アカツキ (オオワシ装備)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
アカツキ
(オオワシ装備)
外国語表記 Oowashi Akatsuki
登場作品 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
初登場SRW スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 ORB-01
全高 18.74 m
重量 69.6 t
装備重量 87.82 t
装甲材質 対ビーム防御・反射システム「ヤタノカガミ」
開発 モルゲンレーテ社
所属 オーブ軍
パイロット カガリ・ユラ・アスハ
テンプレートを表示

アカツキ (オオワシ装備)は『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の登場メカ

概要[編集]

オーブ連合首長国代表首長のウズミ・ナラ・アスハ監督の元で開発された試作型モビルスーツ

設計自体はオーブ製モビルスーツ開発時点で考案されていた。基本設計はストライクと似通っているが、秘匿されつつも両者の開発は同時進行だったらしい。しかし、本機の開発、製造は技術的問題により難航。特に、兵装関係は機体の1~2年後に完成している。C.E.71年にアークエンジェルがオーブに来航したときには機体は既に完成していたが、OSや兵装関係が未完成だったこともあり、実戦投入は不可能だった。そのため、カガリはストライクルージュで実戦に参加することとなった。その後、完成した機体はウズミの意向により、オーブの意思を具現化した機体として厳重に秘匿され、カガリ・ユラ・アスハ専用機として極秘裏に調整が進められた。

本機の特徴は対ビーム防御・反射システム「ヤタノカガミ」で、これは敵機からのビーム攻撃を受け止め、さらには反射して撃破することが可能な金色の装甲である。その防御力は高く、戦艦の陽電子砲すら防ぎきることができる。ただし、そのコストはM1アストレイを20機以上生産できるほど。また、機体性能もフリーダムやジャスティスと同等以上と思われ、開発時期を考えれば脅威的ではあるが、パイロットを選ぶことには違いない。

本形態は空中用バックパック「オオワシ」を装備した形態であり、亜音速まで加速可能なほどの高い機動力を誇る。さらに、オオワシは遠隔操作を行うことで無人の支援戦闘機としても運用可能である。高エネルギービーム砲を装備しているため、火力も高い。

宇宙戦用装備は「アカツキ (シラヌイ装備)」を参照。

アニメの初起動シーンでは起動画面に「G.U.N.D.A.M.(General Unilateral Neuro-Link Dispersive Autonomic Maneuver Synthesis System)」のOSが確認できるので、C.E.世界ではれっきとした「ガンダムタイプMSである。…誰もそう呼ばないが。ガンプラなどでは商標の関係とガンダムヘッドなのも幸いして、フルネームは「アカツキガンダム」になっている。

劇中での様相[編集]

ザフト侵攻の際にカガリがウズミからの遺言を受け取って乗り込んだ。その後、カガリがオーブ代表として地上に残ることとなったため、この機体はネオ・ロアノークが譲り受けている。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
終盤、正式参戦する。地形適応Sは魅力的だが、バリア全体攻撃を持っていないこともあり、シラヌイ装備と比べると見劣りしてしまう。但し最大火力はこちらが上。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
第31話「切り拓かれる運命」で名前だけ登場。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
地上ステージに出撃すると自動的にこの形態に換装される。空中適正はSで優秀だがシラヌイ仕様と比べると射程MAP兵器関係、火力の面で劣る。
なお、マークニヒトのホーミングレーザーを安全に空撃ちさせる事が出来る機体でもある。
スーパーロボット大戦L
Kと同仕様だが、アカツキが出撃可能な地上マップは1つ(初登場時を含めても2つ)しかないためほぼ出番はない。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
SSRシューターで実装。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

M2M5D 12.5mm自動近接防御火器
頭部に装備された2門のバルカン砲。スパロボでは特殊効果あり。
73F式改高エネルギービーム砲
オオワシに装備されたビーム砲。左右から腰へと取り回して発射する。砲身にも「ヤタノカガミ」が施されている。
73J2式試製双刀型ビームサーベル
2本を連結した状態で左腰に装備。このまま、ビームを出力して使う他、分離して二刀流で使うことも出来る。
72D5式ビームライフル「ヒャクライ」
右腰にマウントしているビームライフル。ストライクのものを改良したもので、改良前より速射性が高い。ビームサーベルを取り付けて銃剣として使うこともできるが、原作では使われなかった。
試製71式防盾
表面にミラーコーティングが施された実体盾で、その対ビーム防御力は陽電子砲すら防ぐほど。中央部は実体弾の防御用となっており、コーティングが施されていない。下部が鋭利に尖っており、武器としても使える。

特筆機能[編集]

対ビーム防御・反射システム「ヤタノカガミ」
本体およびバックパックに施された金色の特殊装甲。ビーム攻撃に対しては無敵といえる防御力を持つ。装甲自体がビームを反射するシステムになっていて、反射したビームはセンサーで補足した敵機に自動的に向けられる。ただし、生産コストが高いので量産には向かない。また、ビームサーベルのような形状化したビーム兵器や実弾には対抗できない。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動する。
ヤタノカガミ
ビームを無効化する特殊装甲。流石に原作のように反射させたビームで攻撃…ということは出来ない。
換装
シラヌイ装備に換装可能。Kでは強制的に換装される。装備なしのアカツキは使用不可能である。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

機体ボーナス[編集]

無改造:装甲値+100 地形適応:空A 特殊効果無効
ハーフ改造:装甲値+150 地形適応:空S 特殊効果無効
フル改造:装甲値+200 地形適応:空S 特殊効果無効
Lでのボーナス。

機体BGM[編集]

「meteor -ミーティア-」

対決・名場面[編集]

黄金の意志
祖国オーブがザフトによって焼かれるのを黙って見過ごせないカガリ。その気持ちを察したエリカとキサカから、ウズミの遺言と共に渡された。カガリは「お父様」と泣き叫びながら感謝した。

関連機体[編集]

アカツキ (シラヌイ装備)
ストライク

商品情報[編集]

余談[編集]

資料リンク[編集]