本田

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
本田
読み ほんだ
外国語表記 Honda
登場作品
声優 飯塚昭三
初登場SRW スーパーロボット大戦J
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
生年月日 連合地球歴150年(西暦2258年)5月5日
年齢 42歳
身長 172cm
体重 85kg
血液型 B型
所属 スペースナイツ
テンプレートを表示

本田は『宇宙の騎士テッカマンブレード』『宇宙の騎士テッカマンブレードII』の登場人物。

概要[編集]

スペースナイツの整備班主任。みんなからおやっさんと呼ばれている。

メカの扱いにかけては天下一品の腕を持ち、ペガスへテックシステムを搭載した。

自室は畳張りで、そこで時折息抜きとして凧作りに興じている。

宇宙の騎士テッカマンブレードII』の時代では大分老けたが、未だにメカニックマンとして腕を振るっている。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
初登場作品。
スーパーロボット大戦W
第2部で『ブレードII』の展開が再現されたが、原作と異なり半年しか経っていないため(原作では10年経過)老けた姿は出てこない。

人間関係[編集]

Dボゥイ
同僚。時々彼が本田の作業を手伝う事もある。
如月アキ
同僚。『II』ではチーフになったため上司になるが、引き続き「おやっさん」と呼ばれている。
ノアル・ベルース
同僚。
ミレッタ・ルルージュ
同僚。
レビン
同僚。本田と共にペガスを改造、テックシステムを搭載した。
ハインリッヒ・フォン・フリーマン
上司。
ユミ・フランソワ
整備員時代の部下。天涯孤独な彼女の親代わりも務めている。

他作品との人間関係[編集]

アンドリュー・バルトフェルド
Jではコーヒーの件で意気投合していた。

名台詞[編集]

テッカマンブレード[編集]

「うむ…確かにDボゥイには謎が多い。敵の中にもテッカマンと同じ格好の奴もいる。だけどなぁ……ワシは、Dボゥイを信じてもいいと思っておる」
第4話、ノアルレビンと共にポーカーをする際、ノアルに素性すら知らず、敵か味方かわからないDボゥイを信じていいのかと問われて。
「あいつ…寂しい背中をしてやがる…」
同じく第4話、偶然通りかかったDボゥイの背中を見送りながら。
「へへっ、とっておきのがあんだよ!どうだい、他所じゃちょっとお目にかかれない時代もんのお宝だぜ!」
最後のポーカー勝負に挑む際、本田はノアルにこの時代では珍しいアナログクオーツ時計を突き出して、これと今まで稼いだパーツを賭けようか、と提案する。結果的に時計はノアルに分捕られ、思わぬ形で壊されてしまう事になるのだが…。
「わかりやした!そんなの3秒でやってやるぜぃ!」
第5話、ラダムバルーン攻撃作戦の際、フリーマンにブルーアース号の武器搭載を頼まれた際、親指を立てて豪快に微笑んで。この後、急ピッチでブルーアース号の武装化が進められる。3秒、とまではいかないが優秀なスタッフの腕の良さが感じられる。
「むう…やっぱり、ぶっ壊れてやがる…てめえ!不良品って文句を言う前に、よく考えて見やがれ!」
第5話ラスト、ラダムバルーンを撃破した後、ノアルに分捕られたクオーツ時計を修理しながら。本田のこの台詞の後、ノアルは身に覚えがないと言い張るが、第4話ラストでメリケンサック代わりにこの時計でDボゥイを殴りつけた事を思い出してしまう。
「俺をなめるなあっ!! メカを大事にしねえ奴は人間じゃねえ、このスパナ殴ってやるから、そこ座れぇいっ!!
上の台詞の後、「えっ、いやあ…普通に、普通に使ってましたけど!?」と笑ってごまかすノアルに対し本田は激怒、自分の丈の倍はある巨大なスパナを振り回すのだった。
「馬鹿野郎! 誰が作ったと思ってんでぇい!?少しはてめぇの周りの連中を信じてみなって!」
第8話、連日の出撃で磨耗したペガスのパーツをDボゥイと共に整備しながら。本当に大丈夫か、Dボゥイが心配するのに対し、本田はこの台詞で力強くメンバーを信頼しろ、呼びかけるのだった。
「ワハハハ…ま、こいつもそれだけ働いてるってことだわな。宝の持ち腐れになってるよりは、喜んでるかもしれねえ。なっ、おい」
第9話冒頭、傷だらけのブルーアース号をDボゥイと共に整備しながら。この時Dボゥイは珍しく笑顔を見せる。
「おぉ、乙なモノだな。ペガスの歌声ってのも」
第10話ラスト、バーナードから教えられた「ダニー・ボーイの歌」を歌うペガスに対して。本田の台詞に対しレビンは不服そうにこのデータ消そうとするが、Dボゥイに止められるのだった。

テッカマンブレードII[編集]

「そう思ったら次の仕事で取り返せ。分かったな、大ボケユーミ?」
通信装置の不具合をナターシャに責められたユーミに対し。少しばかり厳しい言葉ながら懐の深さを覗かせている。
「いやあ… まったく時代も、変わったもんだ」
「ラダムの連中の技術を、こっちが使うハメになるなんてな…」
ナターシャ、ダービット、そしてユミの3人のフォーマット化作業に居合わせて。