8

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
8
読み ハチ
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 愛河里花子
初登場SRW スーパーロボット大戦W
SRWでの分類 サブパイロット
テンプレートを表示
スペック
分類 人工知能
所属 ジャンク屋組合
テンプレートを表示

8は『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』の登場キャラクター。

概要[編集]

ロウ・ギュールの相棒。

ロウが漂流していた宇宙船から回収した人工知能であり、名前の由来はネームプレートから唯一読み取れた「8」から来ている。スーツケースほどの大きさに収まっている。その素性は判然としていないが、非常に高性能(稀に記憶喪失的な挙動を見せたりする程)にもかかわらず、コズミック・イラの世界における一般的な量子コンピュータではない[1]ようである。8の正体に関する考察は、本頁の余談の欄を参照。

モビルスーツのサポートAIの機能を持ち、簡単なモビルスーツの操縦や操縦のサポートを行える。ナチュラル用OSが確立される前でもロウがレッドフレームを巧みに操縦できていたのは8のサポートの賜物。意思疎通はディスプレイ画面に文字等を表示することで行い、ビープ音を鳴らすことはあっても言葉は発しない[2]。また、AIにもかかわらず技術者としての一面もあり、アウトフレーム用の追加装備多数を開発・設計した。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
初登場作品。ロウの専属サブパイロット。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
2017年7月のイベント「理想の世界」で期間限定参戦。

パイロットステータスの傾向[編集]

精神コマンド[編集]

W
偵察加速必中狙撃直撃脱力
ロウの手の届かない加速必中を修得してくれる。

人間関係[編集]

ロウ・ギュール
相棒。
山吹樹里
ジャンク屋仲間。
リーアム・ガーフィールド
ジャンク屋仲間。
プロフェッサー
ジャンク屋仲間。ホームの主。
ジョージ・グレン(キャプテンG.G.)
伝説のファースト・コーディネイター。紆余曲折あってリ・ホームの艦長となる。
ジェス・リブル
『DESTINY ASTRAY』(SRW未参戦)の主人公火星に行くことをごねたため、紆余曲折の末に彼に託されて一時行動を共にしていた。
ヴァレリオ・ヴァレリ
『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R』(SRW未参戦)に登場するアクタイオン・インダストリー社所属の技術主任。
機動兵器搭載用の人工知能の開発・量産を目論んでおり、その実例である8を狙っている。
後にの入手に成功するが、「ロウの元に返却する事」を条件に機動兵器搭載用の人工知能である「80」を8に開発させることに成功する。

名(迷)台詞[編集]

ビームサーベルを使え!」
ホームを守る為に飛び出したロウに、このアドバイス。
根性
宇宙基地にてと訳合って戦っていたロウ。アストレイレッドフレームのビームライフルは跳ばされ、エネルギーは不足気味でバルカンも弾切れに。そんなの時にロウから「逆転の策は?」と聞かれた8の返答(おまけにメラメラとしたエフェクト入り)である。当然、ロウから「お前は機械か?」と突っ込まれた。
余談だが、『W』におけるロウは、精神コマンドド根性」を持っている。SRW的には間違いない…とは言えないか。
「結論! 新必殺技!」
ガーベラストレートを「対艦刀」と間違えてエネルギーを送った際に偶然できた(ほとんど事故で下手すれば機体が爆発していた)「光雷球」を解析していたが、上記の一言で片付けた

搭乗機体[編集]

アストレイレッドフレーム
アストレイレッドフレームF
アストレイレッドフレームP
アストレイレッドフレーム・パワードレッド

余談[編集]

脚注[編集]

  1. 実際、劇中において量子コンピュータ用ウイルスの影響を全く受けていない。
  2. ただし、店頭プロモーション用アニメでは、展開上の都合から台詞を発している。