表記 Tekkaman Blade
登場作品
異名 白き魔人
分類 強襲突撃型テッカマン
全高 2.32 m
重量 81 kg
次形態 ブラスターテッカマンブレード
変身者 Dボゥイ(相羽タカヤ)
デザイン 佐山善則
テンプレートを表示

テッカマンブレードは『宇宙の騎士テッカマンブレード』『宇宙の騎士テッカマンブレードII』に登場する生体兵器。『宇宙の騎士テッカマンブレード』の主役機である。

この項目ではペガスに騎乗した形態についても説明する。

概要[編集]

宇宙の騎士テッカマンブレード』の主人公・Dボゥイ(相羽タカヤ)がテックセットした姿であり、パワードスーツの類である。

第一次ラダム戦役時(宇宙の騎士テッカマンブレード)[編集]

父、相羽孝三の手によりテッカマンへのフォーマットの途中で救出され、地球へ送り出された不完全なテッカマンである。それゆえ、ラダムに心を支配されず人間の心を持ったままで居られたが、テックセットしてから30分経つとラダムの戦闘本能に心を支配され、暴走してしまう(この時に目が緑から赤へと変わる)。さらには、不完全なテッカマンのまま戦い続けた為に、テックセットの度に肉体の組織崩壊を起こし、Dボゥイの身体はボロボロになるまで蝕まれていた。

終盤でブラスターテッカマンブレードに進化する。

第二次ラダム戦役時(レーザーディスク版特典映像『MISSING LING』)[編集]

Dボゥイはまだ廃人の状態であったが、再び侵攻してきたラダムが作った新しいクリスタルによって再フォーマット化を果たす。ラダムから送られる精神波によって暴走状態となり、さらには地球上の素体テッカマン達も連鎖反応で暴走させてしまう。最終的にはテッカマンアキによって止められ、元の状態に戻った。

なお、元々不完全なテッカマンだったブレードだが今回の再フォーマット化によって完全なテッカマンへと変身可能となり、ブラスターテッカマン程ではないが高い戦闘能力を得る他、変身のタイムリミットも無くなる。つまり、これが本来の完全なテッカマンブレードなのである。なおブラスター化自体は保持している物の、暴走状態の際にワームホールを生成してしまった事で地球が消滅する危機を招いたため封印している。

第三次ラダム戦役時(宇宙の騎士テッカマンブレードII)[編集]

第二次ラダム戦役後はDボゥイが精神波でラダムを引き付けないように地下に隠れていたため、しばらく活躍はしなかった。しかし、ユミら地球のテッカマン達がラダムとの戦いで窮地に陥ると、地球から颯爽と登場。再フォーマット化によって得た力で次々とラダムを圧倒する。その後、デッドとの戦いで敗北するものの、ユミとの特訓によって会得したボルテッカクラッシュイントルードでデッドに勝利した。

再フォーマットの影響なのか外観の細部が変化している(目立つところでは額の黄色だったクリアパーツが緑色に代わっている、など)。

登場作品と操縦者[編集]

ブレード=テックセットしたDボゥイ本人である。JのインターミッションではパイロットがDボゥイ、出撃準備時はブレードとなり顔アイコンも変化するが、ステータスは同じ。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
初登場作品。サイズ差無視がない作品ではあるが、ボルテッカの火力は既に十分過ぎるほど高い。ただし、本作では命中率がゼロだと敵が狙ってくれないため、運動性の上げすぎには注意すること(『W』では改善されている)。本作ではペガスが単独機体として使用可能なため、関連の深い機体としてブレードの改造段階が反映される。ハイコートボルテッカが途中で使えるようになるが、その直後にブラスター化するためあまり意味がない。
スーパーロボット大戦W
『スローランサーが削除』『ペガスが換装パーツ扱いに変更』『クラッシュイントルードがマルチコンボ対応化』など、武器や機体周辺の変更点が多い。ボルテッカ系武装にサイズ差無視がついたため、さらに火力向上。また『宇宙の騎士テッカマンブレードII』が参戦したため、第2部では『II』デザインで登場(パイロット側のアイコンも変化)、さらにボルテッカクラッシュイントルードも使用可能になった。が、その直後にブラスター化するので注意。逆にハイコートボルテッカは今回長く必殺武器として使う事に。なお、今回は『J』以上にブラスター化が遅く、2部後半までお預け。ちなみに第2部版ではパイロットの各能力の基本値が第1部版より10アップするが、ブラスター化修得後は元に戻ってしまう。
本機の回避性能に加え、クラッシュイントルードはザコ敵のHP削りに最適の武装なので、1周目第1部では武器改造は極力控えたほうがいいかもしれない。

