ミゲル専用ジン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミゲル専用ジン
外国語表記 Miguel's Ginn
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦W
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 個人改造機
型式番号 ZGMF-1017
全高 21.43 m
重量 78.50 t
動力 バッテリー
原型機 ジン
開発 ザフト
所属 ザフト
パイロット ミゲル・アイマン
テンプレートを表示

ミゲル専用ジンは『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』の登場メカ

概要[編集]

ザフトが開発した量産型モビルスーツ

ジンミゲル・アイマン専用にカスタマイズした機体で、カラーリングがオレンジになっている。機体内部のパーツは精度の高い物が使用されており、機体性能が向上している。

劇中での様相[編集]

ザフトの補給基地での戦闘でサーペントテール叢雲劾の乗るジンと交戦し、左腕を損傷。

その後、ミゲルはヘリオポリスでのG兵器強奪作戦に参加する事になるが、本機の修復が間に合わなかった為に通常のジンで出撃している。…以上が、『SEED』本編で通常のジンに搭乗していた経緯である。

なお、2012年にBS11・東京MXで放送されたリマスター版『機動戦士ガンダムSEED』では、何と第1期OPでメビウス・ゼロに撃墜されているジンがミゲル専用機になっている。一応、エースパイロットの専用機なのに…。他にもザフト側キャラクターの紹介カットに、ミゲル専用ジンがさり気無く混じっている(その替わりにアストレイが削除された)。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
第2部序盤から敵機として登場し、シグーゲイツが登場してもミゲルは専用機のジンにずっと乗っている。また、終盤にスポット参戦する。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

M68 パルデュス3連装短距離誘導弾発射筒
D装備に分類される武装。脚部ハードポイントに装着して使う。
MA-M3 重斬刀
高い切断力を誇る実体剣。MAは勿論、MS相手でも有効。横腰部にマウントされる。
MMI-M8A3 76mm重突撃機銃
本機の基本武装で、高い命中精度と連射性能を兼ね備える。後腰部にマウントされる。
精密射撃と連射が可能で、かなり貫通力が高く、ストライクダガーでさえもまともに喰らえば、たちまち蜂の巣になる
M69 バルルス改特火重粒子砲
拠点攻撃用重爆撃装備、通称「D装備」に分類される大型ビーム砲。銃尻のカートリッジからエネルギーを供給する。
大きいので取り回しが悪く、装弾数も少ない為、地球連合軍のMS用ビームライフルに比べると汎用性に欠ける。威力も対ビームシールドで充分に防御できてしまう。しかし、それでも通常施設への攻撃には充分有効。
SRWでは、ラミネート装甲で無傷な事も多々ある。
シールド
ミゲルのパーソナルマークが描かれている。PS2ソフト『機動戦士ガンダムSEED 終わらない明日へ』のOPでのみ登場。

特殊能力[編集]

剣装備、銃装備
切り払い撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

余談[編集]

  • ミゲル専用ジンとカラーリングがほぼ同じであるジン(名称はジン・テストカラー。SRW未登場)が存在している。
    • こちらはガンプラの応募者全員プレゼントで、配色を決定したのはミゲル・アイマン役を担当した声優でもある西川貴教氏。これが、後のミゲル(&同じ声を持つハイネ)専用機の色になった。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]