エステバリスカスタム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
エステバリスカスタム
外国語表記 Aestivalis Custom
登場作品 劇場版 機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-
初登場SRW スーパーロボット大戦R
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 エステバリス
生産形態 改修機
全高 リョーコ機:8.23 m
ヒカル機:8.24 m
イズミ機:8.25 m
重量 1.3 t
動力 重力波アンテナ兼電力バッテリー
原型機 エステバリスII
開発 ネルガル重工
主なパイロット スバル・リョーコ
アマノ・ヒカル
マキ・イズミ
テンプレートを表示

エステバリスカスタムは『劇場版 機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』の登場メカ

概要[編集]

エステバリスの新型、エステバリスIIのカスタマイズ機。エステバリスIIの性能に満足しなかったエースパイロット向けに開発された。

「重力波コントロールを2個にすれば出力も2倍」という、ほとんど思いつきのようなスバル・リョーコの提案を採用したネルガルがカスタマイズし、新型に相当するスペックを達成した。重力波コントロールの増設やフレームの改良が行われ、出力の増強により強力な武装も使用可能になっている。反面、操作の難易度も上がったために熟練パイロットにしか扱えない機体になった。

初期はリョーコ機のみだが、その後はアマノ・ヒカルマキ・イズミに同型が配備されていたので、既に量産を見通した設計であったことが窺い知れる。エステバリスにあった換装機能が残っているかは不明(ゲーム『NADESICO THE MISSION』(SRW未参戦)ではエステバリスのフレームに換装する事が可能)だが、コクピット部分は従来通りのアサルトピットになっている事が伺える場面がある。

機体[編集]

リョーコ機
スバル・リョーコの専用機で、カラーリングは赤。指揮官用のセンサーの役割を持つアンテナが特徴。
ヒカル機
アマノ・ヒカルの専用機で、カラーリングは黄色。
イズミ機
マキ・イズミの専用機で、カラーリングは緑。
ガイ機
ダイゴウジ・ガイの専用機で、カラーリングは青。原作には登場しないスパロボオリジナル機体で、デザインはTV版の頭部そのままにカスタムのフレームをくっつけただけ。
アキト機
ブラックサレナの素体であるエステバリス・テンカワSPLのこと。スパロボでは名前こそ「エステバリスカスタム」名義だが、エステバリス系のカスタマイズ機という共通点があるだけで違う機体である。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
3人娘の機体が登場(ガイはスーパーエステバリスに搭乗する)。換装はできなくなるが、強化前のエステバリスとほとんど変わらない感覚で使用できる。
スーパーロボット大戦W
第2部から参戦。ダイゴウジ・ガイ専用機が登場。性能はリョーコ機と同じ。ナイフもランサーもなくなるので、格闘が得意なアキト・ガイ・リョーコの場合、考えようによっては弱体化している。2人以外でもこの仕様になったお陰で切り払いがなくなり、単体でバリアを貫通出来る武器がなくなった。代わりに合体攻撃バリア貫通が可能だが、3人娘・アキト&ガイとも揃うまで話数がかかる。それでもラピッドライフルしか装備のないエステバリスIIと比べれば、単機でもある程度戦える。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
エステ3人娘はリョーコ機のみユニット扱いで、他2機は演出のみの登場。
EN調整がナデシコがいる前提の調整となっているが、重力波アンテナの仕様変更や殆どのステージでナデシコは強制出撃なので、ナデシコが出撃しているステージではEN関連は無視しても支障がないレベル。
逆に言えば、ナデシコがいないとすぐにガス欠してしまう。カスタムボーナスの効果がある武装は全て消費ENが50なので猶更。
スーパーロボット大戦T
基本的に『V』と同様の運用になる。序盤の顔見せの時点では「フォーメーションアタック」が無いが、合流時点で登録されている。
中盤に発生するシークレットシナリオ「シークレット・ミッション」をクリアすると機体・武器性能が強化される。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
エステ3人娘の機体が登場した。本作ではディストーションアタックがフィールド貫通武器だが、主力は合体攻撃。合体攻撃が燃費・攻撃力の両面で破格の超高性能のため、気力さえ上がれば合体攻撃を3機で連発することが可能。その特性ゆえ、援護攻撃に利用すると相当なダメージ効率が見込める。強化パーツ射程を延ばすと、その使い勝手は更に向上する。因みに、リョーコは「」を持つので、リアル系でも最強クラスのダメージを叩き出すことが可能。反面、運動性はそれほど高くないため、強化パーツEWACでカバーしたい。
スーパーロボット大戦MX PORTABLE
PS2版に準拠。お気に入りを3作品指定できるため、本作をお気に入りにするプレイヤーも多いと思われる。

