ミゲル・アイマン

目次

概要編集

クルーゼ隊所属に所属するMSパイロット。

ジンに搭乗し、ヘリオポリスでのアスラン・ザラ達のMS奪取を援護したが、キラ・ヤマトの乗るストライクガンダムに撃墜されて死亡した。

MSV等の他メディアにおいては「黄昏の魔弾」の異名を持つエース級のパイロットであり、オレンジ色のカラーリングを持つ専用機ミゲル専用ジンが存在していることが判明、ヘリオポリス襲撃の時に通常のジンだったのは、その前の叢雲劾との戦闘で機体が破損したためだとされる。

家族には母親と弟と思われる人物が写るシーンがある。普段は気さくで面倒見も良いため隊内でも人望がある人格者だが、ナチュラルに関しては平然と見下した発言を行う(当時のプラント・サフトでは特に珍しい思考ではない事を留意する必要はある)。

声優は『ガンダムSEED』のOPを担当した「T.M.Revlution」のボーカルである西川貴教氏。キラの初陣の相手であり、序盤で戦死するものの存在感は大きく、後々に前述の設定が明かされるに至っている。

登場作品と役柄編集

現在のところは音声収録は行われておらず、音声無し作品でのみで登場している。

携帯機シリーズ編集

スーパーロボット大戦J
初登場作品。原作と違ってヘリオポリス襲撃の時に生存し、その後も度々敵として登場するが、中盤で戦死する。乗機は一貫してジンに搭乗。 能力値的には「黄昏の魔弾」に完全に名前負けしている。普通にやれば苦戦するような敵ではない。
スーパーロボット大戦W
ようやく専用ジンに搭乗。仲間にこそならないが終盤でスポット参戦し、前作や原作と違い、死ななくなった。普通にやれば苦戦するような敵ではないのは前作や原作と同じだが。やたらと「黄昏の魔弾」の二つ名を連呼する。

単独作品編集

スーパーロボット大戦Card Chronicle
第1話B「その名はガンダム」のボスとして登場。

パイロットステータス設定の傾向編集

人間関係編集

ラウ・ル・クルーゼ
上官。ちなみにミゲルはクルーゼの素顔が気になっていたらしい(=死亡フラグ)。
アスラン・ザラ
同僚。
イザーク・ジュール
同僚。Wではミゲルがジュール隊に配属されたため上官に。
ディアッカ・エルスマン
同僚。
ニコル・アマルフィ
同僚。
ハイネ・ヴェステンフルス
同じ声の人。彼を尊敬していたらしい。後方不注意なところが似ている。こちらは音声付き作品にも登場しているが、ミゲルと同様に音声収録は行われていない。
シホ・ハーネンフースミハイル・コースト
本編では関わる事は無いが、Wでは同僚。
キラ・ヤマト
彼の初戦の相手となった。

名台詞編集

「生意気なんだよ、ナチュラルがモビルスーツなど!」

資料リンク編集