シャニ・アンドラス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャニ・アンドラス
外国語表記 Shani Andras
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 宮本駿一(現・Shunn)
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 パイロット
サポートユニット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(ナチュラルブーステッドマン
性別
年齢 18歳
身長 170 cm
体重 57 kg
所属 地球連合軍
軍階級 少尉
趣味 音楽を聴くこと(デスメタル系統)
テンプレートを表示

シャニ・アンドラスは『機動戦士ガンダムSEED』の登場人物。

概要[編集]

地球連合軍所属のブーステッドマンの一人。オルガ・サブナッククロト・ブエルとチームを組んで、フォビドゥンガンダムに搭乗。

片目が髪の毛に隠れていて見えないが、オッドアイの持ち主でもある。

趣味の音楽鑑賞の際には周囲に駄々漏れするほどの音量で聞き、その時はアイマスクを使用することが多い。これは、視覚も聴覚も外界から遮断するためである。

三人の中でも精神がかなり破綻しており激情しやすく、一度戦闘に入ると融通が利かないところがある。そのため、薬の持続時間を無視してジャスティスガンダムと感情剥き出しで戦う面が見られた。

ヤキン・ドゥーエ戦役の最終局面でも活躍し、カガリ・ユラ・アスハストライクルージュに攻撃を仕掛けた際にイザーク・ジュールデュエルガンダムと交戦する。デュエルが接近してくる際にフレスベルグを放ち、デュエルに直撃したかに見えたが、直前にアサルトシュラウドからパージしていたデュエルに接近を許し、コックピットごとビームサーベルに焼かれ壮絶な最期を遂げた。3人の中で最初の戦死者となった。

姓名の由来である「アンドラス」は他の二人と共にソロモン72柱の1柱でもありグリモアなどの魔術書に登場する悪魔「アンドラス」で、憎悪や敵意、殺戮を煽る非常に破壊的かつ凶暴な性格の持ち主とされている。

登場作品と役柄[編集]

原作ではイザークに倒されたが、スパロボでは今のところ、イザークがスポット参戦する『第3次α』以外では原作通りのシチュエーションで倒すことができない。なぜならば、『J』ではイザークは敵NPC(連合優先のため不可能と言う訳ではないが…)であり、『W』ではシャニがドミニオンと共にヤキン・ドゥーエ到着前に戦死するためである。

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
初登場作品。命中率・回避率共に高く、乗機のフォビドゥンの防御能力も合わせて強敵。精神コマンド直撃は欠かせない。
なお、ガンダムデスサイズヘルと戦わせると特殊戦闘台詞がある。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
ほぼ原作どおりの扱い。
スーパーロボット大戦W
第2部から登場。共通ルートで数回戦う機会があり、その後はルート選択によっては登場しない。
第50話で敵として登場した際に先にドミニオンを撃墜すると、次の第51話で狂った状態で敵増援として登場する(第50話で撃墜した場合は死亡する)。そこでも放置すると、死亡描写もないまま以降登場しない。おそらく、アスランの放ったジェネシスに巻き込まれたものと思われる。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
レアリティSRのサポートユニット。

パイロットステータス[編集]

第3次α
集中ひらめき加速熱血鉄壁脱力

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第3次α
生体CPUL7、シールド防御L6、闘争心戦意高揚気力+(ダメージ)切り払いL8
J
斬り払い撃ち落しシールド防御生体CPU援護攻撃L4、コンボL3
W
斬り払い撃ち落としシールド防御生体CPUカウンター援護攻撃L4、マルチコンボL2

小隊長能力(隊長効果)[編集]

命中率+10%、クリティカル率+10%
第3次α』で採用。

人間関係[編集]

ムルタ・アズラエル
上司。
ナタル・バジルール
上官。
オルガ・サブナッククロト・ブエル
仲間。薬が切れた際には、彼等から諌められる事もある。
アスラン・ザラ
「まだいたんだ、変なモビルスーツ」のパイロットであり、彼と交戦することのほうが多かった。
イザーク・ジュール
最期は彼に討ち取られた。

他作品との人間関係[編集]

ヤザン・ゲーブル
第3次α』での上官。
デュオ・マックスウェル
『第3次α』では共に鎌を得物とするガンダムパイロット同士であり、彼に対抗意識を燃やす。一方、『W』でも交戦する機会はあるが、特に何も絡まない。

名台詞[編集]

「うざい」
口癖。戦闘中など、事ある毎に気怠そうに呟く。
「え?」
「他はいくらやってもいいんだろ?」
第38話より。記念すべきシャニの初台詞。オーブ解放作戦にてアズラエルの「マスドライバーモルゲンレーテの工場は壊してはいけません」という命令に対する返答。
戦闘狂であるブーステッドマン達を象徴する台詞であり、クロトもまたシャニの意見に同調していた。
「邪魔はてめえだよ」
フリーダムガンダムとの戦闘中にクロトから「邪魔すんな、シャニ!」と注意されたことに対する返答。
このようにブーステッドマン達が戦闘中に仲間割れすることはしばしばである…が、そのコミカルな場面がかえって視聴者の心をつかんだ。
「へぇ、まだいたんだ。…変なモビルスーツ」
第39話よりアスラン搭乗のジャスティスガンダムと対峙した際に呟いた台詞。「変なモビルスーツ」はお互い様だと思うが…。
「でも! だってあいつ…!」
第44話より。撤退命令を無視してジャスティスに攻撃を仕掛けるのを、オルガクロトに諌められた時の台詞。
だだをこねる幼子のようであり、シャニの精神崩壊の進行度を思わせるシーンである。
「駄目だよ、あれは…綺麗なんだぜ」
第47話より。核ミサイルを迎撃しようとするザフトに対しての発言。幼い子供のような無邪気な残酷を感じさせるシャニならではの核ミサイル評価である。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「お前の鎌、叩き折ってやる…!」
「鎌を使うのは俺だけでいいんだよ!」
第3次α』におけるガンダムデスサイズヘルとの特殊戦闘台詞

搭乗機体[編集]

フォビドゥンガンダム

資料リンク[編集]