2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

スパイク・スピーゲル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
スパイク・スピーゲル
外国語表記 Spike Spiegel
登場作品 カウボーイビバップ
声優 山寺宏一
デザイン 川元利浩
初登場SRW スーパーロボット大戦T
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
誕生日 2044年6月26日
年齢 27歳
出身 火星
身長 185 cm
体重 70 kg
血液型 O型
所属 ビバップ号
テンプレートを表示

スパイク・スピーゲルは『カウボーイビバップ』の主人公

概要[編集]

ビバップ号を拠点に宇宙を渡り歩くカウボーイ(賞金稼ぎ)。もじゃもじゃの髪と長身痩躯の優男で、青いスーツとネクタイ、黄色いシャツがトレードマーク。かつての事故の後遺症により右目は義眼となっており、僅かながらに色の違うオッドアイをしている。暇さえあればよく寝ている。

普段はニヒルで芝居がかったキザな言動が目立ち、気怠げに振る舞う三枚目だが、その本質は自らの流儀を貫きながら困難を乗り越えるハードボイルドな男。上から命令される事や他者から束縛される事を嫌い、自由を愛し、スリルを楽しみ、どんな時でも軽口を忘れない。その一方で意外と大人げなく剥きに成り易いところが有り、それを周囲から指摘されクールダウンを求められても当人は「冷静」である事を頑なに主張する[1]。特に機嫌が悪かったり、喧嘩を売られたりすると口より先に手が出てしまい、時には相手の仕様もない挑発に乗せられる事もしばしば。やられたら利害に関係なくきっちりやり返す主義で、特に食い物に関する恨みは相当なもの[2]

本人曰く「ガキとケダモンと跳ねっ返りの女が嫌い[3]」なのだが、どういうわけかビバップ号にはガキ(エド)もケダモン(アイン)も跳ねっ返りの女(フェイ)も全て揃っているので、スパイクは不満を覚えている。

拳銃は西暦1990年[4]に登場したイスラエルの拳銃「ジェリコ941改」にレーザーサイト搭載のカスタムグリップを装備したものを使用している。ブルース・リーを師と仰いでおり、ジークンドーの達人で腕っぷしは強く、手先も器用でスリや手品といった小手先の技も得意。隻眼でありながら視力が非常に良く、カードゲームでは負けた事がないのだが、それが原因でイカサマ扱いされる事があるので、カジノで遊ぶ事ができない。

賞金首に対しては殺さなければ殴る蹴るは当たり前で、周囲の被害にも無頓着なところがあり、そのせいで賞金首を捕まえても器物損壊や治療費を請求される事も多く、差引ゼロで賞金が全額パーになることも。このため、賞金首達からは一番捕まりたくない賞金稼ぎとして非常に嫌われている上に万年金欠状態となっている。

一方で嫌いなケダモンである筈のアインが危機に陥った時は、放っておけずに賞金首を後回しにして助けに行ったり、僅かに交流を交わした人の為に一肌脱ぐなど人情家なところも見せる。

かつてはマフィア「レッドドラゴン」に所属していたが、とある事件を経て脱走、公式には死亡した事にされている。本人は自分の過去の事をあまり語ろうとはしないが、何故か「ジュリア」という名の女にこだわっていて、彼女が原因でジェットと一歩間違えば決裂は避けられない喧嘩別れになる程の派手な大喧嘩をやらかしたり、チャイニーズマフィアの構成員だった頃のかつての相棒・ビシャスに付け狙われていたりと、今もなお過去に囚われている節がある。

自分の過去が絡んだ件では、昔愛用していたレインコートを羽織り、愛用のジェリコの他にもベレッタM92FSを携えた二丁拳銃と、手榴弾で武装を固めたスタイルで臨んでいる。

本作の主要人物はほぼ全員が喫煙者であるが、中でもスパイクはタバコがトレードマークと言えるほどのチェーンスモーカーで、マルボロを愛飲している。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦T
初登場作品。

