高蓋然性世界

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

高蓋然性世界(こうがいぜんせいせかい / High Probability World)は、『鉄のラインバレル』のアニメ版に登場する世界。

概要[編集]

城崎絵美加藤久嵩が元いた世界。

この世界では深刻なエネルギー不足に悩まされており、それを解決するために統一意志セントラルが誕生した。しかし一切の無駄を排し効率を重視する為にこの世界に存在する人間を機械と融合したマキナ人間が次々と増加しており、最終的に機械と融合していない普通の人間は城崎親子のみとなってしまった。

尚、本来の意味での高蓋然性世界とは(浩一達がいた)こちら側の世界とは別に高い確率で異なる時空に存在する世界を指しており、この世界も無数ある内の一つにすぎない。

原作漫画版では「高蓋然性世界」という設定自体がなく、加藤機関のオーバーテクノロジーがどこからもたらされたのかという謎がストーリーの焦点となっている。

登場作品[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦L
概ね原作通りだが、『マクロスF』『冒険! イクサー3』『超電磁マシーン ボルテスV』の登場人物、今作のラスボスであるルド・グロリアの元いた世界でもある(厳密には『ボルテスV』は同世界の更に過去から来訪した)。このため、原作の「城崎親子以外のマキナ人間でない人間はもう存在しない」という設定が変更され、普通の人間とマキナ人間がおよそ半々であるとされている。

関連人物[編集]

城崎絵美城崎天児加藤久嵩
この世界で残った普通の人間。
菅原マサキ
この世界に存在するマキナ人間。