2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

テッカマンアキ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
テッカマンアキ
外国語表記 Tekkaman Aki
登場作品 宇宙の騎士テッカマンブレードII
分類 テッカマン地球製)
変身者 如月アキ
テンプレートを表示

テッカマンアキは『宇宙の騎士テッカマンブレードII』に登場する生体兵器。

この項目ではペガスIIに騎乗した形態についても説明する。

概要[編集]

テックセットした如月アキ

初の地球製テッカマンであり実験体のため、素体と戦闘型の中間的な能力しか持たない。テックセットと飛行(バーニアや武装を生成出来ない)にペガスIIによる補助を必要とする。同様の理由でボルテッカも使用できない。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
当初からペガスIIに騎乗しており、分離してアキのみの状態にもなれるが、性能は下位互換なので撃墜以外では分離する必要性は薄い。
ボルテッカが無いなど、半端なテッカマンである点は原作通りだが、武装は粒揃いでソツが無く、アキが「指揮」技能を持つほか、火力の低さはブレードとの合体攻撃などで補えるため、使い勝手は決して悪くはない。
また、参戦時に第一部のテッカマンブレードの改造値を引き継ぐので、他の地球製テッカマンと違って即戦力にしやすいメリットもある。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

テックランサー(格闘斬り払い対象)
武器の生成ができないため、人工のテックランサー(前作でエビルが遺したランサーを加工した物だが、『W』では出自は謎。ラダムテッカマンの情報を元にスペースナイツで開発したと思われる)を使用している。
その鬼のような戦いぶりはDボゥイをおびえさせ、アキが何のためにテッカマンになったのか苦悩するはめに。同様に『II』ではその戦い方でユミ達をおびえさせている。
トドメ演出はペガスIIの有無で変わり、いる場合は爆発をバックに飛行、いない場合は瓦礫の上でランサーを振り回して決める。ペガスIIがいない場合の演出の評価が高い。
ランサーショット(射撃
テックランサーには銃器が二つ内蔵されており、収納状態にしている際に射撃が可能となる。なお、設定上は一つの銃器に3発しか弾を装填できない事になっているがスパロボではマシンガンのように連射している。

連携攻撃[編集]

ペガスフォーメーション(ペガスII搭乗時のみ・格闘)
ペガスIIとの連携攻撃を行う。

合体攻撃[編集]

ダブル・ランサーコンビネーション(格闘)
ブレードと共に、テックランサーを駆使した連携攻撃を放つ。バリア貫通効果を持つ。トドメ演出では2人はイチャイチャしているため、ラブラブランサーとも称される。

特殊能力[編集]

HP回復S
EN回復S
換装分離
剣装備
テックランサーを装備しているので、斬り払いが可能。
銃装備
ランサーショットを装備しているので、撃ち落としが可能。

移動タイプ&地形適応[編集]

地球製テッカマンである上、バーニアが装備されていない為通常時は空に適応が無く、ペガスIIに乗ると今度は地上に降りられなくなる。同様の理由で宇宙空間ではまともに移動出来ない筈なのだが、何故か宇宙適正はAになっている。デブリを蹴って移動しているのだろうか。

テッカマンアキ

  • 空-陸A海A宇A

テッカマンアキ+ペガスII

  • 空A陸-海-宇A

サイズ[編集]

SS
S

機体BGM[編集]

「REINCARNATION」
デフォルトBGM
「REASON」
Wでは初登場時に流れる。「REINCARNATION」ではなくこちらを戦闘BGMにしたという人も多いと思われる。

対決[編集]

テッカマンソード
Wにて。似た境遇でありながら決定的に違う両者だが、決着はつかず仕舞いにおわった。

余談[編集]

  • 原典『宇宙の騎士テッカマン』のテッカマンもバーニアの類を持たず、宇宙での戦闘機動はペガスや敵を利用すること等で行っていた。ボルテッカの有無を除けばある意味最も原典に近い戦闘スタイルのテッカマンとも言える。
  • デザインのモチーフは『鬼』である。他のメンバーが季節に対応しているのに対して、彼女だけは日本の『秋』、そして『赤い鬼』として位置づけられている。
テッカマンアキ」に関する事実
外国語表記Tekkaman Aki +