人間関係[編集]

ビバップ号[編集]

ジェット・ブラック
相棒。家事などは彼にまかせきり。
フェイ・ヴァレンタイン
とある事件を経てビバップ号で共同生活を送る事になる。
エド / エドワード・ウォン・ハウ・ペペル・チブルスキー4世
ビバップ号で共に暮らす事になった天才少女。
アイン
とある事件で飼う事になったデータ犬。

レッドドラゴン[編集]

マオ
レッドドラゴン幹部でスパイクとビシャスの恩人。スパイクの死を誰よりも認めず、帰還を信じ続けている。
ビシャス
レッドドラゴン時代の相棒にして宿敵。
ジュリア
スパイクの過去を知る女。
リン
ビシャスの側近。嘗てはスパイクの弟分だった。
シン
リンの双子の弟。兄とは違い最後までスパイクに味方する。

その他[編集]

ラフィング・ブル
占い師。時折話を聞きに行く。彼からは「泳ぐ鳥」と呼ばれている。
アニー
ドラッグストアの女主人。レッド・ドラゴン時代のスパイクを知る数少ない人物。
ロコ・ボナーロ
チンピラ。彼に請われて初歩的なジークンドーを指南する。
グレン(マルコシアス・グレン・カク・エッケナー)
タイタン義勇軍のサックス奏者にして賞金首。
臨終間際に対面しただけの間柄だが、ジュリアの近況を教えてくれた彼の最期を看取り「タイタンに行きたい」という願いを叶えてやる。
ドゥーハン
ソードフィッシュIIの元の持ち主で、現在でもオーバーホールに訪れる。
アンディ・フォン・デ・オニヤデ
西部劇のガンマン姿に身を包む凄腕の賞金稼ぎ。ジェット達の評価によると「傍迷惑」な行動パターンがスパイクと被っているらしいが、指摘する度に「こいつと一緒にするな!」と全力で否定する。

名台詞[編集]

「俺は一回死んでるんだよ…女に殺されてね」
Session#1で手掛かりを求めてラフィング・ブルを訪ねた際、彼から「お前は女に出逢い、狙われ、そして死ぬ」と自らの死を予言されるも、シニカルな笑みを浮かべつつ上述の台詞を自虐的に呟く。
「時代遅れのカウボーイさ」
同・Session#1より、賞金首の情婦相手に発した自己紹介。
「チャーリー・パーカーがゲーテの格言吐くかねぇ…?」
Session#3で文豪ゲーテの格言まで引用して己のギャンブル好きを正当化するジェットへ呆れて発したツッコミ。なおチャーリー・パーカーは現代ジャズの起源となった「ビバップスタイル」を確立したアメリカ合衆国のジャズミュージシャンでアルトサックス奏者。
「俺は運がいい訳でも、腕がいい訳でも無いんだ」
「気風がいいのさ」
同・Session#3より、フェイとのブラックジャック勝負で彼女のイカサマを看破しつつ飄々と嘯く。賭け事で気風(きっぷ)がいいという言葉を使ったのは『リスクなんて気にしないで気前よく、思い切って賭ける』ということなのだろう。裏を返せば、イカサマなんてとっくにお見通しだからさっさと終わらせろ、ということになる[5]。スパイクは視力が異常なレベルで発達しているので(義眼のこともあるが)、最初からイカサマを見抜いていた。
「俺はただ醒めない夢を見ているだけさ」
Session#5で再会したビシャスへ発する第一声。彼からの「天国を追い出された天使は悪魔になるしかない」との問い掛けに対する答えとしては抽象的な文言だが、この噛み合わぬ会話が嘗ては背中を預け合う程に信頼していた「盟友」との隔絶振りを雄弁に物語っている。これは後の伏線で、スパイクの死生観が濃く現れている。
「…そんな血はもう、流し尽くしたさ」
同・Session#5に於けるビシャスとの第1ラウンドで、彼から「お前には俺と同じ、別の血を求めて彷徨う獣の血が流れている」と指摘されての返答。「同類」である事を否定するスパイクの言葉に、ビシャスは「ならば何故生きている!?」と激昂するが…。
「…そのまま、歌ってくれ…」
同・Session#5に於けるスパイクの回想シーンで、瀕死の重傷を負った自分の介護を務めている女性へ、直前まで彼女が口ずさんでいたハミングの続きを促す。
「妙な同居人が増えた分、あんたも寂しくないだろ?」
Session#12で「ジュリア」の名を聞いた途端、理由も告げずビバップ号から出撃しようとする豹変振りを案じたジェットへ、スパイクが上記の台詞を発した事に因り過去最大の大喧嘩が勃発。ジェット曰く「寂しさを感じてたのはスパイクの方」との事だが、果たして…?
「俺にも分からねぇ…」
直後、「最後までお前って奴が分からなかったぜ!」と吐き棄てるジェットへ自嘲気味に呟く。それはジェットと組んで気ままに賞金稼ぎを行なっていた3年の歳月に対するものなのか、それともジュリアへの「呪縛」めいた拘りに対してなのか…?
(これが終わったら、俺は足を洗う。そしたら、俺と一緒に…)
(この左の眼は『過去』を見てるんだ)
Session#13でコラージュ的に散りばめられた過去の記憶と共に、スパイクの脳内へと響くモノローグ。映像はもとより、同時に響いてくるジュリアやビシャスのモノローグも、スパイクの過去や本質を窺わせるもので統一されている。
「ビシャス!お前みたいな奴を護って命を落としたんじゃ、リンも救われねえッ!!」
同・Session#13より。自身を庇って落命した部下・リンの死にすら何の感情も見せぬビシャスへ激昂し、猛然とドッグファイトを挑むが機体性能や攻撃力はビシャス機の方が上回っていた。


