オルガ・サブナック

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
オルガ・サブナック
外国語表記 Orga Sabnak
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 涼平(現・小田井涼平)
デザイン 平井久司
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(ナチュラルブーステッドマン
性別
年齢 19歳
身長 173 cm
体重 65 kg
所属 地球連合軍
軍階級 少尉
趣味 ジュブナイル小説
テンプレートを表示

オルガ・サブナックは『機動戦士ガンダムSEED』の登場人物。

概要[編集 | ソースを編集]

地球連合軍所属のブーステッドマンの一人で、カラミティガンダムに搭乗する。

好戦的なシャニ・アンドラスクロト・ブエルに比べると、強化による精神面の破綻がそれほど進行していない為、ブーステッドマンの中では比較的落ち着いている方で、三人の中ではリーダー格であり、命令に対しても忠実で、無理な突撃はしない。趣味はジュブナイル小説を読む事。

三人は一応チームで行動しているが、お互い戦功を競い合う性格なのか連係プレーなどは見られず、単独で戦闘を行うことが多かった。ただ、残る二人の実力は認めているのか、ヤキン・ドゥーエにおける最終局面でシャニが戦死した時は信じられない様子であった。その後自身もジャスティスガンダムミーティアのサーベルで乗機を両断されて戦死した。今までキラ・ヤマトアスラン・ザラを何度も苦戦させたはずなのだが、その最期はあまりにも呆気なかった。

なお、続編である『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』冒頭の回想シーンにおいて、オーブでのフリーダムとの戦闘の際にこの戦いに巻き込まれてしまった(当時民間人だった)シン・アスカの家族の命を奪ってしまった事が明らかになっている[1]

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

αシリーズ[編集 | ソースを編集]

第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
初参戦作品。担当声優の涼平氏も本作でSRW初参加。
原作通りオーブ解放作戦から登場。特殊技能として生体CPUを持っている為、中々手強い。死に際は原作と同じタイミング。

携帯機シリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦J
ほぼ原作どおりの扱い。
スーパーロボット大戦W
第2部から登場。共通ルートで数回戦う機会があり、その後はルート選択によっては登場しない。
第50話で登場した際に先にドミニオンを撃墜すると、次の第51話で狂った状態で敵増援として現れる(第50話で撃墜した場合は死亡する)。なお、そこでも撃墜しないと、死亡描写も無いまま以降登場しない(おそらく、アスランの放ったジェネシスにより死亡したものと思われる)。

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
W』以来久々の登場。シャニ&クロトと共にアークエンジェル隊に立ちはだかる。
スーパーロボット大戦X-Ω
レアリティSRのサポートユニット。

パイロットステータス[編集 | ソースを編集]

精神コマンド[編集 | ソースを編集]

第3次α
直感不屈加速熱血気迫かく乱

特殊技能(特殊スキル)[編集 | ソースを編集]

第3次α
生体CPUL7、シールド防御L6、闘争心戦意高揚気力+(ダメージ)Eセーブ
J
撃ち落しシールド防御ヒット&アウェイ生体CPU援護攻撃L4
W
撃ち落としシールド防御生体CPUヒット&アウェイ援護攻撃L4、マルチコンボL2

小隊長能力[編集 | ソースを編集]

マップ兵器及び射程1以外の武器の射程+1
第3次α』で採用。

サポートアビリティ[編集 | ソースを編集]

カラミティのパイロット
SR。状態異常の敵に対してダメージ大アップ。

人間関係[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダムSEED[編集 | ソースを編集]

地球連合軍[編集 | ソースを編集]

シャニ・アンドラスクロト・ブエル
仲間。戦闘中に仲間割れする事もあったが、意外と(?)面倒見が良かった。
ムルタ・アズラエル
上司(…と言っても、彼に対して敬意を持って接してはいないのだが)。
ナタル・バジルール
上官。

三隻同盟[編集 | ソースを編集]

キラ・ヤマトアスラン・ザラ
オーブ解放作戦から幾度となく彼らと刃を交えるが、最終決戦において彼らのコンビネーション攻撃の前に敗れ去った。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY[編集 | ソースを編集]

シン・アスカ
作品冒頭の回想シーンにおいて、彼の両親とカラミティフリーダムとの戦闘の巻き添えに遭い、死亡した事が語られる[1]

他作品との人間関係[編集 | ソースを編集]

ヤザン・ゲーブル
第3次α』での上官。反抗的な態度をとりつつも、その実力と為人を認めていた様子も見せる。
ボン太くん
J』では対峙した際に「着ぐるみ」とバッサリと一蹴する(後述)。
モーガン・シュバリエ
W』では一応オルガ達の上司的な立場として共に出撃する。
叢雲劾
『W』では戦うためだけに利用され続けて戦死を遂げたオルガ達に対し、「一歩間違えれば俺も同じだった」とその境遇に同情を抱いていた。

名台詞[編集 | ソースを編集]

