リゲルグ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
リゲルグ
外国語表記 Regelgu
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦64
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
正式名称 リファインド・ゲルググ
分類 宇宙戦用モビルスーツ
生産形態 量産機
型式番号 MS-14J
頭頂高 21.0 m
本体重量 43.7 t
全備重量 82.6 t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,890 kW
スラスター推力

28,300 kg×2(背部)
15,700 kg×6(肩部バインダー)

総出力
150,800 kg
装甲材質 チタニウム・コンポジット
センサー有効半径 8,700 m
開発 ネオ・ジオン
所属 ネオ・ジオン
主なパイロット イリア・パゾム
テンプレートを表示

リゲルグは『ガンダムシリーズ』の登場メカ

概要[編集]

ネオ・ジオン軍がゲルググを改修して造り上げたモビルスーツ。リゲルグは「リファインド・ゲルググ」の略称。

機体概要[編集]

本機の特徴である大型の両肩アーマーはキュベレイのフレキシブルバインダーを参考に設計されており、大型スラスターを内蔵する事で機動性を大幅に向上させている。装甲やコクピットなども近代化改修が行われ、宇宙世紀0080年代の最新鋭モビルスーツとも互角に戦えるほどの超高性能機に生まれ変わったとされる。

一部の書籍では「所詮は旧型機であり、大した性能はない」「本来は訓練用の機体」とする物もあるが、上記のようにΖΖガンダムと互角に渡り合っていた事から見て、少なくともエースパイロットが搭乗すれば最新鋭機とも対等に戦えるほどの性能は有していたと思われる。

劇中での様相[編集]

マシュマー・セロの副官兼監視役のイリア・パゾムが搭乗し、ジュドー・アーシタΖΖガンダムと互角に渡り合っている。グレミー・トトが反乱を起こした際も出撃している。マシュマーが戦死した後、イリア本人と本機はどうなったのか不明である。

OVA『機動戦士ガンダムUC』では、ネオ・ジオン軍残党「袖付き」の所属機として登場。赤紫系カラーから青紫系カラーに塗装され、「袖付き」共通の装飾が施されている。

登場作品と操縦者[編集]

SRWでは、イリアが他の機体に乗っている為、本機は作品によりあまり登場していない。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
イリアが最初から最後まで乗っている。大して強くはない。ルートしだいではまったく出てこない。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
SRWではイリア=ゲーマルクの図式のパターンだが、原作本来の乗機が登場して乗り込むのは大変貴重。高い運動性があるが、武装は心許無いので、敵ではない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ミサイルランチャー
バックパックに装備。
グレネードランチャー
両腕に内蔵。
宇宙機雷
両肩に格納。
ビームサーベル
バックパックに2本装備。連結してビームナギナタのような使い方をする事も可能であり、袖付き所属機は実際に使用していた。
ビームライフル
ゲルググのビームライフルの改良型で、銃身の下部にグレネードランチャーが追加装備されている。ちなみに改良型は指揮官用であり、一般兵用は通常のビームライフルであったとされる。
ビームマシンガン
ギラ・ドーガと同型のビームマシンガン。袖付き所属機が使用。
ロケットランチャー
高機動型ゲルググ用のロケットランチャー。矢立文庫の企画『アナハイム・ラボラトリー・ログ』にて登場した機体が使用。

特殊能力[編集]

剣装備、銃装備
切り払い撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

対決・名場面[編集]

ΖΖガンダム
イリアの気迫と共にΖΖに迫り、ビームサーベルを振り回してΖΖのハイパービームサーベルと互角の切り結びを行った。機動力には劣るΖΖに、ジュドーはΖΖの上半身と下半身を囮として使い、コアファイターで攻撃を仕掛けるも逆に捉えられる。その時、ジュドーとイリアとのニュータイプ同士の共感が起こり、その後のエルガンダムMk-IIの介入もあって、お互い、止めを刺さずに撤退した。

関連機体[編集]

ゲルググ
原型機。
ゲルググJ
第1次ネオ・ジオン抗争直後を舞台とした漫画『審判のメイス』(SRW未参戦)ではこちらをベースにしたリゲルグが登場した。
キュベレイ
大きく張り出た肩部にスラスターを内蔵するという点が共通する。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]