迷台詞[編集]

「肉の無いチンジャオロースなんてのは、チンジャオロースとは言わねぇンじゃねえのかな…?」
Session#1より。ジェットご自慢の「特製チンジャオロース」に肉が入ってない事へクレームを付けるが、ジェット曰く「金が無い時は言うんだよ!」との事。
「……音痴」
Session#5ラストより、回想から繋がる形でハミングを口ずさんでいたフェイへと咬ますダメ出し。直後、ビバップ号内にスパイクの断末魔が響き渡る。
「…なぁジェット、俺の嫌いなモンが3つ有るって知ってたか…?」
「ガキと、ケダモンと、跳ねっ返りの女だ…」
「ほぉ~…じゃねぇよ!どうしてその3つが揃いも揃ってココに居るンだよ!?」
Session#9ラストで、済し崩し的にエドがメンバーへ加わった事への愚痴をジェットへとぶつける。ともあれ、「擬似家族」としてのビバップ号の物語がここから幕を開ける。
「いやぁ、どっちかと言うと納豆の腐ったような匂いだろう」
Session#11でジェットの為に煎じた漢方薬が放つ悪臭を、「牛乳拭いた雑巾そのまま干したような匂いね」と評したフェイの発言を受けて。自分で煎じておきながら「飲むのはジェット」とばかりに酷評するスパイクが何気に酷い。
「いやぁ…その…ネズミか何かが突然変異か何かを起こして…謎の生物に進化か何かして…謎の毒を持つようになったとか何とか…」
同・Session#11より。ジェットを侵した病魔について「謎の宇宙生物」説を唱えるエドを一笑に付すも、彼女から数々の疑問点を指摘された事で返答に詰まり結局は宇宙生物説に同意してしまう。
(冷蔵庫の中の物は、入れっ放しにしちゃいけない……それが教訓だ)
同・Session#11ラストで宇宙生物騒動の決着後にスパイクが痛感した教訓。「ビバップ号壊滅」という衝撃の結末を以って、『カウボーイビバップ』は最終回を迎える…[6]が、翌週には何事も無かったかのようにSession#12へと移行するのであった。
ちなみに冷蔵庫の中身は一年前に購入したロブスターを他の奴らに食べられないよう、後生大事にとっておいたのに忘れてしまったためにほったらかしにした結果、クトゥルフもびっくりな悍ましい何かに変貌したモノであった。この話、諸説あり『この中身にある何かが変異した結果、件の生物となった』といった話もあるが、真実は明かされていない。
「不愉快だ…猛烈に不愉快だぁぁぁッ!!!」
Session#12でスパイクから金を巻き上げようと追い縋ってきたゴロツキ共から、よりにもよってビシャスと間違われた事で完全にブチ切れ、少なくとも10人は居たゴロツキ連中をジークンドーでボコボコにする…そりゃもう徹底的に。
「話が長過ぎるんだよ」
Session#15より。トイレに篭っていた際、入口前でフェイがアイン相手に昔語りを始めた事によって出るに出られず、話が一段落ついたのを見計らっての第一声。シチュエーション的にはギャグだが、これによってスパイクはフェイの過去と莫大な借金をこさえた理由を知る。
「スゲー屁理屈をキッパリと言い切ったな!?」
同・Session#15より。捕えた賞金首が昔の知人だった事で引き渡しを拒絶し、「賞金も処遇もアタシに権利が有るの!」と主張するフェイの「ご乱心」振りを目の当たりにしての一言。

