ガーティ・ルー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガーティ・ルー
外国語表記 Girty Lue
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦Z
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ガーティ・ルー級特殊戦闘艦
全長 380 m
開発 地球連合軍
所属組織 地球連合軍
所属部隊 ファントムペイン
主な搭乗員
【艦長】
イアン・リー
テンプレートを表示

ガーティ・ルーは『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の登場メカ

概要[編集]

地球連合軍が建造した宇宙戦艦。同型艦にナナバルクと特務情報局所属艦(名称は不明)がある。アークエンジェル級と形状が似ている事から、同級の発展型と思われる。

ミラージュコロイドを搭載しており、レーダーに探知される事なく目標へ接近する事ができる。

原作ではファントムペインの宇宙での母艦として運用され、アーモリーワンを襲撃し、ザフトの新型モビルスーツであるカオスガイアアビスを強奪している。その後、本艦を追撃してきたミネルバと交戦し、基地へと帰還した。それ以後は出番はなかったが、レクイエム攻防戦にてロード・ジブリールが乗艦し、ダイダロス基地からの脱出を図ったが、レジェンドに発見されて攻撃され、撃沈した。

ガーティー・ルー」と表記される事もある。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
初登場作品。敵として登場する。ミラージュコロイドは使えないので、撃沈するのにそこまで苦労はしない。なお、ジブリール乗艦時には戦闘台詞にイアンとの掛け合いが追加される。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦L
イベントでジブリールが同型艦に乗る。シンに撃沈され、ジブリールも戦死。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

225cm連装高エネルギー収束火線砲「ゴットフリートMk.71」
本艦の主砲。6基が設置されている。
75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
多銃身の対空機関砲を用いた近接防御火器システム。接近してきたミサイルやMSを迎撃する。
垂直ミサイル発射管
艦の後部に38門が装備されている。劇中ではコリントスを発射していた。

特殊能力[編集]

ミラージュコロイド

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

2L(LL)

関連機体[編集]

ナナバルク
アークエンジェル
コーネリアス級宇宙補給艦

主な艦載機[編集]

カオス
ガイア
アビス
ダガーL
エグザス

余談[編集]

  • 番組初期においてザフト側から「ボギー・ワン」との呼称で呼ばれていたが、これは「得体の知れないもの・幽霊」という意味から転じた、所属不明の航空機等を表す軍事用語から来ている。つまりは「所属不明艦その1」とでもいった意味合いである。