ザク (指揮官機)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザク
(指揮官機)
外国語表記 Zaku Commander Type
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦A
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用モビルスーツ
生産形態 量産機
型式番号 MS-06S
頭頂高 17.5 m
本体重量 56.2 t
全備重量 74.5 t
動力 核融合炉
ジェネレーター出力 976 kW
スラスター推力 51,600 kg
装甲材質 超硬スチール合金
センサー有効半径 3,200 m
開発 ジオニック社
所属 ジオン公国軍
パイロット シャア・アズナブル
テンプレートを表示

ザク (指揮官機)は『機動戦士ガンダム』の登場メカ

概要[編集]

ジオニック社が開発したジオン公国軍量産型モビルスーツ

F型をベースにしており、推力を30%増強するなどの改良が加えられている。また、頭部にはブレードアンテナが標準装備されている。

TV版ではシャア専用機のみが登場しているが、劇場版ではア・バオア・クー攻防戦にて量産型と同じカラーリングの本機が登場している。ただし通常のザクも頭部アンテナを装備した指揮官仕様が存在するため、区別は不明瞭である。

シャア専用機は「シャア専用ザク」を参照。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
ジオン兵が乗る。ザクより若干性能が高い。が、弱いことには変わりがない。ノイエン・ビッターもこれに乗る。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
シールド防御の仕様変更により耐久力が下がり、ますます弱くなった。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

基本装備[編集]

シールド
右肩に固定装備されている実体盾。
ヒートホーク
接近戦用の斧。刃の部分から高温を発し、敵機の装甲を焼き切る。対モビルスーツ戦を意識して、キシリア・ザビが提案した事がきっかけで装備される事となった。横腰部にマウント可能。
120mmマシンガン
通称「ザク・マシンガン」。上部にドラムマガジンを装備し、そこから給弾する。本機の主兵装。
280mmバズーカ
通称「ザク・バズーカ」。元々は核弾頭発射用に開発されていた。南極条約締結後は通常の弾頭が使用されている。後腰部にマウント可能。

オプション装備[編集]

クラッカー
炸裂弾式の手榴弾。腰部にマウントしており、マニピュレーターで投げて使う。主に陸戦で使用される。
3連装ミサイルポッド
両脚に装着して使用する。こちらも主に陸戦に使用されるが、宇宙でも使用可能。また、グフなどに装備される事もある。
マゼラトップ砲
マゼラトップの主砲を取り外し、MS用の携行兵装に改良したもの。
シュツルムファウスト
対MS用のロケットランチャー。命中精度は低いが無反動で撃てて、かつ広範囲に爆風を起こす牽制用の武装。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

対決・名(迷)場面[編集]

ア・バオア・クー攻防戦
連邦軍との激戦のさなか、部下を押しのけ、自分だけ安全な塹壕に隠れようとする指揮官ザク。しかし塹壕の中に落ちてきたミサイルの爆発でバラバラになるという、無様な最期を遂げた。

関連機体[編集]

一般兵用ザクII

資料リンク[編集]