「ああ?」
「うっせーよ、お前ら!」
第38話より。オーブ解放作戦にてアズラエルから出撃を命じられた際の記念すべきオルガの初台詞。仲間であるシャニクロトに対しては、いつもこんな調子である。
「へへ…。何遊んでんだよ、お前ら!」
「うっせーよ!」
「うざいんだよ!」
「シャニ! てめえもうぜえっ!」
第39話より。フリーダムジャスティスとの戦闘に乱入し、さらに味方であるシャニやクロトと仲間割れして。
ちなみに、アスランは仲間割れする三人組を見て「こいつら…。味方も平気で!」とコメントしている。『SEED』の戦闘シーンの中で珍しいコミカルな場面である。
「今は退くんだよ! また苦しい思いをしたいのか!!」
第44話より。錯乱するシャニに対し投薬の効果が切れることを危惧し、不服ながらも引き上げるよう促した台詞。この台詞からも、シャニやクロトと比べれば人格は比較的まともな模様。
「しょうがねぇ。殺されるより殺す方がマシってね」
第45話より。アズラエルからシャニやクロトと共に再出撃を命じられた際に。ある意味、戦場に置かれた兵士の心理を物語る台詞であると言える。
「また、コイツらのお守りかよ」
第49話より。アズラエルから「奴等を呼び戻して道を開かせろ」という命令に対する愚痴。要は「ピースメーカー隊の核ミサイル部隊を護衛しろ」という事だが、本人は不満気味。
一番精神的に安定している様な描写が多くても、やはり本質的には戦闘狂である事を窺わせる。
「うわああああっ!」
断末魔。デュエルによってシャニが討たれた後、オルガはカラミティを駆ってフリーダムのビームソードを回避するも、背後からジャスティスのビームソードを受けてしまい、あっけなく討ち取られてしまった。

他媒体[編集 | ソースを編集]

「祭りだ祭りだ!! とっととおっぱじめようぜ!!」
漫画コミックボンボン版『機動戦士ガンダムSEED キラとアスランの激闘』(作画:高山瑞穂氏)より。オルガ初登場時の好戦的な台詞。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集 | ソースを編集]

「けっ! 俺もバカにされたもんだぜ! こんな着ぐるみが相手とはな!」
J』の第47話(宇宙ルート)でボン太くんと対峙した際の台詞。
「お前ら避けな! こいつらだけは許さねえ!」
CC』のCosmic Chronicle 第4章「舞い降りる剣」において自軍部隊と交戦した際に。
一見何でもない普通の台詞に思えるが、元ネタは幼児向け雑誌『たのしい幼稚園』に掲載されていた特撮番組『仮面ライダー龍騎』の記事内での仮面ライダーゾルダの台詞「みんなよけろ。おうじゃ(仮面ライダー王蛇)だけは ゆるせない!」[2]から。
「俺達は戦わなければ生き残れないんだよ!」
『CC』のオーブでの戦闘にて、力の在り方を説くキラアスランに対して。
こちらも元ネタは、特撮番組『仮面ライダー龍騎』のキャッチコピー「戦わなければ生き残れない!」から。

搭乗機体[編集 | ソースを編集]

カラミティガンダム
バスターガンダムを発展させた長距離砲撃戦に特化したガンダム。なお、ファンからはガンダムゾルダと呼ばれる事も。

余談[編集 | ソースを編集]

  • 名字はソロモン72柱の悪魔「サブナック」に由来する。
  • オルガ・サブナックの声優である涼平(現・小田井涼平)氏の本職は俳優であり、『機動戦士ガンダムSEED』と同年に制作された特撮番組『仮面ライダー龍騎』で北岡秀一/仮面ライダーゾルダ役で出演していた。
    • 仮面ライダーゾルダは「体色は緑色で大量の重火器を装備」した仮面ライダーであり、どこかオルガの乗機・カラミティガンダムを想起させる。ちなみにゾルダの方が登場はカラミティより先である。
  • 後年の作品において「オルガ・イツカ」というキャラクターが登場した影響で、ネット上においてにわかに注目を浴び、同じファーストネームを持つ彼と絡ませられる事が有る。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 1.0 1.1 ちなみに『SEED DESTINY』冒頭の回想シーンは、元々はカラミティ空中にいたフリーダムに向かって射撃し、フリーダム地上にいたカラミティに向かって射撃する状況下で、地上にいたシンの家族が巻き添えに遭った」という内容である。ところが、作品中盤においてフリーダムの映像が削除された結果、「カラミティの対空射撃によって、地上にいたシンの家族が巻き添えに遭った」という不自然さを覚える描写になっている。
  2. 本来は他のライダー達に避ける事を勧めるどころか、ゾルダが「こういう、ゴチャゴチャした戦いは好きじゃない」と他のライダーごと纏めて吹き飛ばそうとしたシーンなのだが、件の記事内においては読者層に合わせてか、悪のライダーである王蛇だけを倒そうとしたという風に台詞が大きく改変されており、その本編との強烈なギャップから特撮ファンの間では度々ネタにされている。

資料リンク[編集 | ソースを編集]