2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

フォン・リー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
フォン・リー
外国語表記 Fong Lee
登場作品 宇宙の騎士テッカマンブレード
声優 横尾まり
種族 地球人(テッカマン
性別
所属 アルゴス号→ラダム
テッカマン テッカマンソード
テンプレートを表示

概要[編集]

相羽家の長男、相羽ケンゴの婚約者。濃い顔立ちをした中国系の美女。

アルゴス号で宇宙を発つ前に、ケンゴから婚約指輪を渡されており、ケンゴの家族達からの提案で土星の周回軌道に乗った際に式を挙げる事になるも、ラダムとの遭遇でその夢が叶う事は無かった。

後にラダム母艦テッカマンソードとして目覚める。テッカマンとなった後もテッカマンオメガと化したケンゴへの愛情は変わる事は無かったが、テッカマン化の影響で半ば狂気染みたものとなっており、ケンゴを守るためならばその弟、相羽シンヤにケンゴの意に反してでもブラスター化を施したりと、手段は選ばなかった。

登場作品と役柄[編集]

スーパーロボット大戦J
初登場作品。
スーパーロボット大戦W
第2部以降、本格的に戦線へ出向くようになる。第2部の前半ではテッカマンとなった如月アキと一戦を交え、愛する人のためにテッカマンとして戦う者同士、ライバルの関係となった。
終盤のブレードルートでは、相羽家に帰ってきたDボゥイやアキ、さらにユミ・フランソワと出会うも、愛する人の育った家で戦う事はせずに宣戦布告をする。
ブレード達がへ向かう途中、それを阻むために現れるも敗れるが、最後の力を振り絞ってテッカマンアキを道連れに自爆しようとした。しかし、応援に駆けつけたバーナード軍曹の身を挺した行動により阻止されて果てる。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

特殊技能(特殊スキル)[編集]

J
斬り払いヒット&アウェイ底力L7、援護攻撃L3、指揮L2、コンボL2
W
斬り払いヒット&アウェイ底力L7、援護攻撃L3、指揮L2、マルチコンボL2

人間関係[編集]

相羽タカヤDボゥイ
婚約者の弟。ラダムとなった後は、裏切り者の彼を殺すべく様々な策を仕掛ける。また、ブラスター化の影響で記憶が混乱している彼をもう一度ラダムに誘おうと持ちかけたりした。
如月アキ
原作では特に絡みはないが、Wでは「愛する者のためにテッカマンとなって戦う」という共通点からライバル関係となった。また、Dボゥイに愛され、共に戦う彼女を羨み、嫉妬していた。
相羽ケンゴ
婚約者。後に結婚式を挙げる予定だった。ラダムとなった後は総司令官となり、フォンは基本的にケンゴからの命令にしか従わない。また、Wでは自分に振り向いてくれなくなった事で哀しみを覚えていた。
相羽シンヤ
婚約者の弟。テッカマンになって以降は、自軍のサブリーダーである為、様付けで呼ぶ。ブレードを排除するためだけに、命を縮めるのを承知で、ケンゴの意に反して彼にブラスター化を施す。
相羽ミユキ
婚約者の妹。アルゴス号の出発前に相羽兄弟と共に結婚指輪の事で茶化されたりしていた。土星の周回軌道で式を挙げようと提案したのは彼女。ちなみに、テッカマンとなった後に脱走した彼女を唯一傷つけなかった。
ゴダードモロトフ
アルゴス号の元同僚で同時期にテッカマンに覚醒。モロトフに対しては、前線指揮官であるエビルの命令に背き、単独でアラスカ基地に強襲しようとする彼を黙殺する。

他作品との人間関係[編集]

ユミ・フランソワ
戦場で何度か戦闘になる他、相羽家でも出会う事になる。その時はDボゥイに好意を抱く彼女の本心を一目で見抜く。
ダービット・クリューゲル
一度、フォンに対してナンパを仕掛けるものの、あっさりといなす。
ボン太くん
その姿を見て一瞬ときめく。

