陸戦型ガンダム (ジムヘッド)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
陸戦型ガンダム
(ジムヘッド)
外国語表記 Gundam Ground Type GM Head
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦GC
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 陸戦用モビルスーツ
生産形態 改修機
動力 核融合炉
ジェネレーター出力 1,350 kW
スラスター総推力 52,000 kg
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
原型機 陸戦型ガンダム
改修 コジマ大隊
所属組織 地球連邦軍
所属部隊

コジマ大隊

乗員人数 1名
パイロット カレン・ジョシュワ
テンプレートを表示

陸戦型ガンダム (ジムヘッド)は『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』の登場メカ

概要[編集]

カレン・ジョシュワの搭乗する陸戦型ガンダムの現地修理機。

アッガイに破壊された頭部を陸戦型ジムのものを取り付けて修復しており、それ以外は通常の陸戦型ガンダムと変わりない。ノリス・パッカードグフカスタムなどと交戦している。

現地調達による修理そのものは珍しくなかったが、流石に胴体はガンダム、頭部はジムというのは中々無かったらしく、味方からは「ジム頭」のあだ名で呼ばれていた。ただ、カレンはそう呼ばれるのを嫌がっていたが。

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GC
「陸戦型ガンダム」表記。第8話でガルマ・ザビガウ特攻を敢行し、その影響で頭がおしゃかになるので同マップクリア後にカレンの陸戦型ガンダムがこれに変化し、HEADの部位HPが100下がる。
SRWでは本機を修理しても元のガンダムヘッドに戻ることがないので実は予備があるのでは?と冗談交じりに言われており、このネタは4コマでも使われた。
スーパーロボット大戦XO
機体の表記に「(ジムヘッド)」が加えられる他は『GC』と同様。
スーパーロボット大戦Operation Extend
第1話サブミッション「アレックス打ち上げ」において、戦闘前のイベントでサイクロプス隊の攻撃によって頭部を破壊され、カレンの陸戦型ガンダムを操作可能になるのはこのジム頭になってからとなる。短縮表記は「陸戦型ガンダム/G」、登録正式名は「陸戦型ガンダム/ジム頭」。
100mmマシンガン、180mmキャノンを携行している。180mmキャノンには貫通の武器特殊能力が付いており、カレンがサポート特殊スキルを持つので、援護攻撃によるダメージはガンダムEz-8を大きく上回る。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

陸戦型ガンダムと変更無し。

本体装備[編集]

バルカン砲
左胸部に1門内蔵。装弾数は増加しているが、位置の関係で使いづらくなっている。
マルチランチャー
左胸部に1門内蔵した多目的発射装置。ネット弾や閃光弾を発射可能。
シールド
小型の物を装備しており、取り回しが良い。先端部は打突武器としても使用可能で、実に地面に刺さりやすい構造である。腕部に装着され、通常は左腕に1枚装備。
ビームサーベル
脚部に2本が格納されている。立ったままでは手が届かない為、取り出す際は脚を曲げる必要がある。ここら辺が『余り物の寄せ集め』である設定を分かりやすく表現している。
ただし、脚部内蔵式のため戦闘中でも脚部を破壊されない限り破損しにくく、また格納位置が低いため地上での整備がしやすいという長所もある。

選択装備[編集]

100mmマシンガン
本機の主兵装である機関銃。予備のマガジンは横腰部に装着されている。
180mmキャノン
長距離支援用の武装。分解してウェポンラックに収納可能。
ビームライフル
少数が生産されている。
SRWではEz-8のみ装備している。
ロケットランチャー
砲身が短い。「バズーカ」と表記される事も。
ミサイルランチャー
6発のミサイルを発射する。誘導性能が高い。
ネットガン
弾頭からネットを展開し、敵機を拘束する。
ウェポン・コンテナ
180mmキャノンやロケットランチャー、ミサイルランチャーなどを収納するコンテナ。バックパックに装備。
パラシュートパック
空挺用の装備。OPと本編でデザインが異なる。バックパックに装備。

合体攻撃[編集]

08小隊
ガンダムEz-8陸戦型ガンダムとの合体攻撃。Ez-8がビームライフル、カレン機がマシンガン、サンダース機がバズーカの一斉射撃の後、止めにEz-8が180mmキャノンを撃つ。
パイロットは『GC』ではシロー(Ez-8)・サンダース(陸戦)・カレン(ジムヘッド)限定で、『XO』ではサンダースかカレンの代わりにミケルでも可能。

特殊能力[編集]

盾装備
シールド防御を発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「嵐の中で輝いて」

関連機体[編集]

陸戦型ジム
頭部はこの機体の物。
ブルーディスティニー1号機
セガサターン用ゲーム『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』(未参戦)に登場した機体。本機と同じく陸戦型ガンダムの胴体・四肢に陸戦型ジムの頭部の組み合わせ。しかしブルーディスティニー1号機は違った経緯がある(ジムヘッドは陸戦型ガンダムの本体に陸戦型ジムの頭部が応急的な後付けだが、BD1号機は陸戦型ジムの頭部が最初に用意されて陸戦型ガンダムの本体が頭部に搭載されたEXAMシステムに機体性能を追いつかせるための後付け)。登場はジム頭が先。
なお、『BX』においてはフリットが本機の暴走事故に居合わせていた事を示唆する発言をしている。

商品情報[編集]