アストレイブルーフレーム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アストレイブルーフレーム
外国語表記 Astray Blue Frame
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 阿久津潤一
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 MBF-P03
全高 17.53 m
重量 49.8 t
装甲材質 発泡金属装甲
開発 モルゲンレーテ社
所属 サーペントテール
パイロット 叢雲劾
テンプレートを表示

アストレイブルーフレームは『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』の登場メカ

概要[編集]

モルゲンレーテ社が開発した試作型モビルスーツ

機体概要[編集]

オーブが連合の試作MS(ストライク等)開発を請け負った陰で、その技術を盗用して開発した自国防衛用MS「アストレイ」のプロトタイプで、全部で5機が存在し、その内の3機がそれぞれ開発用途別にゴールド(特別機)、レッド(ナチュラル仕様OS開発用)、ブルー(各種装備開発用)に分けられている。また、予備パーツの状態でグリーンともう1機が存在する。

共通項として、

  • ビーム兵器ビームライフルビームサーベル)を標準装備。
  • 頭部ユニット及びバックパックに換装機能を付加し、汎用性を追求(ストライクの影響か)。
  • 装甲を必要最小限に抑えた結果、高い運動性を有する(PS装甲の技術が入手できなかった為)。

がある。

「ブルーフレーム」と呼ばれる本機は、汎用機としての各種オプションの試作機として開発されている。オプションの設計データは本機のコンピュータ内にインストールされていた。

コンプリートセンサーなど、コンピュータ内にインストールされていた各種装備案の他、パワーソースであるバッテリーの消耗を押さえつつ、多数との戦闘を行うために、既存の実体弾系の兵装で固めた「フル・ウェポン」など、状況に応じて様々なオプションを持つ。

後に改修され、ブルーフレーム セカンドとなった。

劇中での活躍[編集]

崩壊したヘリオポリス内部でロウ・ギュールが最初に発見した機体であるが、そのときの騒動の結果(最初に操縦したのは発見者であるロウと8)、傭兵部隊「サーペントテール」のリーダーである叢雲劾に譲渡され、以降彼の愛機として使われることになり、左肩にサーペントテールのマークと、その上に劾のパーソナルナンバー「1」が描かれた。

強化装備形態[編集]

アストレイ ブルーフレーム フル・ウェポン
MSの最大の問題であるバッテリー消費を押さえつつ、長時間かつ多数との戦闘を想定し、入手が容易な実体弾系の武装(ジン用の武装を主とする)を収納したコンテナを背部に装備した形態。武装を使い切るとその場で投棄し、デッドウエイトになるのを避けている。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
第2部序盤でスポット参戦。最初はロウが乗り、その後、劾が乗る。フル・ウェポンも登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
頭部に2門内蔵された近接防御火器。連合のGAT-Xシリーズの物と同じ。原作でも使用機会は少ない。
ビームサーベル
バックパックに二本装備。こちらも連合の技術を盗用して造った武装。威力はあるがエネルギー消費が激しい。
ビームライフル
連合の技術を盗用して造った武装。そのため、性能も連合製の物と同じ。
また、アストレイのものは手の平にあるコネクタをグリップの差込口に填めることで、本体から直接エネルギー供給される。同時に機体照合もしており、敵に奪われても使えないようになっている。
コンバットナイフ「アーマーシュナイダー」
劾が好んで使う武装。ケナフ・ルキーニが劾にロウの身の危険を知らせた時に、彼が用意した暗殺者(ルキーニ曰く「嫌がらせ」)の駆るジンを撃破する際に使用した。
対ビームシールド
対ビームコーティング処理が施された実体盾。連合のストライク等の物と色違いの同一の装備。しかし、劾は重量のかさむシールドを好んでおらず、後にセカンドGに改修された際には装備から外されている。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「サーペントテール:ミッション開始」

主な関連機体[編集]

強化型・バリエーション機[編集]

アストレイブルーフレームセカンドL
アストレイブルーフレームセカンドG

関連機[編集]

アストレイレッドフレーム
アストレイゴールドフレーム

商品情報[編集]

資料リンク[編集]