名台詞[編集]

「あなたがエビルの指示を無視しようと私には関係ないわ。でもランス、あなたのした事が結果的にオメガ様への反逆となるのなら、私は容赦しない!」
第38話、オメガの命令とエビルの指示に背き単独でブレード抹殺に動くモロトフに対して釘をさすフォンだが、野心に燃える彼の耳には届かなかった。結局止めなかったのは、見切りをつけたのか、ブレードを倒せれば、それで良し、失敗してもブレードは消耗すると考えたからだろうか。
「私は、オメガ様より命令を頂いてはおりませんので…」
第42話、オービタルリング内で。オメガに全てのラダム獣が降下することを告げたフォンは、エビルの姿が見えないことを指摘される。単独でブレード抹殺に動いた事を伝えると、なぜエビルと共に動かんのかと問われた後、この台詞でオメガへの指示なしに動くつもりはない、と彼への忠誠心を示す。
「オメガ様…ううん、ケンゴ…」
「ケンゴはいつも私を…見守ってくれた。どんな時でも…」
「今度は私がケンゴを…いや、オメガ様を守ってさしあげる番!たとえどんな姿になっても…!!」
上の台詞の後、オメガはフォンにシンヤと共にブレードを抹殺せよと命じ、彼女もこれを承諾する。オメガの姿が消えた後、フォンは左薬指に施されたルビーの婚約指輪を眺め、テッカマンに変貌する前の記憶を回想する。常に彼女を気遣っていたケンゴ。そして婚約指輪を手渡された時の喜び。その愛が歪な形に変わったとはいえ、フォンを突き動かす根源となっていた。そして、三段目の台詞と覚悟と共に彼女は赤いオーラを放ちながらソードにテックセット。エビルのいるアラスカへと向かう。
(母なるラダムと遭遇するのがあと1日遅れていたなら…ハッ、ラダムとなった身で余計な感傷だったわ)
第44話より。アルゴス号の出発前にケンゴにプロポーズされた思い出に浸っている時のモノローグ。
挙げるはずだった結婚式に未練を感じている事が窺える。
「ケンゴ……あなたを守るためなら、私は手段を選ばない。……たとえ、あなたの弟を死に追いやってでも――!」
愛する者を守るためならば、その人の肉親の命さえも捧げる。もはや、彼女の愛情は狂気へと変わっていた。
「月へは行かせない……。ケンゴは私が守る!」
干渉スペクトルを浴び、テックセットが解除されていてもおかしくない状態でありながら執念で持ち堪え、バルザックの駆るソルテッカマン2号機に挑む。
「ケンゴの所へは……行かせはしない――!」
「ケンゴ……」
干渉スペクトルによる影響やフェルミオン砲に何発も被弾したダメージでもはや限界のフォンだったが、最後の執念によってボルテッカを放ち、ブルーアース号を撃墜。その身を散らした。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「ならば、私はオメガ様への愛の力で迎え撃つ!」
『W』第2部第33話依頼を受けるルート「VIRGIN FLUSH」に於けるガイとの戦闘前会話より。「正義の力を受けてみろ!」という言葉に対して、ノリのいい返事にガイは燃え上がった。フォンも熱血が好きなのだろうか……?
「あの家はケンゴにとっても大切な場所…。たとえ、覚えていなくても…」
『W』第2部第51話月面ルート「静止した時の二人」に於けるテッカマンブレードとの戦闘前会話
「そ、そんなものにだまされはしないぞ! 私の愛はオメガ様だけのものだ!」
同上。ボン太くんとの戦闘前会話。不覚にもボン太くんに萌えてしまうフォン。
「私はお前がうらやましかった……」
「オメガとなったケンゴは自らの使命に生き、私へ振り向いてはくれなくなった……。だが、お前は自らテッカマンとなり、そして、ブレードと……タカヤと同じ目的のために生きている……」
撃破時に、アキを道連れにしようとした際の台詞。