装備・機能[編集]

接近戦と遠距離戦の両方に対応可能な武器を持つ。『J』と『W』では使用武装や、武器性能に一部違いがある。サイズSSに分類されるが、ボルテッカの威力は無茶なほど高い。もちろん、サイズSSならではの高い回避性能も持つ。後半ではブラスター化が可能になり、さらに手に負えなくなる。

サポートユニットのペガスに乗ることが可能。この状態は「テッカマンブレード+ペガス」と表記される。基本的にブレード単独で使うよりも、ペガスに乗った方が2人分の精神コマンド移動力アップ(ただしには降りられなくなる)、サイズがSSからSになって与ダメージが増えるといったメリットがある。ちなみに原作ではペガスから降りて戦っている事が多い。

『J』でのペガス合体分離可能な別ユニットだったので「分離→攻撃→合体」で手数を増やしたり、ペガスの補給装置でENを回復させる戦法が取れた上、ペガスには乗ったまま出撃可能なので出撃枠を圧迫されることもなかった。だが『W』では換装パーツ扱いになり、分離戦法は不可能となった。その代わり、ペガスに乗った状態で撃墜されても修理費を取られなくなっている。

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

テックランサー(格闘・斬り払い対象)
射程がある無消費のP武器で、テッカマンブレードの主力。『J』・『W』共にコンボ対応。『J』では単体版とコンボ版の2種があり、前者の方が威力が高い。『W』では第2部でII版に変更され、やたら動き回ってカッコいい。トドメ演出でIIでユミ達のピンチに駆けつけた際の無双状態の締めが再現。
なお、『J』・『W』ともにランサー接続時に左のランサーをガチッとロックしている。
クラッシュイントルード(格闘)
敵めがけて突撃する。
低燃費で使い勝手の良い遠距離攻撃。『W』ではマルチコンボ対応武器となった。『W』第2部でIIにおける地球から宇宙にいるユミ達のピンチに駆けつけた際の演出が再現される。
ボルテッカ(射撃
体内のフェルミオンエネルギーを超速度で放出する、ブレード単独での最強攻撃。1回のテックセットにつき1回しか使用できない。
スパロボではENが許す限り連発可能で、自分の生命を脅かすこともない。というか、『J』だと燃費が非常にいいので連発上等となる。通常兵器版と、前方直進型マップ兵器の2種類がある。通常版の射程は3~8で、至近距離には攻撃できないが、ペガスに突撃があるので割と何とかなったりする『W』第2部ではII版に変更され、トドメ演出まであるが、ペガスから降りないと使えないという仕様上、まともにやるとデッドとの一騎打ちくらいでしか使わず、気付かなかった人も多いと思われる。Dボゥイ役の森川氏はこの叫びでマイクを二本壊したという伝説を持つ。
テックシールド
腰の後部アーマーを取り外して使用できる小型の盾。
テックワイヤー
テックシールドに内蔵されたワイヤーを射出する。手放したランサーを回収したり、敵を縛り上げることができる、旧作テッカマンでいう「テックウィン」に相当する装備。

[編集]

スローランサー(格闘
分離状態のテックランサーを投げつけてテックワイヤーで回収する。
性能的にテックランサーと被るためか、『W』では削除された。お陰で接近戦での射程が短くなる事に。
ボルテッカクラッシュイントルード(『W』のみ・格闘)
巨大な球状のフェルミオンエネルギーを放り投げた後、自らその奔流の中に飛び込んで敵に突っ込む。
『II』でブレードが習得した技。ブレード念願の格闘必殺武器で、威力はハイコートを超えるが、何とプレイヤーの手で一度も使えないまま習得した次のシナリオでブラスター化してしまう。ブラスター化しても使えるが、今度はブラスターボルテッカに威力も燃費も劣るという悲劇が待つため、『J』におけるハイコートボルテッカ枠扱いされた(使えるだけマシだが)。接近戦型の機体を援護する目的なら使えなくもないが、大抵は隣接しているはずなので……。
ペガスフォーメーション(『W』のみ・ペガス必須・格闘)
ペガスとの連携攻撃を行う。
EN効率は良くない。第2部で演出が変化。ちなみにIIのブレードはペガスに乗らない(と言うより、本来アキが乗るペガスIIにペガスのメモリーが移植されているので乗れない)。
ハイコートボルテッカ(射撃、ペガス必須)
ペガスに乗っている状態から放つ、フェルミオン砲のエネルギーを利用したボルテッカ。
こちらも通常兵器版と、前方直進型マップ兵器の2種類がある。通常版の射程は3~8で、至近距離には攻撃できない。『J』ではペガスに乗っている場合、通常のボルテッカとハイコートボルテッカを両方使えたが、『W』ではハイコートのみとなった(その分、燃費はボルテッカと変わらない。『W』のボルテッカは燃費があまりよろしくないが)。
『J』では習得した2話後にブレードが離脱し、復帰後には既にブラスター化しているため使わなくなるという悲劇が待つ。…原作でもたった2回しか使わなかったので原作再現とも言える。とはいえ、鳴物入りで登場した新必殺技が僅か数話で全く意味をなさなくなるというのはプレイヤーの間でかなりインパクトがあったようで、『W』における後述のボルテッカクラッシュイントルードや、『L』におけるダンクーガノヴァのゴッドビーストモードを「Jのハイコートボルテッカ枠」とネタにする声もある。この使用期間の短さを考慮したのか、『W』では事実上ブラスター化するまで長期間ブレードの必殺武器であり続ける。

