アッガイ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
アッガイ
外国語表記 Acguy
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦XO
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 水陸両用モビルスーツ
生産形態 量産機
型式番号 MSM-04
頭頂高 19.2 m
本体重量 37.9 t
全備重量 97.2 t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,870 kw
スラスター推力 109,600 kg
装甲材質 超硬スチール合金
開発 ジオニック社
所属 ジオン公国軍
テンプレートを表示

アッガイは『ガンダムシリーズ』の登場メカ

概要[編集]

ジオニック社が開発したジオン公国軍の量産型モビルスーツ

ゴッグズゴックよりも低コストの水陸両用モビルスーツとして開発されており、ジェネレーターはザクIIの物を流用しており、改良を施して2基搭載している。

ステルス性が高く、主に偵察任務などで運用される事が多い。また、コクピットは複座式で、水陸両用モビルスーツの訓練用としても使用されている。

両腕の兵装は場面によってコロコロ変わっていたが、後に『腕部を換装する事で様々な状況に対応可能』と設定された。

劇中ではシャア・アズナブル率いる特殊部隊で運用され、ジャブローにあるジムの開発工場を破壊するために工作員を送り込んでいる。しかし、工場の破壊に失敗し、撤収しようとしていたところをアムロ・レイガンダムによって追撃され、全機が撃破された。

宇宙世紀0088年時にはスタンパ・ハロイのコレクションの中に本機の姿があり、それにハマーン・カーンが乗り込んでジュドー・アーシタのズゴックと交戦している。

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦XO
GC』に無かった追加機体。もちろん捕獲して運用することも可能。基礎能力は低く、宇宙適性どころか陸適性まで低いので、運用するならばパーツによる補強は必須。

関連作品[編集]

バトルコマンダー 八武衆、修羅の兵法
機動族の兵士の1人として登場。武衆はマリナー。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

本体装備[編集]

105mmバルカン砲
頭部に4門内蔵。唯一換装とは無関係な兵装。

選択装備[編集]

アイアンネイル
近接戦用の武装。通常は右腕に装備されている。両腕に装備された機体も存在する。
6連装ロケットランチャー
通常は左腕に内蔵。右腕にも装備する場合、中央の内蔵砲はそのまま。
機関砲
通常は右腕の中央に内蔵されている実弾兵器。
メガ粒子砲
右腕の中央に内蔵。機関砲を換装する事で装備可能。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

対決・名場面[編集]

愛らしい外見に似合わず、劇中では意外な健闘を見せている。

ジャブロー潜入
岩場の間に体育座りで隠れ潜む。上を通ったカツ、レツ、キッカの三人はMSの頭部だと気付かなかった。
陸戦型ガンダム
カレン・ジョシュワ陸戦型ガンダム頭部をふっとばす活躍を見せた。
ガンダム
『冒険王』で連載された漫画版では、シャア・アズナブルが乗った機体がガンダムを追いつめるが、ウッディ大尉の介入によって邪魔された。
ズゴック
『ΖΖ』第40話にて、ハマーン・カーンがアッガイに搭乗し、ジュドー・アーシタが乗るズゴック相手に戦う。
ちなみにハマーンはニュータイプおよびエースパイロットだけあって、アッガイを使いこなしていた。

関連機体[編集]

ゴッグズゴック
同じく水陸両用のモビルスーツ。
アッグ、アッグガイジュアッグ
本機をベースとして開発されている。
ザクII
この機体のジェネレーターを2基搭載している。

玩具作品での関連機[編集]

ベアッガイIII
コウサカ・チナがアッガイをベースに改造したガンプラ。

余談[編集]

  • 外観が愛らしいと評判で、ギャグ漫画『機動戦士ガンダムさん』などの作者である大和田英樹氏からは特に愛されている。漫画『機動戦士ガンダム アッガイ北米横断2250マイル』『アッガイ博士』(SRW未参戦)では、主役メカに抜擢された。
    • さらにガンプラを扱ったアニメ『模型戦士ガンプラビルダーズ』(SRW未参戦)ではアッガイのプラモを熊のぬいぐるみのような外観に(魔)改造した「ベアッガイ」という機体(ガンプラ)が登場、現実にガンプラ化もされた。以降のシリーズでベアッガイそのものが一つのジャンルと化し、(改造機ではあるが)アッガイのマスコットポジションを不動のものとした。
  • ことぶきつかさ作の漫画『いけいけ!ぼくらのVガンダム』によると『機動武闘伝Gガンダム』の世界にはアッガイファイトなるものが存在するとかしないとか。
  • 上記のようにマスコット的な扱いを受けるケースも多いが、実はガンダムよりデカいという事は余り知られていない(構造としてはザクのフレームの上に外殻を被せる形になっている)。一部ゲーム等ではこの「体格差」が再現される場合もある。
    • 漫画『機動戦士ガンダム サンダーボルト』(SRW未参戦)では、潜入任務用の機体であることを意識して全高12mと、本来の設定よりもかなり小さくなっている。
  • 雑誌『冒険王』に連載された漫画版ではシャア自身も本機に乗っている。外見は一般機と同一で、赤くなければ角も付いていないが、ガンダムの攻撃を全て回避していた。

商品情報[編集]

  • プラモデル

  • フィギュア等

資料リンク[編集]