搭乗機体[編集]

ソードフィッシュII
搭乗機。スパイク曰く「腐れ縁」の関係。
基本的には宇宙空間でも私服のまま搭乗する事が多いが、船外作業を行なう必要が有る場合はパイロットスーツを着用する。

余談[編集]

  • 公式に明言されている訳では無いが、モジャモジャの無造作ヘアをはじめとするスパイクのキャラ造型には、1979年放映のテレビドラマ『探偵物語』に出演していた頃の故・松田優作がモデルに据えられているらしく、Session#6で着用した丸型サングラスやSession#8の目玉付きアイマスク、Session#12のダウンジャケットなど、劇中でスパイクが使用するアイテムには『探偵物語』の主人公・工藤俊作を彷彿とさせるものが度々登場している。
  • スパイクを演じた山寺宏一は『カウボーイビバップ』が放送された1998年当時に「スパイクは芸歴13年目にしてようやく掴んだテレビアニメ[7]の主人公」と語っており、一際思い入れのある役であるとコメントしている。これは、七色の声の持ち主と呼ばれる程芸幅が広かった事から「(キャスティングに)困った時の山寺」という理由から起用されることが多かったため、テレビアニメでは長く主役を担当したことがなかった事が主な理由であった[8]

脚注[編集]

  1. 一例として、Session#2でアインを追跡している最中、同じくアインを狙う賞金首から轢き殺されそうになった事でブチ切れ、クールダウンを促すジェットからの忠告に対してこのように反論している。
  2. Session#7では二日酔い状態で難儀している最中、乱闘に巻き込まれた事で酔い覚ましの卵を台無しにさせた者たちに引き攣った目で睨みつけている。
  3. 要するに世話の焼けるヤツが苦手。女嫌いというわけではなく、芯の強い女性や淑やかな魅力ある『自立している女性』が好き。
  4. なお『カウボーイビバップ』の舞台は西暦2071年の設定。
  5. ちなみに、この台詞を受け取ったフェイは『ここまで計画通りだから、次で例のものを渡す』といった類のものと誤解してしまった。
  6. 実際、この回のクロージングは通常の「SEE YOU SPACE COWBOY…」では無く「THE END」で締め括られている。
  7. OVAでは『デトネイター・オーガン』の真道トモルを皮切りにちょこちょこあった。
  8. 反対にその「芸幅の広さ」から、サブキャラクター、モブ、果てはSEに至るまで演じた数は山ほどある。

商品情報[編集]