合体攻撃[編集]

全て最低射程が1の中~遠距離射程なので、射程1~2に単体攻撃版ボルテッカが撃てない弱点をフォローできる。ダブル・ボルテッカ以外は、ペガスやブルーアースの有無を揃える必要がある。Jではブラスター化しないと合体攻撃が使えなかったため、以下は全部『W』のみの仕様である。

ダブル・ボルテッカ(射撃)
妹の相羽ミユキがテックセットした、テッカマンレイピアと共にボルテッカを放つ。ペガスの有無に関係なく発射可能。ベスナーとゾマーも同名の合体攻撃を持つが、威力は相羽兄妹の方が明らかに上。テッカマンチームの合体攻撃中でも最強クラスの威力。バリア貫通&PS装甲貫通&サイズ差補正無視を完備。ちなみに通常のブレードがレイピアと合体攻撃出来るのはWのみ。しかもII版という縛りがある。Dボゥイミユキの声がこの二人と同じ為か、一部のファンからはランページ・ゴーストとからかわれることも……
ダブル・ランサーコンビネーション(格闘)
恋人の如月アキがテックセットしたテッカマンアキと共に、テックランサーを駆使した連携攻撃を放つ。他の2種の合体攻撃より威力で劣るが、燃費がよく中射程のP武器なのが強みで、どちらかというとボルテッカのないアキの火力を補う合体攻撃となる。また、バリア貫通効果を持つ。トドメ演出では2人はイチャイチャしているため、ラブラブランサーとも称される。
ダブル・リアクターボルテッカ(射撃)
ユミ・フランソワがテックセットしたテッカマンイーベルのリアクターボルテッカと、ボルテッカを同時に放つ。威力はレイピアとのダブル・ボルテッカと同等なので、ブラスター化後は共にWの全合体攻撃中で最強クラスの威力を持つ。バリア&PS装甲貫通、サイズ差補正無視を全て備える。戦闘アニメ時は必ずBGMが「GIVE OUT YOUR LIGHT」になる。ちなみに原作でも同じ技を披露している。

特殊能力[編集]

HP回復S
EN回復S
合体(『J』のみ)、換装分離
『J』ではペガスへの乗り降り、『W』では一方通行の分離を行う。
剣装備
テックランサーを装備しているので、斬り払いが可能。
盾装備
シールド防御が可能。Wでは第2部で『II』デザインになるとなくなる…と思いきや、何故かペガスから降りると復活する。

移動タイプ・地形適応[編集]

ラダムテッカマンなので通常時は両用だが、ペガスに乗ると地上に降りられなくなる。『J』と『W』で共通。

テッカマンブレード
空A陸A海A宇A
テッカマンブレード+ペガス
空A陸-海-宇A

サイズ[編集]

SS
通常
S
ペガス搭乗

機体BGM[編集]

「REASON」
前期デフォルト戦闘BGM
「永遠の孤独」
後期デフォルト戦闘BGM。
「閃光M-18」
テックセット時のイベントBGM。Wでは戦闘BGMにも設定可能。
「GIVE OUT YOUR LIGHT」
『W』で採用。ダブル・リアクターボルテッカ発射時に流れる。
「マスカレード」
テッカマンエビルとの決戦で使用される。条件を満たせば、通常の戦闘BGMとしても選択可能。

対決・名場面[編集]

テッカマンエビル
実弟・シンヤとの激突。

商品情報[編集]

テッカマンブレード」に関する事実
外国語表記Tekkaman Blade +
異名白き魔人 +