装備・機能[編集]

旧エステバリスの特徴だった換装能力が廃止され、武装も全体的に少なくなった。その代わり『砲戦フレームの長射程と空戦0G戦フレームの機動力』という、いいとこ取りの性能となっている。機体性能や地形適応も向上しており、戦う場所をほぼ選ばなくなった。ナデシコからの無限エネルギー供給や、強力な合体攻撃も健在である。

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

ラピッド・ライフル / ゲキガンショット
標準武装で、携帯火器の一つ。
大型レールガン / ゲキガンカノン
長身の重力レール・ガン。携帯火器の一つ。エステバリスカスタム唯一の長射程武器。エステバリスIIでは使用できず、出力増強の恩恵で使用可能になった。
SRWではナデシコとの同時運用を考えた場合、射程と地形適応が噛み合う事で互いに連携がとり易くなっている。
V』では重力波ビームの距離制限がなくなった関係で燃費が凄まじく悪化しており、初期状態でEN消費が30と重いコストになっている。
イミディエットナイフ
エステバリス専用の短刀。
SRWでは装備していないため、剣装備がない=切り払いできなくなっている。
ディストーションフィールド
周囲の空間を歪ませるバリア

必殺技[編集]

ディストーション・アタック / ゲキガンフレア
ディストーションフィールドによる突貫攻撃。ガイ機は夕日をバックにガイ・スーパーアッパーを決める。シルエットもゲキガンガーになっている。

召喚攻撃[編集]

フォーメーションアタック
リョーコ、ヒカル、イズミによる連係攻撃。
『V』で合体攻撃から変更され、リョーコ機が所持。ディストーションアタックと同じ消費EN50で有りながらサイズ差補正無視が付く。

合体攻撃[編集]

フォーメーションアタック
リョーコ、ヒカル、イズミによる連係攻撃。『W』では攻撃力の高い格闘と、射程が僅かに長い射撃の2タイプが存在し、両者ともバリア貫通属性が追加された。
V』ではリョーコ機の召喚攻撃になった。
ダブルゲキガンフレア
ガイとアキトによる友情の必殺技。『W』では、幻の両者劇場版設定のダブルゲキガンフレアが実現した。『W』ではバリア貫通属性がある。

特殊能力[編集]

銃装備
W』で採用。撃ち落としを発動。
ディストーションフィールド
ビーム兵器とグラビティ兵器のダメージを一定値まで無効化し、それ以外の属性のダメージを軽減する複合タイプのバリア
要・重力波ビーム / 重力波アンテナ
ナデシコB、またはナデシコCを中心とした一定範囲内にいる場合、全回復する。作品によって能力名の表記が異なるが、効果は同じ。
V』では、ナデシコが出撃していれば毎ターンENが全回復する仕様に変更された。

移動タイプ[編集]

宇宙
飛行可能。旧エステバリスと違い、換装なしで大気圏内外の運用に対応可能。

サイズ[編集]

S

カスタムボーナス[編集]

全ての格闘武器の攻撃力が+200され、CRT+30
『V』におけるリョーコ機のボーナス。順当に最強武器が強化される。
全ての格闘武器の攻撃力が+300、CRT+30
『T』におけるリョーコ機のボーナス。

機体BGM[編集]

「GO!エステバリス」
「GO!エステバリス」、「エステバリス(I、II、III)」の楽曲のアレンジバージョン。『W』以前の作品で採用。
「ナデシコのテーマII」
『W』で採用されたデフォルトテーマ。
「Three Angels」
『W』で採用された3人娘用デフォルトテーマ。
「レッツゴー ゲキ・ガンガー3」
『W』でダブルゲキガンフレアの使用時に必ず流れるBGM

商品情報[編集]