劾専用ジン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
劾専用ジン
外国語表記 Gai's Ginn
登場作品

ガンダムシリーズ

SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 個人改造機
動力 バッテリー
原型機 ジン
所属 サーペントテール
パイロット 叢雲劾
テンプレートを表示

劾専用ジンは『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』の登場メカ

概要[編集]

ザフト軍が開発したジンを改造したモビルスーツ。劾がザフト軍の補給基地を破壊するミッションを行う際に使用した。

ブルーフレーム入手前の劾は専用のMSを持っておらず、任務に応じて機体を調達していた。本機も補給基地破壊ミッションの為の使い捨ての機体である。

航続距離と機動性を重視した改良が加えられ、スラスターや大型プロペラントタンクが追加され、軽量化も図られているが、防御力は低い。また、基地の攻撃に特化しているため、対MS戦闘もほとんど考慮されていない。

ターゲットである4つの補給基地を破壊するために使われたが、最後の基地にてミゲル専用ジンと交戦。機体は致命的な損傷を負うが、劾は本機を基地にぶつけて破壊し、自らも脱出している。

蛇足だが、小説版SEED ASTRAYでは、本機とは別にもう1タイプの劾専用ジンが登場している(SRW未登場)。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
第2部序盤でスポット参戦し、後半に入手する。また、第1部でもルート次第で一度だけスポット参戦するステージがある。レッドフレームの改造を引き継ぐので、そちらを強化していれば結構使っていけるが、明らかにブルーフレームの方が強いので、大抵は格納庫で埃を被っていると思われる。劾専用機なのが最大のネック。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

MMI-M8A3 76mm重突撃機銃
本機の基本武装で、高い命中精度と連射性能を兼ね備える。精密射撃と連射が可能で、かなり貫通力が高く、ストライクダガーでもまともに喰らえば、たちまち蜂の巣になる。スパロボWでは2つ装備していたが、原作ではそもそも使っていない。
コンバットナイフ「アーマーシュナイダー」
劾が好んで使う武装。対MS戦の際の対応策。ノーマルのジンには無い装備。
M68 キャットゥス500mm無反動砲
大型の目標に対して使用されるバズーカ。弾速が遅い為にMSやMA相手には不向き。基地を破壊する為に装備された。Wでは何故か装備されていない。
発光弾
目眩ましのための装備。ミゲルとの戦闘の際に使用された。

特殊能力[編集]

剣装備、銃装備
切り払い撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「サーペントテール:ミッション開始」