2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ブレンパワード (TV)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

概要[編集]

原作は『ガンダムシリーズ』でお馴染みの富野監督作品。永野護の有機的なメカデザインを筆頭にあたたかく、且つ生物的な作風が特徴。これまで予定変更が重なり迷走しはじめると断片的に出てきていた精神的なテーマが初めから主眼に置かれ、丁寧に描かれた富野氏の監督作では稀有な作品。一方で演出的に説明を極力避け、展開や会話の流れもめまぐるしいという氏に時々見られる傾向も顕著な作品でもある。

新世紀エヴァンゲリオン』に影響されて制作されたとの話もあるが、監督が本作において設定していた仮想敵作品は『もののけ姫』であるらしい。キャッチコピーが「頼まれなくたって生きてやる」であることからもその意気込みが伺える(『もののけ姫』のキャッチコピーは「生きろ。」)。

なお、OP映像は作品の数多くの女性キャラクター達の全裸姿が延々と流れるという、ある意味で衝撃的なものであり、本作が海外で放送された際にOPが差し替えられた・モザイクまみれになったという都市伝説すらも存在している。

ストーリー[編集]

自然災害で荒廃した近未来の地球。 この時代、謎の海底遺跡オルファンから定期的に生み出される「プレート」が人々の恐怖の一つになっていた。プレートはランダムに地上のどこかに落下し、それは周囲のさまざまなものを吸収してしまうのだ。

しかし、偶然にそのプレート災害に遭遇した少女宇都宮比瑪はそこに取り込まれることなく、代わりにプレートから生み出された謎の生体ロボット・ブレンパワードの適任者になってしまう。そこに現れたのは、プレートの回収を続ける謎の秘密結社リクレイマーの機体・グランチャーだ。ブレンパワードという存在を危険視する彼らは、比瑪を救うためにそれを抹消しようとする。しかし、比瑪はなんと逆に生まれたばかりのブレンを守るために、それに乗り込んでグランチャーと戦い、撃退する。

それから一年後。あのときにグランチャーに載っていたパイロット・伊佐未勇はオルファンから脱走していた。リクレイマーの裏切り者としてかつての仲間から追われる勇。そんな彼のピンチを救ったのは、一年前に出合った少女とブレンパワードであった。

そう、比瑪はブレンパワードの適任者としてノヴィス・ノアのメンバーになっていたのだ。ノヴィス・ノアの目的は、オルファン浮上を目論むリクレイマーの活動を阻止すること。勇もそこに加わり、かつての古巣であったリクレイマーと対峙することになる。

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

ノヴィス・ノア[編集]

伊佐未勇
宇都宮比瑪
ラッセ・ルンベルク
ナンガ・シルバレー
カナン・ギモス
ヒギンズ・サス
カント・ケストナー
ナッキィ・ガイズ
コモド・マハマ
アイリーン・キャリアー
アノーア・マコーミック
ウィンストン・ゲイブリッジ
アカリ
ユキオ
クマゾー
伊佐未直子

リクレイマー[編集]

バロン・マクシミリアン
ジョナサン・グレーン
クインシィ・イッサー伊佐未依衣子
シラー・グラス
エッガ・ブランカン
伊佐未研作
伊佐未翠
リクレイマー (一般兵)

その他[編集]

ネリー・キム
少女オルファン

この他、一部ブレンパワードもキャラクター登録される。ブレンについてはメカの項を参照。

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

ブレンパワード[編集]

ユウ・ブレン
勇のブレン。ネリー・ブレンに取り込まれる。
ネリー・ブレン
ネリーのブレンだったが、彼女死後、勇と共に戦う。
ヒメ・ブレン
ラッセ・ブレンラッセ・ブレン(二代目)
ナンガ・ブレン
ブレンチャイルド (ヒギンズ用)ブレンチャイルド (カナン用)
双子のブレンチャイルド
ナッキィ・ブレン
カント・ブレン

リクレイマーアンチボディ[編集]

グランチャー[編集]

グランチャー
リクレイマーが乗る一般的なカラーリングのタイプ。
エッガ・グランチャー
カナン・グランチャー
シラー・グランチャー
ジョナサン・グランチャー
後に義手を装着する。
クインシィ・グランチャー
後に義足を装着する。
ナッキィ・グランチャー
ナッキィの初期の愛機。オルファンに呼ばれなかったことを恨み、グランチャーでは唯一オルファンに敵対した。現在ではイベントのみでユニットとしての登場はしていない。

バロンズゥ[編集]

