アンディ・フォン・デ・オニヤテ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンディ・フォン・デ・オニヤテ
外国語表記 Andy Von De Oniyate
登場作品 カウボーイビバップ
声優 江原正士
デザイン 川元利浩
初登場SRW スーパーロボット大戦T
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
役職 賞金稼ぎ
テンプレートを表示

アンディ・フォン・デ・オニヤテは『カウボーイビバップ』の登場人物。

概要[編集]

Session#22「カウボーイ・ファンク」に登場する賞金稼ぎ。

馬に乗った西部劇のカウボーイのような男で、元YMCA(ヤングメンズ・カウボーイ・アソシエーション)会員にして大牧場である「オニヤテ牧場」の御曹司。

傍迷惑な言動&奇行で賞金首内ではスパイク・スピーゲルと並んで嫌な賞金稼ぎとして有名になっており、スパイクと争いながら爆弾魔の賞金首「テディ・ボマー」を追う。愛用銃は「ピースメーカー」の異名を持つコルト・シングル・アクション・アーミー。

たった一回きりの出番ながら強烈なキャラクターが印象に残り、馬ともどもゲストキャラクターの中でも非常に高い人気を持つ。ちなみに登場話はスペシャルイベントの投票でぶっちぎりの1位を獲得している。劇場版でもワンシーンの隅に登場。

登場作品と役柄[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦T
初登場作品。ボーナスシナリオ「対決!カウボーイVS社長!」で登場。キャラクター事典には登録されない。スパイクとワッ太の争いに割って入る。最後は原作通りサムライになってどこかへ行った模様(サラリーマン姿になったとも示唆されている)。

人間関係[編集]

アンディといえばこの馬。オニキスだったりジロウマルだったり、ジョブに応じて名前が変わる模様。もしかすると『アンディやスパイクより頭がいいのでは?』と勘ぐりたくなるシーンも。
スパイク・スピーゲル
アンディを嫌い、彼より先に賞金首を捕まえようとする。
フェイ・ヴァレンタイン
アンディに近づき、彼と食事をする。
テディ・ボマー
爆弾魔の賞金首。スパイクとアンディの騒動に巻き込まれ、資本主義に警鐘を鳴らすという目的が無惨に砕かれてしまう。散々目的を声高らかにしているのに、毎度毎度遮られてしまう気の毒な人。

名(迷)台詞[編集]

「ヒュ~♪ チッチッチッ…『ワイアット・アープ』と呼んでくれ」
スパイクとの邂逅時、口笛交じりで発した自己紹介。かくして、似たもの同士による「傍迷惑」なドタバタ劇の幕が上がる事に…。
「Oh! My愛馬オニキスはただの馬では無い! 時には心の拠り所となり、時にはチェスの相手として…」
ティディ・ボマーが潜んでいるパーティ会場へ愛馬同伴で馳せ参じた際、「馬は迷惑」と注意を促してくる会場スタッフへ語り始めた愛馬自慢だが、この発言はスパイクの怒声交じりのツッコミによってカットアウトされてしまう。
「さあ! 私の特製サノバガンシチューをご馳走しよう……ほっぺた落ちちまうぜ♪」
パーティ会場から撤収する際、どさくさに紛れてついてきたフェイを自身のモノシップへと招待し、ウインク交じりで実家「オニヤテ牧場」謹製のシチューを振舞うが、今日び使わぬ「死語」を臆面も無く口にするアンディのセンスに流石のフェイも引き攣った笑みを浮かべる。
…が、天敵たるスパイクも「お腹と背中がくっ付きそう」といった死語を口走る事が有るので、第三者から「同族」と括られるのも無理は無いか…?
「君の瞳に…映った僕に乾杯!」
フェイとのディナー時、彼女とグラスを傾けながら。
自分自身に陶酔しているというか、周りが眼中にないというか、アンディの良くも悪くも自分中心的な思考がよく現れている台詞。
「お前は誰だ!? WHO are YOU!?」
スパイクとのやり取りに熱中するあまり、すぐそばにいたテディに対して言い寄った際の台詞。二重表現になってしまっているが、それはそれでらしい。当のテディはすっかりコケにされてしまい、哀しみのあまり「お前らちゃんと仕事しろぉ!!」と泣き叫んで爆破を開始してしまったのであった。
アンディ「待て待てーい!」
テディ「アンディ!?」
アンディ「ムサシと呼んでくれ! GO! ジローマルゥー!!」
逮捕され、移送されていくテディは己の目的――資本主義の生み出す全ての無駄に対して警告をしたかったのだと警官に語る。そんな時、馬の蹄が響いた。テディと警官が見やるとそこには疾風の如く駆ける馬に跨った、サムライ衣装に身を包んだアンディがいた。
颯爽と走り去るアンディを見送ったテディは『そんな己こそ無駄だった』と悟り、警官はそんな彼に同情したのか無言で肩を叩くのであった。
アンディ「今回のミーの活躍、しっかり見てくれたかな?」
スパイク「おい、ちょっと待てよ」
アンディ「さて、次回のネクスト・ストーリーだが…」
スパイク「なんでお前が予告やってんだよ!?」
アンディ「またしてもミー、つまりアンディが大活躍!」
スパイク「お前の出番終わったんだって!」
アンディ「スペース・サムライとなったミーが、カウボーイ達をバッタバッタと薙ぎ倒す!」
スパイク「もう出ないんだよ!」
アンディ「次回、カウボーイビバップ『アンディの逆襲』!」
スパイク「そんなタイトルじゃねーだろ!」
アンディ「お楽しみに!」
サムライになってオチが付いたと思いきや、何と次回予告まで乗っ取ってしまった。もちろんこれ以降アンディは登場せず、次回の本当のサブタイトルは「ブレイン・スクラッチ」となっている。