バロンズゥ
ハイパーバロンズゥ
ジョナサンのバロンズゥバロンの力で巨大化した姿。その力は凄まじく、Jではマサト曰く「ゼオライマーに匹敵するエネルギー量」を持っていると言わしめるほど。
クインシィ・バロンズゥイイコ・バロンズゥ

その他のメカ[編集]

ノヴィス・ノア
イランド
核ミサイル

用語[編集]

オルファン
アンチボディ
ブレンパワード
グランチャー
バロンズゥ
プレート
チャクラシールド
バイタルジャンプ
抗体反応

楽曲[編集]

オープニングテーマ
「IN MY DREAM」
作詞・作曲:真行寺恵里 / 編曲:伊藤真太郎 / 歌:真行寺恵里
煽情的な歌詞もさることながら、「(本作のロボットは申し訳程度に登場する一方で)本作の女性キャラクターの全裸姿が延々と流れる」という衝撃的な内容のOP映像が、特に有名である。
真行寺恵里氏の歌手デビュー曲である。『第2次α』『J』で採用。
エンディングテーマ
「愛の輪郭(フィールド)」
作詞:井荻麟 / 作曲・編曲:菅野よう子 / 歌:KOKIA
子守唄風の歌詞もさることながら、「写真家・荒木経惟氏が撮影した(艶めかしい)花のスチール写真が延々と流れる」ED映像は、ある意味でOP映像よりも気まずい思いをする内容であろう。
アニメソングのカバーアルバム集『百歌声爛 女性声優編II』において、カナン・ギモス役の声優である朴璐美氏が本曲の一部を歌っている。
劇中BGM
「Ground Zero」
『第2次α』『J』で採用。
原曲は1ループが途轍もなく長いのだが、『第2次α』では最も盛り上がる後半部分をループしている。一方、『J』では最も盛り上がる部分を全カットして、前半部分をループしている。
「Ephemera」
『第2次α』で採用。

登場作と扱われ方[編集]

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
初参戦作品。ストーリーの中心でもある。ストーリーの重要地点でもあるオルファンが色々と苦労している(核ミサイルを撃たれそうになったり、ネオ・ジオン木星帝国を相手にした最終決戦の地になったり)。原作でのキスシーンも一枚絵で見れる。
エースを張るにはやや控えめな性能のものが多いように一見思えるが、小隊員としては理想形といっても過言ではない特徴を備えているユニットであり、本作の肝である小隊システムによってユニットの役割により多様性が生まれた事を表現するための存在とも言える。
第3次スーパーロボット大戦α』では未参戦だが、霊帝ルアフとの決戦でオルファンについて「生体宇宙船」という遠まわしな表現で言及されている。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
第2次α』に比べ、若干原作再現が濃くなった。
勇&比瑪以外が地味な性能だった『第2次α』の反動か、なんと味方の参戦キャラの全員が必ず誰かとチャクラ・エクステンションを撃てるようになっており、火力の低さを補えるようになった。また、組み合わせもかなり多く、勇はなんと比瑪は勿論今回味方になるクインシィ、ジョナサンとも撃てる。

単独作品[編集]

スパロボ学園
ネリー・ブレン(勇)とヒメ・ブレンが参戦。海への地形適正が高い数少ない機体となっている。
J』ではしっかり原作再現されていた独特なSEが容量の問題かSEED系のビームライフルの発射音などに差し替えられており、演出面では不遇。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 登場メカ 備考 再現スパロボ
第1話 深海を発して 第2次α
第2話 運命の再会
第3話 勇の戦い
第4話 故郷の炎
第5話 敵か味方か
第6話 ダブル・リバイバル
第7話 拒否反応
第8話 寄港地で
第9話 ジョナサンの刃
第10話 プレートの誘惑
第11話 姉と弟
第12話 単独行
第13話 堂々たる浮上
第14話 魂は孤独?
第15話 一点突破
第16話 招かれざる客
第17話 カーテンの向こうで
第18話 愛の淵
第19話 動く山脈
第20話 ガバナーの野望
第21話 幻視錯綜
第22話 乾坤一擲
第23話 スイート・メモリーズ
第24話 記憶のいたずら
第25話 オルファンのためらい
第26話 飛翔

主要スタッフ[編集]

制作
サンライズ(第1スタジオ)
監督
富野由悠季
メーンデザイン
いのまたむつみ(キャラクター)、永野護(アンチボディ、一部キャラクター)
音楽
菅野よう子

商品情報[編集]

DVDBOX[編集]

DVD[編集]

サウンドトラック[編集]

リンク[編集]